キャリア相談室

【給料が低いと悩んでいるあなたへ】給料を上げるためのテクニックとは

「給料を上げたい」というのは転職をしたい理由のナンバーワンだ。どんなにきれいごとを言おうと金をもらわなければ成り立たない。「金じゃない、やりがいだ!」と言っている社長がいまだに世の中に多いが、大抵そういう企業は社員の気持ちを省みない企業なので気をつけたい。

今回の記事では、給料を上げるための方法を整理した。結論、転職をするのがもっとも効率的に年収アップを実現できるが、いくつか注意点がある。

例えば、採用サイトで額面が高く見える会社に入れば給与がアップするという訳ではない。見た目の給料はアップするように見えるが、実際に内定時に提示される給料が低い場合がある。また、入社後に給与が上がりにくい人事制度になっている場合もある。

このあたりの内情を知るには、転職エージェントに相談するのが一番だ。入社後に給料がどうなるのかをネットで調べることはできないので、プロに相談して情報をもらおう。

ビズリーチには、給与事情に詳しい転職エージェントが多く登録している。必ず活用しよう。

ちなみに、ビズリーチではスカウトを受けることが可能なので、自分の今の給与が適性なのかを判断することが出来るだろう。

加えて、エージェントに登録するのもおすすめだ。転職支援実績で日本一のリクルートエージェントに加えて、コンサルの転職ならアクシスコンサルティング、グローバルな転職ならJACリクルートメントが詳しい。

ビズリーチといずれかの転職エージェントを併用して利用しよう。内情を教えてもらえるだけではなく、給料アップのための交渉術も教えてくれる。

「給料を上げたいから転職したい」は転職理由で最も多い

給料がもっとほしい、だから転職という転職理由は非常に多い。逆にお金が絡まない転職が少ない方だ。日本人は遠慮がちなのでお金が欲しいとはダイレクトにはなかなか言わないのが常である。

おカネのために働くということを主張しづらい環境でありおカネ、おカネ言っていると金の亡者と言われかねない。

しかし、ベンチャー企業で年収300万~400万円で働いていることを考えるとお金のことをもっと言っていいと思う。給料がもっとほしいと思っている人に具体的なアドバイスをしたい。

なお、投資銀行、証券会社、そして戦略コンサル、総合商社、広告代理店で働いている方は本記事は読まないでほしい。すでに給料をもらっているという認識なので、もっと欲しい場合はPEファンドや、MBAを経て外資系企業の日本法人の代表になるなどのキャリアパスを考えていただけるとよいと思う。

ちなみに、そもそも給料がなぜ低いのかを考えた事があるだろうか。理由によっては、業界を変えて転職する事が必須になるので、自分がどれに当てはまるかを考えてほしい。

給料が低い業界で働いている

アニメーターといったクリエーター業界や介護士、飲食業など、業界としてベース給が低い場合、年収アップを望むのは難しい。

もしその業界で年収アップを実現しようと思ったら、業界トップにいくまで有名になるか、あるいは経営者として会社を立ち上げるしかない。企業に属していたい人には少しハードルが高いだろう。

給料が低い会社で働いている

ベンチャー企業はこれに該当するだろう。

ベンチャー企業に安易に転職することは本ブログでは勧めていないことは繰り返しているが、どうしてもやりたいことや、起業したい分野に直結している場合はおススメする。

もちろん、しっかり覚悟ができているなら、ベンチャー企業は働くには良い環境だ。また、女性が家庭を持ってからは、働き方の柔軟性が利くといった利点もあるからよい。

一方で年収が低くても良いと覚悟を決めてベンチャー業界に転職しても、結局あとから後悔して、年収を上げるための転職をする人が多い。

良く言われる話だが、大企業からベンチャー企業に転職するのは簡単だが、その逆は難しい。年収も、年収を下げた転職をするのは当然簡単だが、年収を上げる転職は、年収50万あげるのだって非常に難しいわけだ。よって、年収は安易に下げないようにするのが吉だ。

また、終身雇用を前提として中途採用を行わない、製造業などの業界では、20代の年収がかなり低く抑えられており、40代にならないと年収が上がらないことが多い場合がある。

若いうちからそれなりの給料がもらえない場合は無思考にそれを受け入れず、今の会社にいて、長期的には高年収をもらえるかを考えた方がいい。

もし同じ会社にずっといるつもりである、もしくは今の会社がつぶれても業界下位の会社に転職してそれなりの年収が維持できそうなら心配しなくていいが、キャリアアップを志向している方なら注意したほうがいい。

同期に比して、出世が遅れている

同期よりも出世に出遅れている場合は、あなたがその会社にフィットしていない、もしくは根本的に仕事ができない可能性が高い。

どこの会社でも通用しない人(人と話せない、タイピングができない等)は必ずいるので、自分がお金を稼げる道を早いうちに探しておくことをおススメする。でないと、後で自分のクビを苦しめることになる。

また、出世していなかった人が、他部署や他社に移った後に、恐ろしいほどの活躍をすることは実際にある。すでに出世から遅れている場合は、周りの目を気にせず、異動や転職など主体的にアクションを起こし、自分だけのキャリアを追い求めよう。

もしくは、出世は忘れて自分のやりたいことに打ち込んでいたら成果がでて、後で急激な逆転をする事例も実は多くある。

銀行のような減点方式の人事制度であれば、一度の出世の遅れは命取りになりかねないが、成果主義的な加点方式であれば、幾度かの失敗は許されるどころか、チャレンジしたこと自体を評価されるだろう。

今の会社で働いていると、外の情報が分からないから、どうしても給料がアップする可能性があるのか分からなくなってしまうだろう。そのような時は、転職エージェントに相談するのが一番だ。

ビズリーチには、給与事情に詳しい転職エージェントが多く登録している。必ず活用しよう。

求人サイトを利用することで、効率的に情報を集めることが出来る。

転職支援実績で日本一のリクルートエージェントに加えて、コンサルの転職ならアクシスコンサルティング、グローバルな転職ならJACリクルートメントが詳しい。ビズリーチといずれかの転職エージェントを併用して利用しよう。内情を教えてもらえるだけではなく、給料アップのための交渉術も教えてくれる。

f:id:sportsmania:20170402185218p:plain

給与を上げる方法

具体策として、資格をとってスキルアップをしよう!などというのは辞めておく。スキルアップをすること自体はいいし、実際に給与アップにつながるのだが、具体的に何を勉強したらいいのか難しく、そして、スキルアップするまでに時間がかかるため、結局いい解決策にならないためだ。

「給料が低い会社で働いている」場合

自由度の高いベンチャーや中小企業であれば退職カードを使おう

退職を申し出ることは小さいサイズの企業にはかなり有効だ。大企業や外資系企業であると給与テーブルがしっかり決まっているため、個人の給与交渉はほとんどない(もっとも大企業になると不満が出ないような給与テーブルがコンサルや腕利きの人事によって設計されているため不満が出にくいのはある)

一方、ベンチャー、中小企業は1人を採用することの費用が会社に与えるダメージは大きい。

あなたが年収400万円であっても採用するのに転職エージェントに支払う100万円以上かかることや引き継ぎのためのコスト、また人数が少ない中で採用に労力を割くコストを考えると恐ろしく金と時間がかかり経営にダメージを与えかねない。そのため必死に引き止めを行ってくる。

引き止めの際に、「給料が低いので。。。」と言ったら給料を上げてくれるかもしれない。ベンチャー企業で退職引き止めの常とう手段であり、実際に数十万円、場合によっては100万円以上上がることもある。実際に退職時にそのような引き止めに会っている人を社内で聞いていたらこのカードを切ろう。

しかし、その際に転職の内定を一社はもってほしい。そのため転職活動だけは先に進めるべきである。転職をとるために、すぐに転職をとりやすい企業が得られるのがリクルートエージェントなので、登録して情報を眺めよう。

コンサル、外資系スタートアップへの転職を果たす

コンサルティングは未経験でも採用してくれる。20代だったらアクセンチュアあたりやPwCであれば入りやすい。またIT、インターネットのバックグラウンドであればITコンサル、もしくは業務コンサルの職は比較的得やすい環境だ。またネット系スタートアップで働いている場合は外資系スタートアップ、外資系ネット企業に転職しよう。

Twitter,Facebook,Pinterest,Uber,Dropbox,Evernote,Airbnb等々頭に思い浮かんだ外資系IT企業に応募してみよう。応募していない場合もあるがとにかく検索して探せばよい。もちろんGoogleの可能性もある。スタートアップで300万円から年収が一気に倍以上になって外資系スタートアップに行くパターンも増えつつある。

コンサル転職なら、ビズリーチががぜんおススメだ。

資格取得する

もし、専門職についていて、資格取得する事で年収アップが保証されるのであれば、資格取得をした方が良い。

企業が年収をあげてでも資格取得を促す場合は、その資格を持っているとお客様に信頼されたり、あるいは仕事の幅が広がったりする場合である。要は、企業にわかりやすくメリットがある時だ。

そうした資格を持っていると、企業の中で年収アップが実現できるだけでなく、転職する際にも武器となるので、ぜひ獲得できるように取り組んでほしい。

「同期に比して、出世が遅れている」の場合

残業(代)の多い部署に行く

残業代は割増賃金なので稼げる。役職就くまで残業代がフルに出る会社も多い。日本企業で若いうちから収入が高いと言われる企業は残業代が高いのだ。代表的な広告代理店は残業代の分が基本給より多くなる。よって短期的にお金が欲しい場合は残業代の多い部署に行くだけで稼げる。また一生懸命働くと若い間は評価もされやすいのと、忙しいとお金も稼げるの。あまりお勧めしない方法だが転職をせず直近の昇進が見込めない場合の裏技だ。体力は消耗するぞ。

同業他社への転職

同業他社の中でもあなたを欲しがる人材は多い。というのも業界がそれなりに大きければあなたの経験が生きるポジションは必ず空いており、同業からは採用しづらい職種ばかりなのが現在の労働マーケットである。よって、同業で給与が高いところに自分を売り込もう。ただし、「転職してもいいかな~」くらいの転職スタンスで臨もう。「今の会社が嫌でどうしても転職したいんです!」という人はなかなか採用しづらい現状がある。

ビズリーチでは同業他社の求人で、かつ年収の高い案件を見ることができる。

上司に直接相談する

同期から出遅れている場合、大半は実力不足が原因だ。そのため、年収交渉をするといった馬鹿なことはしないでほしい。

自分の実力がたりていないのに年収アップを要求すると、企業からの印象がさらに悪くなってしまう。

それよりも、上司に直球で自分になにが不足しているのかを聞いた方が良いだろう。もし、その内容に改善余地があり、改善することで評価が変わるのであれば、絶対に努力した方が良い。転職するのも良いが、改善余地があるなら会社に留まる方が効率的だと言える。

給料を上げる最も早い手段は転職

残業時間によって、給料を上げていくという人も多いが、昨今働き方改革によって、残業により給料を上げるという手段は得策ではない。また、自分が社内で評価されていない理由次第では、今の会社にいながら挽回するのは難しい。

そのため、より能力給と成果給を上げられる会社に転職するのが、もっとも効率的だ。実際に転職は給料を上げるためには最も簡単な方法だ。ただし、失敗したら給料が下がるリスクもあるため、戦略的に実行していく必要性がある。以下は給料を上げるための転職を成功させるポイントだ。

  • ①自分の市場価値を正しく把握する
  • ②同業種・同業界でより年収を高いところに転職する
  • ③業績の良い会社に転職する
  • ④自分のキャリアを活かせる業界・企業に転職する
  • ⑤実力主義の会社に転職する
  • ⑥年収カーブに合わせて転職する
  • ⑦転職エージェントに相談する

自分の市場価値を図るためにはまずビズリーチに登録しよう。市場価値を判断する材料になるため、転職を考えていない場合でも登録しておくことで自分の選択肢を作っておくことができる。

また、同業種・同職種内の転職は自分の現状のスキルをそのまま活かせるし、業績によって年収が100万違うケースも多々ある。そのため、しっかり同一業界や同一職種の動きは見ておくと良いだろう。実際に同一業界で転々としている人も多い。

例えば、あなたが大手で広告運用を経験していたとしたら、これから広告運用をインハウス化したいと思っている企業は大歓迎で受け入れてくれる。その場合、年収アップしてでも取ろうとする企業が多かったりするので、同じ職種・業務内容でも全く違う年収になるだろう。

トレードオフの可能性もあるが、実力主義の会社に行くことも年収を上げるにはとても良い方法だ。実力がある人の場合、インセンティブで年収を100-400万ほど上げてしまう人もいるからだ。

年収カーブとは、年収が上がりやすい年齢のポイントのことだ。

A社とB社で最終的に到達する年収とその到達する年数が異なるため、その年収増加のポイントをおさえて働くことで実際の生涯年収は大きく変わるので注意してみたい。

転職して給料が上がる割合

筆者が中途の人材紹介を経験していたころ、約40~45%の人が年収アップに成功していた。言葉悪くいうと、会社を選ばなければ年収アップするのは簡単だ。

なので、年収が下がるかも・・・という心配はしなくて良い。

むしろ、年収が100万前後上がる場合、企業がブラック体質でないかをちゃんと確認してほしい。例えば、正社員1名(月給35万)+派遣1名(月給25万)を雇う場合、派遣さんの業務まで正社員にやらせることで月給40万を提示する企業も多い。

1人あたりの業務量を増やして、年収を微増させるのだ。実際の業務は入ってみないとわからないので、大抵の人が年収につられて騙されてしまう。

年収だけに引っ張られるのではなく、業務内容や勤務時間まで詳しく聞いて、雇用契約を結ぶようにしよう。

給料を上げるために転職サイトをうまく使おう

給与を上げたければ貪欲にとりにいこう。本記事では、副業等の話はとりあげなかったのでもし何かスキルがあればぜひ副業等で稼ぐのもありだろう。Youtuberではないが好きなことをして稼ぐのことは幸せなのは間違いない。

同時に、リクルートエージェントに登録してキャリアアドバイザーから給料をアップするための具体的なアドバイスをもらうべきだ。

あるいは、求人サイトのビズリーチ>に登録するのも良いだろう。さまざま使い分けてほしい。ビズリーチは間違いなく年収と言う観点ではナンバーワンの転職サイトである。企業から年収情報を含めてスカウトが送られてくるので、年収アップできる企業を効率的に絞り込む事ができる。

また、コンサル転職を少しでも考えているなら、アクシスコンサルティング、グローバルに転職したいかたはJACリクルートメントを利用するとよい。給与アップの転職を多くサポートしているので、自分一人で選考を進めるよりも有利だ

まとめると、給料アップを目指すなら、ビズリーチに登録しつつ、リクルートエージェントや他の転職エージェントに相談するのが良い。しっかりと活動をすれば、給与を上げることは難しいことではない。ぜひ頑張ってほしい。

今日は以上だ。

2020年1月の転職トレンド

「転職したい」と思いながら2019年が終わってしまった方も多いのではないか。新年早々だが、新年度に向けて転職したいなら、今すぐ転職活動をスタートさせてほしい。

一年で最も採用活動が活発なのは1月から2月だ。一年で最も入社が多い4月に向けて、2ヶ月前内定が一般的だ。2月中旬に内定獲得し、現職に退職届けを出せば、3月末退社まで少しの余裕を持って新しい職場に備えることができる。

もし管理職やベンチャー幹部のような重要ポジションを狙っているなら、1月中がラストスパートだと心得よう。新年度に向け事業計画を立てたり遂行したりする役職者は、早めに採用する必要があるからだ。

一般社員のポジションも、ライバルが多い期間だと当然厳しい戦いになるし、魅力ある求人には応募が殺到し、応募開始から1週間で終了してしまうこともザラだ。出遅れて後で後悔しないように、1月のうちに必ず転職活動を始めて欲しい。

転職活動といっても、ただネットサーフィンをしているだけではまずい。転職エージェントしか持っていない限定求人は、ネットに情報が載る前にクローズしてしまうことも多い。まずは転職エージェントに登録し、希望にあう求人情報の提供を受けよう。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を直接ヒアリングすることをおすすめする。1月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 アクシスコンサルティング コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。