インタビュー

実はキラキラしてない?現役サイバーエージェント女子の告白

サイバーエージェントはインテリジェンス出身の藤田晋氏によって設立されたインターネット企業だ。21世紀を代表する会社を創るの言葉に違わず、日本でも有数のベンチャー企業となった。

なお、サイバーエージェントや他のメガベンチャーへの転職に興味がある人は、必ずビズリーチに登録してほしい。サイバーエージェントをはじめ、多くのメガベンチャーが募集をかけているし、転職エージェントから連絡がきて良い会社を紹介してくれることもある。

また、リクルートエージェントは国内No.1の転職支援実績を有しており、メガベンチャーへの転職支援実績も多く有している。

もう少し規模の小さいベンチャー企業に興味がある方はGEEKLY、コンサルを併願する方はキャリアインキュベーションを活用しよう。

サイバーエージェントの実態に迫る

サイバーエージェントはキラキラ女子に代表されるように、華やかな印象がある。顔採用だの喜び組だの、色々指摘もされている。顔採用は本当にそうかもしれないが。美人は本当に多い。

その一方で会社として売上を着実に上げ続け、優れた事業を作り続けている優良企業だ。”フワフワ”,”キラキラ”の言葉が先行しがちで本質が取り上げられていない気がしたので、気になって知人経由で現役女子社員を紹介してもらった。最初に断っておくが、サイバーエージェントとは何の利害関係もない。

労働時間は比較的長い

-こんにちは、自己紹介お願いできますか。

都内の大学を卒業後、サイバーエージェントに入社し現在6年目です。これまで広告営業や新規事業室など複数の事業に携わってきました。3年目からはマネージャーをつとめ部下の育成にもつとめています。

-単刀直入に聞きますが、サイバーはキラキラ女子の会社なんでしょうか?

キラキラ女子もいます。確かに読者モデルを学生時代やっていた子や、化粧品にお金をとても使う子と世間がイメージするサイバーエージェントが存在するのは確かです。一方で私のような、あまり目立たず、化粧品よりも食にお金を使う女子も多くいます。

キラキラ女子じゃないからといって会社に居づらいことは全くなく、多様性が重要視されている環境です。

-合コンもよくあるのでしょうか?

よく行く人もいれば全く行かない人もいます。他社で働いたことはありませんが、一般的な会社とそれほど変わらないのではないでしょうか。 私は1,2年目のときは多かったですが、最近はいなかくなりましたね。美人でも未婚の30代は割といますね。性格もいいのでなぜそうなったか謎です。

-キラキラ女子の人たちはどのような仕事をしているのでしょうか?

キラキラ女子も、そうでない人も全く違いはなく同じ仕事をしています。キラキラ女子の方が営業をしている確率は少しだけ高い気がしますが、特に差は感じません。美を意識する女の子も仕事にとても熱心なんですよね。

会社のいいところをあげるとすると、多く人が仕事熱心なことがあります。仕事熱心すぎて疲れてゆっくりした働き方に転換する人もいますが若い間は仕事に没頭できる環境がありますね。

-仕事熱心ということは遅くまで働くのでしょうか?

人によりますが、私は比較的遅い方ですね。広告営業のときも新規事業室だったときも成果を求めていたので常に一生懸命働いていました。結果だしてさっさと辞めてやろう!と思っていたのですが(笑)、結局6年目まで残っています。

会社からも人材や事業への投資が厚いのでやればやるほど結果がでるような仕組みができている気がします。一部の事業を創るのが天才的にすごい人が考えた仕組みを実行すると、全員が活躍できるようになっている感じです。エンジニアもすごいです。1流プレイヤーがそろっています。

-3年目でマネージャーというのはかなり早いですよね?

最速とかではないですが、比較的早い方です。きちんと結果を出せば評価される仕組みになっているので一生懸命やっとことが報われた気がして昇進したときはとてもうれしかったです。マネージャーになったからといって裁量がそれほど変わるわけではないです。マネージャーになる前からがんがん働けたので。

 

筆者注:

活躍すればすぐに昇進できるのがメガベンチャーの魅力だ。どれくらいの実績を出せば、どれくらい早く昇進できるのかは、転職エージェントが詳しい。内情に詳しい転職エージェントに出会えれば、社内の情報を事細かに教えてくれるし、昇進するために足りないスキルについてアドバイスもしてくれる。

興味がある方は、ビズリーチに登録して、メガベンチャーの採用情報を集めてみよう。また、多くの転職情報を有するリクルートエージェントのキャリアコンサルタントとの面談にも参加してほしい。

f:id:sportsmania:20170510171314j:plain

自分からアピールをしないとチャンスがもらえない

-逆に会社良くない点はありますか?

見せ方がうまい人が評価されがちなところはあります。真面目で謙遜してしまう人は見ているとどうも出世していない気がしています。外資系ではないですが、「俺がやった、がんばった」という形で主張する人は評価されているようにかんじます。

また、組織貢献も重視されるので、組織、チームを盛り上げようとするタイプの方が好まれ、まじめすぎるタイプは埋もれてしまうことがあります。せっかくいい仕事をしたのにもったいないなと感じることはあります。

例えばお酒の席で、自分を売り込んでなんかやりそうだなって上の人に覚えてもらえると、新しいことにチャレンジさせてもらえます。こういった点は年齢に関係なく、大きな仕事を任せてもらえるのは事実ですが、一番最初に任されるときは、自分の売り込みが大事になるわけです。良くも悪くも言ったもん勝ちな風潮があります。

-挑戦すると失敗する人が出てきますが、そういった人は社内でどういう扱いになるのでしょうか?

挑戦して、失敗しても悪い扱いをされることは全くありません。また、次のチャレンジをする機会を与えられます。人間として、次こそは成功しそうだと思われたらチャンスを与えられるので、挑戦する人が評価されている気がします。自分を守らずにチャレンジしていく若手が多いのはいいことだと思いますね。

失敗しても次のチャレンジを与えられる要員として、派閥的な、~チルドレンのような存在がいくつかあり、そこに入っている方が有利な面はあります。ベンチャーであるのに派閥があるのは好ましくないですね。もちろん派閥に所属せずに、仕事を勝ち取って成功している人もたくさんいます。

-失敗する一方、成功するビジネスが成り立っているのはどうしてでしょうか?

先ほどの派閥の続きになりますが、新しいことをはじめようとする上の人がいると、それについていく人がでてきて、同じ人がついていくことがあります。そのためチームがずっと固定で、新しい事業を創るのでチームとしてはすでに機能しているので、結果が出やすいんじゃないかと。

明確にあるわけではないですが、なんとなく0->1部隊と1->10部隊がそれぞれいて、得意なところで結果を出しています。

たまに、1->10のフェーズで、かつ有望でない事業の担当になると社内でも注目されず精神的につらいこともありました。うまくこのままいくのかとか無駄な悩みが増えてしまいます。 

-サイバーエージェントのこういった制度は自慢できるというのはありますか?

学園祭的なノリがあって、達成感を感じやすいですね。人を表彰したり、ほめたり、そういうみんなでやっていこうぜ!的な雰囲気は好きですね。私は決して、派手なタイプでないですが、高校の学園祭の雰囲気は好きだったのでそういう雰囲気の中仕事が毎日できるのは幸せです。 

中途採用は証券出身者が活躍

-中途採用も多数採用されていますが、彼らは活躍しているのでしょうか? 

人によります。これまで述べた通り、独特の雰囲気は多かれ少なかれあるので、合わない人はすぐに辞めていきます。

うまく見せることができる人が評価されることを知って落胆する人もいれば、サイバーは意思決定をはじめ事業スピードがとても速いのでそれについていけず活躍できない人がいます。

そして、年功序列でないので、自分よりも年下から指示されることが耐えられない人もいます。年功序列が染みついている人には厳しいかもしれません。

私も部下が全員年上だったことがあり、マネジメントには苦労して、心労が増えつらかった時期がありました。

裁量権や意思決定の速さ、年功序列じゃないところを求めてきた人は環境にとても満足していると思いますね。

-中途採用ではどういう人が活躍しているのでしょうか?

営業系の部署では金融系、特に証券系出身の人が活躍していますね。営業だと対、人になってくるので当然お客さんによっては理不尽なことを言ってきます。社内においても環境の変化がはやいので「前言っていたことと違う」などは当然発生します。

そういったことにいちいち文句をいっていると、仕事が進まなくなります。変化に対応できる人はもちろん優秀ですが、証券業界にいた人のように変化に我慢できる人も活躍しています。営業の印象なので、他の部署ではまた違うと思います。

BIZREACH

-新卒だと中途よりも評価されやすいですか?

新卒、中途というよりどの部署でどの仕事をしたかが重要ですね。芽が出ない部署だったり、収益がでていなかったりする事業だとどうしてもいい評価が得られないような気はします。

評価の話でいくと、総会があるので総会のために社内でどういう見せ方をするか意識する人が多いので、戦略的に部署内で推す人を決める政治的な感じはあり、大企業的な良くない部分はありますね。 

とはいえ、大企業的な部分はあっても、意思決定の速さ、失敗への寛容さがあるため働きやすさが勝ります。

-寛容さとありますが、失敗すると会社はどのようにフォローするのでしょうか?

営業の話になるんですが、実はサイバーエージェントにも40歳以上のメンバーは割りといまして、経験豊かな彼らが最後の助け舟をだしてくれます。若いとどうしても法務面やアライアンスの部分でのミスがでてしまうため、的確なアドバイスをしてくれます。彼らは普段マネジメントとして部下をもっているわけではなく、緊急用に助けてくれる人員として存在している感じです。ベテランなので対応がすごいなと感心します。

一方、20代の優秀な人や、自己アピールのうまい人たちは子会社を完全に任されるようになり、独立した会社として活動しているところもあります。とにかく子会社が多いですからね。組織の在り方も常に変化しています。 

-自己アピールばかりしている人はみていてどうですか?

Facebookやアメブロみていて、痛いなと思うときもあります。CA36になりますとか、宣言だけして行動が伴っていない人とかいて痛いなと。優秀な人がたくさんいる一方、一部の人は口だけに終わってしまっています。20代は意気込みだけでいいですが、実力が伴わない30代は困りますよね。 

それでも給料はあがっていくので、転職先がなく社内でひっそりと生き残るしかなくなってしまうでしょう。 

本当に優秀な人はアメブロのリンクを送らなくても評価は比較的されますので。

裁量権、実力主義は本当

-サイバーエージェントに入ってよかったですか?

よかったですね。悪い点もたくさん書きますが、就職活動のときに言われていた、裁量権だとか成長環境とか、実力主義とかは本当でしたし、その結果、自分は市場価値があがったなとは思います。また新卒は世間で言われているほど会社を辞めていないですし、辞めた人も起業とかベンチャー役員とかでいっているのでよい辞め方の人がほとんどです。

入社前は同期とうまくやれないんじゃ…という心配もありましたが、全然そんなことはなかったし、いろんな人がいて、自分の居場所もきちんと作れる会社でした。会社に愛着がある方ではないですが、フラットに見ておススメできる会社です。 

ワークライフバランスが欲しくてサイバーエージェントに転職とかっていうのは違うとは思います。新卒からいて、ある程度働いて実力がついて勝手もわかっている人には、育休や産休の制度もととのっていて、良い環境です。

-ありがとうございました。 

サイバーエージェントは若い人が成長するに良い場所か?

サイバーエージェントの実態に迫ってみた。サイバーエージェントは成長環境であるという事実が会社の売上を伸ばしている要因になっているのではないだろうか。外から見るのと、中で実際働くことにはギャップがある。

成長環境を求めるのであればサイバーエージェントも選択肢の1つに入れてみてもいいかもしれない。

なお、サイバーエージェントや他のメガベンチャーへの転職に興味がある人は、必ずビズリーチに登録してほしい。サイバーエージェントをはじめ、多くのメガベンチャーが募集をかけているし、転職エージェントから連絡がきて良い会社を紹介してくれることもある。

また、リクルートエージェントは国内No.1の転職支援実績を有しており、メガベンチャーへの転職支援実績も多く有している。

もう少し規模の小さいベンチャー企業に興味がある方はGEEKLY、コンサルを併願する方はキャリアインキュベーションを活用しよう。

 

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

 BIZREACH

リクナビNEXTもおすすめしているのでぜひ使ってほしい。

今日は以上だ。

 

第二新卒層ならサイバーに行くことをおすすめしている。第二新卒転職について勉強してほしい。

サイバーエージェントと似ている企業の一つとしてリクルートがある。ぜひリクルートへの転職も検討してほしい。

年収がすでに高い人は転職タイミングを考えてさらなる年収をとりにいこう。


 

2019年8月の転職トレンド

2019年8月時点では、各社の採用意欲は引き続き旺盛だが、求人案件数が減少する業界も現れてきている。例えば、積極的に採用を行っていたリクルートキャリアをはじめとする大手人材会社や、各コンサルティングファームも軒並み採用数が減少に転じている。人材業界やコンサルティング業界は、各社の業容拡大の支援を行う業界だ。だからこそ、各社が業容を拡大したいと感じる景況感が良いタイミングほど顕著に業績が向上する。そのような会社の採用人数が減じていることは、景況感の悪化リスクが高まる兆候だと言っても良いだろう。

今後は、景況感の悪化懸念が増すことで、多業種の求人案件が減少する可能性も高いだろう。そうすれば、キャリアチェンジの難易度は格段に上がってしまう。転職を検討している方には、早いタイミングでキャリアチェンジを行うことをお勧めしたい。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。