キャリア相談室

12時間労働の企業に勤め続けるべきか

働き方改革が進み、多くの企業で労働時間の制限がかけられている。一方で、未だに1日の労働時間が12時間を超える企業は多い。

自身の成長、そして会社の成長のために12時間労働は確かに必要だが、言葉を返せば、成長につながらない12時間労働はやめた方がいい。今すぐに転職した方が良いだろう。

労働時間で一律に語れるものではないが、12時間労働が重なると人はかなりのストレスを感じると言われている。本当に意味を感じられる労働であるかどうかは早いうちに振り返っておくべきだ。

なお、すでに労働環境を改善したいと転職活動に考えている人は、求人サイトとエージェントに早速登録しよう。近年は、日系大手だとかなり厳しく労働局に目をつけられているので、働き方はホワイトになる傾向だ。

一方で、ベンチャー企業でもホワイトな働き方を全面に打ち出している企業は多い。時代が時代なので、働きすぎることを良しとする企業は生き残っていけないだろう。

ちなみに、求人サイトでおすすめなのは、ビズリーチだ。何より、企業とエージェントからスカウトを受け取ることができるので、転職活動をしていく上で、自分の価値が高い企業を効率的にピックアップすることができる。

一方で、求人サイトだけに登録するのはもったいない。転職市場は水物なので、情報がかなり流動的だ。必ず、エージェントに登録して情報をキャッチアップしてほしい。とはいってもサービスは複数あるので、下記から自分に当てはまるものを選んで活用するのが良いだろう。

まず、コンサルから転職したい方は、キャリアインキュベーションに登録してキャリアアドバイザーの面談を受けてほしい。コンサルからの転職の支援実績ではNo.1だ。元コンサルのキャリアアドバイザーも在籍しており、実情に即したアドバイスを受けることができるだろう。

JACリクルートメントはハイクラスの転職に強いので、年収アップを同時に成し遂げたい人向けだ。

それ以外の業界の方は日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。両社とも、商社も含めた多くの企業への転職成功事例を知っているので、参考になる。必ずキャリアアドバイザーとの面談に参加するべきだ。

ぜひ活用してみてほしい。

12時間労働は違法か

そもそも12時間労働は違法なのだろうか。

結論からいうと、1日で12時間を超えることは問題ない。ただし、1ヶ月でならしたときに12時間を超えるのは危険だ。つまり、月で80時間の残業が続くのであれば、法律上もNGとなる。

多くの企業は、このラインを超えないように働き方を押し進めているが、最も危険なのは、タイムカードを切らせて働かせる企業である。

政府から目をつけられて労働時間をコントロールせざるを得ない大手企業は、退勤時間などを先に切らせて自宅で勤務させることがある。この場合、昔とは違って残業代すら払われないので、昔以上にブラックだと言える。

一方で、PCをつけている時間は会社にいようといなかろうと労働時間とみなす企業もある。(広告代理店などはここまで徹底している)

過労死ラインである月80時間を超えるか超えないか、は会社の見せ方と実態で異なるので注意してほしい。

12時間労働でも意味のある環境

一部の業界や企業では、12時間労働がむしろ当たり前で、そこまで注意してみる必要はないことが多い。

ベンチャー企業

ベンチャー企業は、12時間労働などもはや普通であり、ましてや創業期であれば少ないくらいである。ベンチャー企業は、会社の成長どころか存続のためにかなりの労力を割いて力を入れていく必要がある。

もはやベンチャー企業を選んで入社しているのであれば、労働時間を気にするのはナンセンスである。(長時間労働が良しとされる社風であればもちろん別であるが)

コンサルティングファーム

一部の企業や、日系ファームでは労働条件も改善されてきているが、やはり大抵の場合、12時間労働を超えているのが実態だ。

なお、12時間といわず、今でも徹夜続きのファームも多いので、コンサルはそれ前提で入社するのが好ましい。

ただ、コンサルの場合は、その労働時間の分だけ、高年収であり、かつ成長も見込める。日系大手のように雑用で労働時間がだらだらと伸びて…という風潮はなく、むしろ意味のある過剰労働だったりするので、成長を望む人であればぴったりだろう。

新卒3年目まで

もしあなたがキャリアを本気で積み重ねていきたいと思うのであれば、新卒3年目まではとにかく量をこなすことが重要である。

質を担保して業務を効率化することももちろん重要だが、それすらも何度も場数を踏まないと適切に効率化していくことはできない。

量質転化という言葉の通り、量は質に転換していくので、若手のうちはとにかく量をこなしていくことが大切だろう。

なお、量といってもがむしゃらに仕事をするだけでなく、インプットに時間を割くことが大切だ。そこのバランスを取りながら、量をこなすことで、スキルアップが望めるだろう。

12時間労働をしていて転職すべき場合

先にも述べた通り、12時間働くことが意味のある場合も多い。一方で、自分の業務を見返したときに、下記の条件に当てはまる場合は転職することを進める。

12時間働くだけの意義を見出せないはずだ。

効率化が進まない

先ほど、量質転化という話をしたが、量ばかりでいつまでも業務が効率化されず、質が上がらない業務は見直した方が良い。

そうした業務の場合、自分の働き方が問題となっている場合もあれば、そもそもやっている業務がタスクレベルで分解されすぎて、質を改善するほどの業務ではないことが多い。

あなたに任せられているのはただの手足となって労働集約的な業務をこなすことであり、スキルアップを目指せるものではないということだ。

この場合は、今すぐ社内でのポジションを変えるか、社外でスキルアップできる会社を見つけるかのどちらかがおすすめだ。

賃金が低い、残業代が出ない

労働時間が増していく一方で、年収がなかなか上がらない人は、転職を考えるのが良いだろう。残業代が出ない企業も実態は多く、「年俸制」という表現で逃げている企業も多い。

ベンチャー企業で将来性を見越して、一時的に給与が安いことを許容しているのであれば問題ないが、当初聞いていた話と違う場合は、転職を考えた方が良い。

毎週PCを家に持ち帰り、土日も仕事をしていていて給料もなかなか増えないのであれば、早めに自分のキャリアを見直していくべきだろう。

将来性を感じられない

先の話とやや重複するが、企業に対して将来性が望めないのであれば、長時間労働はやめた方が良い。

ベンチャー企業では長時間働くことが当たり前に考えられているが、それは企業、個人の成長のためである。

会社としての伸びしろが感じられなかったり、自分でやってきたことが成長につながっておらず、将来性を感じられないのであれば、早めに環境を変える方が良い。

12時間労働でも転職しない方が良い場合

成長できる

コンサルの例でも記載したが、労働時間が長いことが、自己成長と結び付けられているのであれば、そのまま続けた方が良いだろう。

若いうちは、多くのことをインプットして自分で実践していく経験の数が肝だ。そうした機会を安定的に与えてくれる環境なのであれば、貪欲に経験を積んでいくことが好ましい。

高年収

労働した分だけ、給与という形で見返りがあるかも重要だ。もちろん、どこまで年収とプライベートのバランスを取りたいかにもよるが、もし前者が大切なのであれば、頑張った分だけ評価される企業は貴重にした方が良い。

意外と、残業した分だけ正当に給与に反映してくれる企業は多くない。

スキル不足で自分だけ労働時間が長い場合

環境ではなく、自分の実力不足で労働時間が長くなっている場合は、転職せずに今の環境で努力していくことをおすすめする。

というのも、活躍できない人材は環境を変えてもなかなか花は開かない。一つの場所で何かスキルアップし、自分の業務効率を改善してからでないと、転職したとしてもメリットは得られない。

自分の実力不足を認めるのは苦しいが、周りと比較して判別しよう。

12時間労働に見合う内容かを省みよう

12時間労働と何度も記載してきたが、何時間働くか、どう働くかは全て手段でしかない。

自分の描きたいキャリアから逆算したときに、その働き方に意味があれば続けるべきだし、意味がないなら転職して環境を変えるべきである。

もしすでに、今の環境を変えるべきだと思っている人がいれば、転職活動はなるべく早くスタートさせよう。

おすすめは、まずビズリーチに登録することだ。企業とエージェントからスカウトを受け取ることができるので、自分がどんな市場価値なのかを客観的に知ることができる。

これまでの12時間労働が評価されて、スキルがあると見なされれば良いが、その逆も大いにありうるので、自分の評価を冷静に知ろう。

なお、求人サイトに登録した後は、エージェントにも登録しよう。転職市場は水物なので、情報がかなり流動的だ。必ず、エージェントに登録して情報をキャッチアップしてほしい。とはいってもサービスは複数あるので、下記から自分に当てはまるものを選んで活用するのが良いだろう。

まず、コンサルから転職したい方は、キャリアインキュベーションに登録してキャリアアドバイザーの面談を受けてほしいJACリクルートメントはハイクラスの転職に強いので、年収アップを同時に成し遂げたい人におすすめだ。

転職先の業界に見当が付いていない人は、日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェントに相談してみよう。

いずれのエージェントも経験豊富なので、あなたの転職をしっかりサポートしてくれるはずだ。

ぜひ活用してみてほしい。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。