転職

転職活動をしていることをバレないようにするための方法

転職活動をしていると、現職にバレないようにすることが重要である。転職活動をしていることがバレてしまうと、場合によっては、すぐクビにされるといった事例もある(もちろん法に触れることなので従う必要はないが居づらくなるのは当然だろう)。

転職活動は在職中にやるのが基本

転職活動は在職中に次を探すことにしてほしい。転職活動は意外と時間がかかり会社によっては3ヶ月くらいかかることすらある。これは選考プロセスが長いということもあるのだが、転職活動の場合は、面接の日程をあらかじめ決めているわけではないので面接官が忙しかった場合は、日程がなかなか決まらず日程調整だけで一苦労するわけだ。 そのため、万が一の事態を想定すると、転職活動は在職中に行うべきである。

有休消化期間中に転職活動を行うという選択肢もあるが、有給消化期間中は長くても2ヶ月でまた入社時期がうまく調整できるかわからないためオススメしていない。

忙しいからという理由で面接をすることすらできないというのは理解できるが時間を捻出しよう。忙しいと1日20時間程度、週6日働いている状態だと思うのでちょっと休憩ということで2hくらい抜けても周りの人からは何も思われない。

9時出社18時退社、土日休みであれば定時後か、土日に面接を設定しよう。 転職活動をしていると悪い気持ちになって、コソコソしがちだが、みなが転職活動を仕事をしながらしているのであまり深刻に考える必要はない。堂々とふるまっておこう。

転職活動がバレないようにするための方法

一方、転職活動がバレないようにする策はいくらか考えておく必要がある。

服装はできるだけ変化がないようにする

私服勤務のところであると服装の変化は気をつけたほうがいい。私服だった人が急にスーツになるとバレる。私服勤務の会社でスーツを着ている時は転職活動以外はまずない。 そのため、面接を受ける時は勤務が私服の旨を伝えて、私服でも面接に伺って良いか?ということを聞いておこう。

できるだけスーツで面接を受けることが望ましいというのはあるが、現職でバレないことを優先しよう。スーツを持ち歩くというのも現実的ではないので、ロッカーにいれておいて面接をうける企業の最寄駅で着替える等の対策をとろう。

周りの人はあまりあなたのことを気にしていないので些細な変化は気にしないが、会社には人の動きの一挙手一投足をチェックしている事務のおばちゃんがいるのでもしそういうおばちゃんがいたら気をつけよう。

出社時間を早める

転職活動をしていると、途中で抜けたり、早退したりということがある。その際に仕事をサボっているやちゃんとしていないとレッテルを貼られることは後々困ってくるので朝早くきてがんばっているアピールはしておこう。

朝方に切り替えた、仕事が多いからがんばっていますと伝えておくと、転職活動をしているとは思われにくい。

飲み会はできるだけ参加しておく

会社の付き合いが悪いと転職活動をしていると理不尽な疑いを持つ人もいる。もともと付き合いが悪ければ問題ないのだが、転職活動をはじめたことで会社への忠誠がなくなり、急に行事や飲み会に参加しなくなるのは危険だ。

変化を作らないことが大事なのでこれまでの付き合いはできる限り維持しておこう。こういった付き合いを怠らないことは、後々の人間関係にも影響し転職後も仕事をする可能性があるので気をつけておくことをすすめる。

f:id:sportsmania:20170508134759j:plain

必要な作業は土日に集中する

平日は予期せぬ予定が入ることもあるので必要な作業はできるだけ土日に済ませておこう。特に、職務経歴書、履歴書の作成、WEBテストの受験といった事柄は土日に済ませ、現職の仕事も土日にできることがあればやっておこう。

とにかく平日は面接に力を注げる環境をつくっておこう。会社で転職サイトを開いたり、レジュメを机の上に置いていたりすると疑いをかけられたときに証拠として突きつけられては終りだ。

転職エージェントとの面会には気をつける

忙しい人のために転職エージェントは会社の近くの喫茶店に寄ってくれる。だが、最寄駅は意外と会社の人がいることもあるので気をつけよう。

また大きな声で会社の悪口を言っていると、どこかで会社の人間が話を聞いていたなんてことも起こりうるので注意しよう。

日程調整の方法

バレないための方法として大事なのは勤務時間中に面接をしないことだ。勤務時間中は現職の仕事をする義務があるのでそれを放棄することがないよう最大限とりはからってもらおう。 転職エージェントがまさにその役割をになってくれる。

面倒な日程調整を候補者の代わりになっておこなってくれるので便利な存在である。また複数の企業をうける場合も同じエージェントであれば日程調整を一気にしてもらえるので楽になることは言うまでもない。 そのため転職エージェントには会っておいて損はない。

面接を受ける企業に融通を利かせてもらう

中途採用をしている企業は人材難で困っているところが多い。そのため候補者の方には「ぜひ弊社にご入社を!」というスタンスが多いので多少のわがままは聞いてくれる。入社したらあまりわがままを聞いてもらえなくなることは社会人のみなさまはよくわかっているかと思う。

よって面接を受けている段階はお願いをしてできるだけ時間を融通してもらおう。面接する立場になったらわかるが、夜に面接するのは大変なのだが、それでも人が不足している状況が解消されるならば喜んで夜も面接にでてくれる。

また、場合によっては土日の面接対応をしてもらえるところもあるのでお願いをしてみよう。日曜に面接をしている会社はもしかしたらブラック企業かもしれないので注意しておこう。

もしバレてしまったら

他社の面接を受けていることばばれてしまったらどうしようか。実は面接を受けていることがバレることはたまにある。 その時は、転職する意思があることは絶対に明かさないようにしよう。何が何でもしらばくれてほしい。

たまたま友達の会社で会ってみないかと誘われた、ただ他社の話を聞きたかったといったことで突き通してほしい。 転職する意思があるとみなされた地点で現職のポストは今後なくなるだろう。転職する人をいつまでも会社に置いておくほど余裕のある会社は一部であるし、辞めるとわかっている人と一緒に働いていてもつまらないだろう。

そのため、転職する報告は転職活動がすべて終了し次に入社する会社が決まった地点で報告しよう。 バレることだけを最大限に気をつければ後は努力次第でなんとかなる。

転職の報告

転職が決まったら、すぐさま会社に報告しよう。一般的に2ヶ月前に退職報告を上司にするものだが、会社の先輩達が退職時にどのような形で退職連絡したかは事前に調べておこう。3ヶ月前でないといけなかったり、もしくは退職を報告したら翌月に退職しないといけないこともある。

そのため会社のルールにあわせよう。もちろん法的なルールがあるため有給消化や退職連絡はあなたの都合にあわせることができるはずなのであるが、会社側からもいろいろ要求されてめんどくさくなるので事前に調べておくのがよい。 

転職エージェントの活用が鍵

これまで転職活動がバレないようにする方法を述べてきたが、転職活動は、転職エージェントの活用が鍵である。バレないように協力してくれる唯一の存在が転職エージェントだ。そのため転職エージェントには様々相談し、できる限りの努力をしておこう。

転職エージェントに出会うためには、転職サイトに登録しておこう。土日も働く個人系の転職エージェントの方が小回りがきくので、【BIZREACH(ビズリーチ)】リクナビNEXTに登録し転職エージェントからメッセージがくるのを待とう。 【BIZREACH(ビズリーチ)】経由で優秀な転職エージェントに出会ったという例はよく聞くのでオススメしている。 今日は以上だ。

2020年1月の転職トレンド

「転職したい」と思いながら2019年が終わってしまった方も多いのではないか。新年早々だが、新年度に向けて転職したいなら、今すぐ転職活動をスタートさせてほしい。

一年で最も採用活動が活発なのは1月から2月だ。一年で最も入社が多い4月に向けて、2ヶ月前内定が一般的だ。2月中旬に内定獲得し、現職に退職届けを出せば、3月末退社まで少しの余裕を持って新しい職場に備えることができる。

もし管理職やベンチャー幹部のような重要ポジションを狙っているなら、1月中がラストスパートだと心得よう。新年度に向け事業計画を立てたり遂行したりする役職者は、早めに採用する必要があるからだ。

一般社員のポジションも、ライバルが多い期間だと当然厳しい戦いになるし、魅力ある求人には応募が殺到し、応募開始から1週間で終了してしまうこともザラだ。出遅れて後で後悔しないように、1月のうちに必ず転職活動を始めて欲しい。

転職活動といっても、ただネットサーフィンをしているだけではまずい。転職エージェントしか持っていない限定求人は、ネットに情報が載る前にクローズしてしまうことも多い。まずは転職エージェントに登録し、希望にあう求人情報の提供を受けよう。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を直接ヒアリングすることをおすすめする。1月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。