キャリア相談室

低学歴は不利だが、逆転可能だということを忘れないでいただきたい

学歴は一生まとわりついてくる。低学歴と分類される人たちは就職活動、そして転職活動でも苦労し、自分は逆転不可能だと思い人生をあきらめてしまう。だが、非高学歴層は大きく不利だけど逆転可能ということを覚えておいてほしい。あまりにもあきらめる人が多いから書くことにした。

低学歴は20代前半までの自分を恨む

非高学歴の定義はMARCH未満とする。新卒の就職活動や20代の1回目の転職においても、「学歴が低いから俺は…」とやたら自己肯定感の低い人間に出会ってしまう。学歴は18歳の大学受験で基本的に決まるが、よほど学歴に不満があるなら、再受験、編入試験、もしくは大学院から学歴ロンダリングしたらいいのだ。

そういった努力も怠り、とにかく学歴が低いから俺は無理だと嘆くだけの人にはいらだちを覚える。すでに学歴が低いまま来てしまった人はもうしょうがないのでこれまでの怠惰な自分を恨もう。

さてここからだ。転職活動で学歴がないことであきらめてはいないか。自分のやりたいことができず一生飲食店のマネージャーをやるつもりなのかと問いたい。飲食店が好きなら自分で店をしたくないか?チェーンで働くならエリアマネージャー、SVとなっていずれは経営者になりたくないか?

そうしたときに学歴がネックになるのは事実だ。これからの逆転方法を一緒に考えていこう。実は社会にでると、学歴に関係なく恐ろしいほどの活躍をする人がいる。学歴という変えられない事実にとらわれるのは時間の無駄なのでぜひ読んでいただきたい。普段から優秀層と繰り返しいっているのは、学歴ではなくビジネスの世界で活躍している人のことだ。

成果主義の外資は大逆転の手段

実は外資系は超高学歴主義の一方、非高学歴の人の出世割合も高い。現代において、三菱商事や三井物産の役員に日東駒専レベルから選ばれることはまずない。入社できることも稀だろう。せひぜい子会社だ。しかし外資系のメーカーや、ヘッジファンドや外資系のサービス企業においては、学歴がなくても全然出世している。

外資系はあまり学歴の派閥がない(もちろん少なからずある)ため、実力さえ伴い結果を出せば幹部クラスに簡単に出世できる。

といったアドバイスをするのを見かけるが、こういった世界に飛び込んでやっていける自信があれば、まず学歴コンプレックスを感じて、”逆転”などという発想はもたないだろう。大部分は外資系にすら通らないだろう。

低学歴は書類審査がつらい

非高学歴と呼ばれる層は、書類で切られ面接にすらたどりつかないことが多い。そこで書類できられないための戦略を考えよう。転職エージェントは確実に学歴が高い層にあたったほうが確度が高いので、転職エージェントから声がかかることすらそもそもない。

そのため慎重に自分のアピールを行わないといけない。転職の場合、高学歴層は転職エージェントからお客様扱いされるが、非高学歴層の場合そうはいかない。つまり自分から売り込んでいかないといい転職エージェントに会えない。聞いてみるといい、自分と同じ大学の人とどれくらい会っているか。それでその転職エージェントがどれくらい優秀な人に会っているかがわかる。

学歴が高くない場合、転職するときは確実に転職エージェントに使おう。実は学歴が高くない人ほど転職エージェントを使うメリットがある。一般的に、優秀な転職、人材エージェントであれば、企業の一次面接と評価の精度に変わりわない。同様に書類審査も同じ精度で行われる。書類審査は所属企業と、学歴を見られるので、そこそこいい大学でて大手企業に勤めていれば企業の書類審査は通る。

だが、低学歴層は、企業の書類審査に通りにくい。そこで人材エージェントの口添えが大事なのだ。「この人は、学歴低いけどめちゃくちゃ優秀です」と伝えれば企業側は喜んで面接してくれる。書類だけで口添えがなければ絶対に会っていなかった学歴の人でもたった一人のリファレンスがあるだけで面接までこぎつける。

よって、比較的、学歴に関係なく会ってくれるエージェント(その中でもできるだけ優秀な方)に会い、自分の優秀さを売り込むことで間接的に企業への売り込みになるのだ。この場合、企業と強いパイプのある案件に送り込んでもらうのがよいだろう。

私も実際の事例で学歴が高くないのに、とてつもなく優秀な方に会い、企業面接にいくとあっという間に内定した方を見てきた。だが、その方はなかなか他のエージェントや企業から声がかからなかったという。どうみても学歴のせいだった。

f:id:sportsmania:20170510170331j:plain

学歴を覆すための努力が必要

書類上で、この人は同じ大学でもほかの人とは違うということを見せればいい。企業側が心配しているのはこの人は同じ業務をこなすだけの地頭や努力ができないのではないかと疑われるのが怖い。

高学歴層には全く必要ないが、TOEICを900点とるだけ、もしくは簿記1級や中小企業診断士をとるだけで評価はめちゃくちゃ変わる。資格をとることに全精力を注ぐのは本末転倒であり、かつ資格取得には反対の立場を普段はとっているが学歴がない人には、比較的転職したい業界に関係ある資格をとることをすすめる。

同じ学歴層で目立つことが、重要だ。TOEIC900点は大量採用をしている商社の内定者でさえ多くが超えているボーダーなのでいい点数というわけではないが、非高学歴層のなかでは目立つだろう。TOEICは一例だが書類で「この人はたまたま学歴が高くないだろう」くらいに思わせれば戦う権利があるのだ。ビズリーチに登録して資格なしのときと資格を追加してみて、どれくらい違うかやってみるとよい(虚偽申請はダメ)。

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

冒頭でも述べたが自分は学歴が低いからと最初からあきらめてしまい努力を怠ることは辞めてほしい。学歴が低いのは、高校時代の努力が足りないのが一般的な論評であろう。そのため高校の時していない努力を今して埋め合わせすべきなのだ。その努力はきっと企業から評価されるし、将来のキャリアにつながるはずだ。

高学歴層は資格は特に取る必要はなく、職歴に自慢をもてるように今の仕事にしっかりうちこもう。

学歴が低いにも二通り

学歴が高くないのに、有名企業に転職している人の多くは、高校が有名校にもかかわらず高校時代に勉強せず、有名大学に行けなかったパターンだ。森林原人さんは、筑駒から専修大学という異色の経歴である。

高校だけ遊んでしまいましたと伝えると、割と納得してもらえるのである。首都圏私立高校でているとそれはアドバンテージになる。

問題は有名高校ではなく、大学も有名大学でない場合だ。その場合、基礎学力に不安をもたれるので先述の対策はもちろんSPIで平均点はとれるようにしよう。細かい努力が差を生むのだ。有名高校でなく、有名大学でなければあなたは面接の前から懐疑的な目で見られるだろう。それを覆すだけの点数、高学歴内の平均点をとるだけでいい。

数十年前の低学歴からの大逆転、現代の逆転方法

現代のヘッジファンドのシニアクラスには、ほとんど知らない無名大学から出世している人がいる。数億円の年収をもらっている私の友人の父も、無名大学だったものの、小さい証券会社で株のセールスをやって、たまたま時流にものり成功して、怖いもの知らずで外資に飛び込み数千万、数億円の年収を得るようになった。これが数十年前の在り方だった。

現代はヘッジファンドに無名大学からはMBAをはさまない限りムリだろう。現代のおすすめはWEB系のエンジニアになることだ。WEBエンジニアもCTOクラスは高学歴であることが多いがエンジニア内では学歴はほぼ評価されない。博士号やMITで修士をとっているとまた見られ方は違うが。

給与も高く、引っ張りだこの職種なのでぜひみなさんなってほしい、とは簡単に言えない。WEBエンジニアにいまからなっても1000万プレイヤ―になるのは厳しいだろう。後は営業職だ。営業職は昔からある仕事で成果報酬で給与になるところにいくとよい。

典型的なのはプルデンシャル生命をはじめとする、金融系だろう。プルデンシャルは何も生命保険だけ売っている会社ではないのできちんと一度調べてみるといい。資産運用の領域でも強いのだ。

メンタルが強く、ガツガツしている方は営業職で結果をだしてほしい。体育会でなくても人当たりがいい方は人材エージェントになるのもいい。高学歴でなくても転職で実績をつみ素晴らしい人材エージェントはたくさんいる。

他には何かあるかと問われると難しい。資格をとるのがいいが、弁護士や公認会計士は今から勉強をはじめても間に合うかは定かではない。25歳以下で親に金がある場合は資格に時間をつっこんでもいいだろう。

資格で稼ぐというより、資格で足キリにあわないために何かもっておくのが資格の正しい使い方だと思われる。

低学歴でもあきらめるな

さんざん低学歴と書いたが、バカにしているつもりはなく、優秀な方がいるのに埋もれていることを残念と思ったのでこれを書いた。

以前、スターマイカの水永政志さんが「東大生はオポチュニティコストが高すぎる」といっていたが、学歴がない人は、失うものがないからベンチャーにとびこみアップサイドをねらうなどやり方がたくさんあるはずだ。

ぜひこれからの逆転を狙っていってほしい。ビズリーチに登録してみて、シビアにあなたの市場価値がでるだろう。学歴があまり高くないといいスカウトがとどかない。東大卒の友達と比較してほしい。差を理解してからあなたの勝負ははじまる。

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】 BIZREACH
2019年8月の転職トレンド

2019年8月時点では、各社の採用意欲は引き続き旺盛だが、求人案件数が減少する業界も現れてきている。例えば、積極的に採用を行っていたリクルートキャリアをはじめとする大手人材会社や、各コンサルティングファームも軒並み採用数が減少に転じている。人材業界やコンサルティング業界は、各社の業容拡大の支援を行う業界だ。だからこそ、各社が業容を拡大したいと感じる景況感が良いタイミングほど顕著に業績が向上する。そのような会社の採用人数が減じていることは、景況感の悪化リスクが高まる兆候だと言っても良いだろう。

今後は、景況感の悪化懸念が増すことで、多業種の求人案件が減少する可能性も高いだろう。そうすれば、キャリアチェンジの難易度は格段に上がってしまう。転職を検討している方には、早いタイミングでキャリアチェンジを行うことをお勧めしたい。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。