キャリア相談室

【第二新卒のススメ1】第二新卒の概要について知ろう| 定義、出世事情

新卒はまず3年いようと、よく言うものだ。しかし、これは本当に正しいのか考え直してみた。よく質問を受ける今回は第二新卒マーケットについて話したい。第二新卒は様々考えることがあり、十分に理解しておかないとキャリア形成に失敗する。よって、ぜひ理解していただきたい。

第二新卒の定義

第二新卒は企業によって定義があいまいで、一般的には新卒3年以内をさす。しかし、企業によっては3年目から即戦力中途と定義することや、元いた在籍企業によっては2年目でも2卒扱いをしないことがある。第二新卒は、スキルはまだ期待してないけど、研修を受けていて、最低限のマナーがあり、これから仕事を教えて成長してもらうことが見込まれる人だ。

「大企業で研修を受けていること」は第二新卒市場で十分に価値があると見なされる。数百人規模で入社する日系大手企業の研修はご存知のように手厚い。名刺交換から、電話の受け取り、メールの書き方まで全く就業経験のない人間に教えるのは難しい。

 しかし大企業は人数も多くいることから一人当たりの研修単価を下げることができることもあり手厚い研修がある。長期間いることを前提とする大企業では研修に時間とお金をかけても十分に回収できるのである。

 たかが研修と思うが同じ東京大学を出ても、規模の小さいどベンチャーと、大企業で研修を受けた人とではマナーのレベルはかなり違う。大企業の方がしっかりしているのは事実だ。しかし、それが必ずしもいいわけではなく、プロセスを重視するあまり大企業出身者は、最短距離を見つけるのが苦手だったりする。

コンサルティング業界や法人営業では客先に行くために基本的なマナーができない人はさらに教育コストがかかるので、困るのである。

 第二新卒を採用する理由

企業はなぜ第二新卒を採用するのでしょうか。採用する理由は千差万別ですが、人気企業の場合、「新卒よりも即戦力になる若い労働力」だからだ。

急に景気がよくなり、売上とともに仕事がよくなる場合がある。この場合、内定出してから1年後に入る新卒では、計算できる戦力になりませんし、入社後から研修しているとそれなりに時間もかかるので急増する仕事に対応できる人材ではありません。その点第二新卒は内定から約3か月後には入社し、若さを生かして手を動かすことが必要な仕事をどんどんやってくれるので会社としてはありがたいのである。

 一方、人気がない企業では新卒でいい人が採用できないからその分第二新卒を採用する。新卒マーケットにおいてはトップ大学の学生は数十社の中から選ぶので、説明会や選考にきても内定を獲得するまで面接を受けて入社する確率は低い。広告商社といった業界は下位企業でも人気があるが、人気でない業界は3位以下の企業は新卒でトップ大学の学生がとれず苦労する。

 そこで、第二新卒というわけだ。第二新卒は、面接を受けている地点で、何十個も面接をしているわけではないので、入ってくれる確率も高い。新卒に比べ、会社に興味をもってもらうための施策も短くて済む。そのため新卒の代わりとして第二新卒を採用したい企業は多い。第二新卒でうまくいくと新卒採用に力を入れ出す企業も多い。

 第二新卒だと会社へのロイヤルティが新卒組に比べて低く、同期も多くはないため長く会社に在籍する理由が新卒に比べて少ない。長い目でみたときには優秀な新卒をとったほうがいいわけだ。95%くらいの会社はこれを理解している。 

第二新卒で転職をするのは得か

 ほぼ100%損である。理由は下記故だ。

 

1.新卒に比べて上の人たちからかわいがられにくい

 新卒は研修や内定者時代から社内の人脈構築の時間が十分に与えられるので、社内の人と入社してすぐに多くの人脈が築ける。第二新卒はあたりまえだがそんな時間がほとんどなく業務に必要なことしか教えてもらえないので、人間関係的な意味では中途扱いだ。

しかも中途の場合は業界で名前が知れていれば最初から人脈があるに等しいが第二新卒で期待はできない。会社の上の人たちからしても新卒で入った人と第二新卒では新卒がかわいいのが当然だ。我が子と、他の子が産んだ赤ん坊では当然我が子がかわいいだろう。

人によってはすぐに会社を辞めた根性なしということで長年働くまでは社員として認められないかもしれない。

 第二新卒での人間関係はこういった点に注意し覚悟して転職しなければいけない。

 

 2.これまで働いた分が転職時の給料に上乗せされない

 第二新卒は、新卒と給料が変わらない場合がほとんどだ。しかも外資系投資銀行にいたっては第二新卒の方が新卒より給料が安かったりする。つまりこれまでの経験が全く給与に評価されない。

 

またすぐに辞めるかもしれない人を採用するのは当然リスクであるからだ。新卒で事業会社にいた人が第二新卒でコンサルや投資銀行に行くとメンタリティや学ぶ姿勢が全然異なるため予想以上に苦労してしまう。

 キャリアアップというニュアンスはまったくなく、キャリアのスライドとしてとらえよう。昇進年次もリセットされ同じ社会人経験の人よりも昇進が遅れてしまうのは覚悟しよう。

3.後がなくなり精神的につらくなる

 一度第二新卒で辞め、また同じようにすぐに辞めるともう後がなくなる。一度までは許されても二度目はなかなか許されないのが、日本の社会だろう。最悪辞めてもいいやと思う新卒のときより、辞めると履歴書に傷がつくと思い働く第二新卒では心の余裕は違う。

 

人間関係の構築にも時間がかかり成果を出すのが難しい中で精神的に追い詰められるとつらいものがある。こうした結果引きこもりになってしまいうまく生活できなくなる人がでてくる場合もあるので注意しよう。

 

忘れていけないのが本当につらかったり、精神的に限界を超えたりしたときは何度でも逃げていいのだ。大事なのは命と健康なのだ。

 

なぜ二卒として別の会社に飛び込むのか

 二卒として飛び込む人がいるのはなぜだろう。多くの場合学生時代思い描いていた自分とのギャップがそうしてしまう。楽しい華々しい仕事をしているはずが、島根支店でひたすら外回りをして、世の中のためにたっているのかわからなくなったり(島根は実例なので個人的には好きであるが)、プレゼンをしてお客さんをうならせているはずが、ずっとコピー取りだったり、逆に仕事がなくて17時帰りでつまらないおっさんたちと飲み会に行かされたり、「こんなはずじゃなかった」が彼らを転職へとかりたてる。

 

私がかかわる上位校の出身者の方は入ってみたらブラック企業だった!という事例は少なく、はたからみてブラックでもそれをわかって成長のために飛び込んでいるのである程度は我慢して働いている。

 

「こんなはずじゃなかった」を「こんなもんか」に多くの場合は変えてくれるのが日本の大企業だ。なぜなら、同期も同じような状態や大学時代の友達も同じ境遇だったら、社会とはこんなものかと理解して、目の前のことをがんばろうとして資格予備校に通うなど現状のなかで打開策を探す。

 

だが、周りの友達が一年目から新規事業の立ち上げに携わりバリバリやっていたり、夜遅くまで働くが大きなクライアントを任されて奮闘していたりする話を聞くと、焦りだす。

 

仮に深夜までコピー取りや、資料作成しているだけでも一生懸命働いている様子を聞くだけでも焦るわけだ。何が正解かわからない社会人1,2年目はまわりの情報に流されやすい。

 

「このままではやばい」と思い、他の会社で「理想の自分」を追い求めはじめる。この場合、現実を知らなさすぎると転職を繰り返しキャリアが一向にアップしない。

 

それでもやはり、隣の芝生は青く見えてしまうのが20代のうちだろう。もっとも40になっても50になっても他社がうらやましくなることがあるのでこれは20代だけというわけではない。

 

f:id:sportsmania:20170510165727j:plain

異業種への第二卒と同業種への第二新卒は全然違う

 

異業種への第二新卒はゼロからやり直すため、本当にゼロから学ぶ気持ちではじめましょう。異業種への転職はこれまでのキャリアを捨てるため、良い人生経験だったと割り切り新しいことをはじめよう。

 

基本的に労働マーケットにおいては同じことを何年やったかという専門性が評価されるので、同じことをやり続けたほうが評価される。転職を10回しても会社の取締役になっている人はずっと同じことをやり続け成果をそれなりに出している人だ。人間関係が苦手だったりして辞めることを繰り返しますがうまく潮流にのれば同じことをしている限りは出世の可能性がある。

 

同業種への第二新卒は違う。よい場合の転職は、業界下位から業界1位の会社へ行くことだ。業界1位の会社のほうが一般的に制度もととのい、当たり前の水準が高く成長環境であり将来の自分にも箔がつく。業界2位から1位では大した差はないが、5,6位から1位の場合は一般的に行ってもよいと思う。その業界や仕事が嫌いでなければ転職先でも続きやすいだろう。

 

逆に業界下位に行く場合は、待遇も当たり前の水準も低くなる傾向にあり、すぐに辞めてしまうことがある。「前の会社では~」というNGワードを連発し周りからも嫌われる。

同業種の場合は、あなたの情報も競合故、取り入れやすいので面接のときにしっかり事前情報が入っている場合がある。そのため辞める時も穏便にすませないといけない。

第二新卒として出世しよう

もし、転職した場合は絶対に出世する覚悟でまわりの新卒組よりも倍を努力する覚悟で働くとよい。

第二新卒だから出世できないという言いわけは絶対にしないでほしい。必ず成功するつもりで転職後は働こう。

第二新卒について再考してほしい

今回は第二新卒のマーケット概要について説明させていただいた。次回以降は具体的な事例をもっと盛り込み、どういうトレンドで第二新卒がうごいているか話したい。安易な転職だけは避けるようにしてもらいたい。

 

まだ学生の人は新卒をしっかり考えてほしいし、今転職を考えている第二新卒層は、今のところでなんとかできる手立てはないか精一杯考えてほしい、そのうえでどうしてもということであれば、次回以降、第二新卒転職について語っていくので見てほしい。


BIZREACH
2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。