基礎スキル

基礎スキルが低すぎる残念な高学歴社会人たち

求人の必要要件に「マイクロソフトオフィス(Excel,Word,Power Point)が使えること」という求人をよく目にする。この求人要件について、はじめは、よく意味がわからなかった。

もしかしたら、読者の中にもマイクロソフトオフィスが使えない方がいるだろうか。このような基礎スキルを有していることは、社会では当たり前となっている。

もしドキッとした方がいたら、今すぐ勉強をはじめてほしい。それができないだけであなたの市場価値は極めて低くなってしまう。

なお、自分の市場価値がどれくらいあるかは、ビズリーチに登録するとすぐに分かる。自分の経験に応じたスカウトが、各転職エージェントや企業から送られてくるからだ。想像よりも市場価値が高い方と感じる方もいれば、低いと感じる方もいるだろう。

また、どうすれば市場価値をあげられるかを知りたい方は、若者に強いリクルートエージェントかハイキャリアに強いJACリクルートメントのキャリアコンサルタントに相談してみてほしい。

いずれにしても自らの市場価値を知ることがスタート地点だ。怖いと感じるかもしれないが、まずは一歩を踏み出してみよう。

Excel(エクセル)の機能が分からない20代

派遣社員ならいざ知らず、東京大学、慶應大学を出て、大手企業にて正社員で働いている人に出す求人としては失礼とすら思っていた。しかし、20代の第二新卒層、および20代後半のビジネスパーソンと会ってきてこの考えが変わった。

マクロやショートカットを使いこなすエクセルが高スキルな派遣社員がいる一方、エクセルがまったくつかえない若手高学歴社会人がたくさんいることを知ってしまった。普段一緒に働かない限り、なかなかExcelやPower Pointの能力を知ることがないため、問題のある若手が多いことになかなか気づかなかった。(マクロが使えて、英語ができて、人柄も素晴らしい方と働いたことがあり、なぜ派遣なのか聞けずに終わったことはある)

 Ctrl + C, Ctrl +V がコピペのショートカットということを知っており、コピペする作業はできる。だがそれ以上の作業、例えばVlookupやピボットテーブルを使ってデータを集計するという作業になったとたんできない人が多い。何もショートカットを覚えるというのではなく表計算ソフトの備わっている機能を認識していない。

 Windows95以降が大学入学前にあった世代では当たり前のように使えると錯覚してしまい、マイクロソフトオフィスが使えず、会社に入社して使えない扱いされる人が非常に多い。

BIZREACH

キャッチアップをしようとしない向上心に欠ける態度

なぜつかえないのか理由を聞いてみると使う機会が学生のときになかったという回答が多い。

事実、文系最高峰の東京大学法学部では4年間、パワーポイント、エクセルに触れず、ワードをレポートのために使うくらいである。東大法はゼミもない。東大に限らず卒論もない法学部も多く、法学部は特に、マイクロソフトオフィススキルに問題がある人が多い。

だが、こういったことは学部柄しょうがない。事情に詳しくないが、医学部だとExcelに触れる必要も少なそうなので専攻の都合上そういうことはあるだろう。

問題は、入社してからキャッチアップしようとしないことだ。同期や先輩と机を並べて単純作業をすることがおそらく少ないせいか自分の仕事が遅いことにすらそもそも気づきづらい。

エクセルの目盛り線は消した状態で資料を作成するとか(これは会社によって違うだろう)、きちんとA4一枚印刷の範囲に収めて資料を作成するとか、相手の次の行動に立った資料作成ができないことが問題である。

自分の作業スピードはさておき、相手の立場に立てない20代ビジネスパーソンが多いことは非常に残念だ。まずはExcelにどういった機能があるかを理解し、どういう資料を作成したら相手が見やすい、そして印刷がしやすい等の次のアクションを考えよう。

Power Pointも同様である。資料だけ見て理解する方法を考えよう。どうしたらいいか簡単なことで上司の前に第三者に見せてその評価をきけばいい。独りよがりになって作った資料ほど残念なものはない。

その次に作業スピードだ。ショートカットが使えるかどうかで作業スピードは多く変わってくる。Excelを使用して、データ処理したうえでパワーポイントをつかって資料を作らせると30分で終わる人もいれば3時間かかっても終わらない人がいる。

信じられないが、30歳超えてもExcelのデータを手で数えたり、グラフをつくるために、手で打ち込んでから表にして、グラフにしたりという謎の行動をとる人がいる。

これまでの社会人生活で注意する人がいなかったのかと思われる。これらの諸事情を考慮するに求人の必要要件に「マイクロソフトオフィス(Excel,Word,Power Point)が使えること」となっているのは別におかしいことではない。

f:id:sportsmania:20170510015142j:plain

おススメのExcel本

幸いにしてExcelは自分で勉強するのが簡単だ。どういう機能があり、どういう見せ方ができ、どうしたら短時間で処理できるのかが本にまとまっている。

まずは下記の本をおススメしたい。

ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術???数字力が一気に高まる基本スキル

ビジネスエリートの「これはすごい!」を集めた 外資系投資銀行のエクセル仕事術???数字力が一気に高まる基本スキル

  • 作者: 熊野整
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2015/02/20
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 こちらの本を一冊やれば恥ずかしくないレベルにはなる。ちなみに著者からExcelを教えてもらったことがあるが分かりやすく、自分の知らない知識もあり勉強になった。 

勘違いしないでほしいのが、微細な美しいExcelは作る必要はないが、見やすくて、わかりやすいExcelは作る必要があるので、きちんと学んでほしい。別の会社に転職してから「あいつは使えない」などと揶揄されたくはないだろう。

もう一冊本をおススメするとしたら、こちらもおススメである。投資銀行の若手は入社前に読むことが多い。

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

外資系金融のExcel作成術: 表の見せ方&財務モデルの組み方

  • 作者: 慎泰俊
  • 出版社/メーカー: 東洋経済新報社
  • 発売日: 2014/04/04
  • メディア: 単行本
 

 マイクロソフトオフィスはまずExcel(エクセル)からはじめよう

Excelをしようというのはどうも頭の悪いアドバイスに聞こえるがこれができないだけで評価を落としてします。できるのは前提となっている。例外もあるがExcelができなければ出世も厳しい。

 挨拶ができる、名刺が正しく渡せると同じレベルの事象であるはずだ。これだけいっても勉強する人はほとんどいないだろう。そしてその多くが自分の基礎スキルの低さに気づいていない、もしくは気づく機会に恵まれていない。アクセンチュアでいいのでコンサルに転職するとExcelは手足のように使わざるをえないので、無理やりにでも自分の能力を鍛えることになる。

現在の仕事でExcelは使うことがないというのは、工夫ができていない証拠だ。工程管理や、進捗管理、タスクリストの作成、チェック漏れといったあらゆる場面で使えるので活用してほしい。

そして「もっと便利な使い方はないかな?」と工夫し続けてほしい。ちょっとした工夫が組織の効率化に計り知れない影響を与えることだってあるのだ。

本日はExcel事情について語ったが、別日に具体的なショートカットについて語る。

エクセルができないとコンサル等に転職してもすぐクビになるので気を付けてほしい。ビズリーチがコンサル求人が最も流通する転職サイトだが転職求人をみるとエクセルの要件は書いていない。日本語ができることと同じくらいコンサルにとっては必要な要件になっている。

コンサルに転職したい方は、ビズリーチをぜひ利用してほしい。必ず登録した上で、コンサルへの転職に強いアクシスコンサルティングのキャリアアドバイザーに相談してみよう。ぜひ利用してほしい。

繰り返しにはなるが、エクセルに限らず、基礎的なスキルの有無であなたの市場価値は大きく変化する。

自分の市場価値がどれくらいあるかは、ビズリーチに登録するとすぐに分かる。自分の経験に応じたスカウトが、各転職エージェントや企業から送られてくるからだ。想像よりも市場価値が高い方と感じる方もいれば、低いと感じる方もいるだろう。

また、どうすれば市場価値をあげられるかを知りたい方は、若者に強いリクルートエージェントかハイキャリアに強いJACリクルートメントのキャリアコンサルタントに相談してみてほしい。

こちらもご覧になっていただきたい。

銀行員の生態をご覧いただきたい。

 

BIZREACH

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。