キャリア相談室

年間休日110日の企業へ転職すべきか?

企業によって年間休日数が異なっていることをご存じだろうか?また、現在の会社に就職もしくは転職した時に、年間休日数を確認しただろうか?

企業によって年間休日数は、110日、120日、130日等と異なっている。では、年間休日110日は多い方なのか、それとも少ないのか?

これから転職しようと検討している企業が、年間休日110日以下だとすれば、週休2日はとれるのか?年末年始は休めるのか?など、本当にその企業であなたの理想とする働き方ができるのか、考えてほしい。

もし、ワークライフバランスを重視するのなら、転職先の再検討を勧める。まだ登録をしていないのならビズリーチに登録してほしい。

ビズリーチは優良企業の求人を確認したり、企業や転職エージェントからのスカウトを受けたりでき、自分の市場価値を知ることもできる。

また、数ある転職エージェントの中でも、

・日本一の転職支援実績を持つリクルートエージェント

・優秀層に強いJACリクルートメント

・コンサルに強いアクシスコンサルティング

等、自分の志向に合ったキャリアアドバイザーと面談するのも有効な手段だ。

ビズリーチにはまず登録し、その上でいくつかのサービスを併用していただきたい。

年間休日110日は少ないのか

厚生労働省の平成 30 年就労条件総合調査によると、平成 29 年の年間休日総数の1企業平均は 107.9 日、労働者 1 人平均は 113.7 日となっている。

大手企業や優良企業などでは、年間休日125日~130日という所も存在するため、年間休日110日は決して多くないといえる。

年間休日110日の場合、週休2日は実現するのか

1年は52週で、週に2日休むと、52週×2日=104日となり、110日以内におさまる。ただし、週休2日にしてしまうと、残り休日数はたったの6日だ。

つまり、年間休日が110日の場合、週休2日以外は、祝日や年末年始、お盆を合わせても取得できる休日はたったの6日しかない。

つまり、週休2日で働くと、年末年始4日、お盆休み2日とすると、2019年に19日ある祝日は全く休めなくなる。

あるいは、隔週週休2日制(1か月のうち2回土曜出勤など)の場合は、隔週で土日のどちらかを出勤する代わりに、祝日はカレンダー通りに休むことができ、年末年始とお盆休みを1週間ずつ取ることができる。

なんとなく、十分休めるような錯覚を覚えるが、隔週で6連勤の週があることを忘れてはならない。

また、110日を超えて休みたいときには、自分の有給休暇等を使用して休むことになるが、もともと年間休日が110日と少なめな職場では、希望通りの有給休暇を取得するのは難しいだろう。

年間休日110日は法律面からみて問題はないのか

年間休日110日は法律上の問題はない。法律上、年間休日がどう扱われているか以下に述べる。

年間休日とは

「年間休日」とは、労働基準法で定められた「法定休日」のほかに、企業が独自に定める「法定外休日」を含んだ、1年間の合計休日数をさす。

法律に基づく休日の種類

法律で定められた休日には以下の種類がある

・法定休日

・法定外休日(所定休日)

・振替休日

・代休

法定休日とは

法定休日とは、労働基準法によって、会社が社員に対して必ず与えなければならないと定められている、週1日の休日だ。ただし、変形休日制を導入している会社の場合は、1ヶ月に4回の休日を与えればよい。

しかし、「36協定を締結すること」と、「割増賃金(休日手当)を支払うこと」の2つの条件を満せば、社員の法定休日の出勤が可能となる。

36協定とは、会社と社員の間で締結される労使協定のことで、これが締結されることで、本来なら違法になる「残業」や「休日(法定休日)出勤」が可能となる。

法定外休日(所定休日)とは

法定外休日とは、法定休日以外の、会社が社員に与えることを決めている休日だ。法定外休日は、労働基準法での定めはなく、会社が雇用契約や就業規則によって決めている休日だ。

週休2日制における法定休日でない方の休日や、国民の祝日、会社の創立記念日、お盆や年末年始の休日などが法定外休日だ。

法定外休日に勤務した場合は、法定休日に勤務した場合と異なり、割増賃金は支払われない。

事前に休日を指定される振替休日

振替休日とは、休日出勤の前日までに振替日を指定し、社員に伝え、休日と労働日を入れ替えることを指す。代わりの休日が同じ週内であれば、法定休日の割増賃金が発生しない。

事後に休日を与えられる代休

社員を休日労働させた場合に、後から代わりの休日を与えることを指す。代休として与えた日は、賃金が発生しないが、休日出勤の事実は変わらないため、働いた休日の割増分の賃金は発生する。

年間労働日数は法律で定められているのか?

結論から言うと、労働基準法では年間休日についての定めはない。ただし、1週間での休日数と労働時間の定めがそれぞれあり、それを基準に年間休日数を算出すると105日となる。

休日については、「週1日以上の法定休日」の取得が労働者の権利として定められており、最低でも年間休日は52日以上は与える必要がある。

ただし、労働時間については「週40時間」までと定められているため、1年間の労働時間の上限から労働日数、休日数を計算すると以下のようになる。

1年間は52週のため、1年間の労働時間は、

40時間×52週間=2080時間

1日8時間労働とすると、1年間の出勤日は、

2080時間÷8時間=260日

1年間365日のため休日数を計算すると、

365日―260日=105日

となり、最低限の年間休日数は105日となる。

なお、労働時間に関しては最大が1日8時間と決められているものの、それ以下では問題ないため、一日の労働時間が短い場合は年間休日日数は105日より少ない場合もある。

年間休日110日はきついのか

年間休日110日の生活とはどのような生活か

先にも述べたように、年間休日110日の場合は、「週休2日をとれたとしても祝日は基本出勤」もしくは「隔週週休2日で祝日は休める」のいずれかのことが多いが、いずれにしても、3連休はとりにくいだろう。

そのため、ゆっくりと旅行に行ったり、身体を休めたりするのが現実的には厳しいといえる。

また、隔週週休2日制や、シフト勤務制のことが多く、生活のリズムを整えるのが難しい場合もある。

年間休日130日の場合と比較

一方、年間休日130日となると、土日祝日をすべて休むことができ、さらに年末年始とお盆で7日休むことが可能だ。しっかりと休日を取ることができる、休日については、かなり働きやすい優良企業といえる。

年間休日が130日あれば、旅行等、自分や家族のための時間を作ることも難しくない。

もし、年間休日110日の生活が、あなたの思い描いているような生活ではないのなら、年間休日数に注目して転職先を検討するのがよい。

その際にはまずビズリーチに登録して、さらにハイキャリア求人・グローバル求人や、収入アップのサポートに強いJACリクルートメント、コンサル狙いならアクシスコンサルティングなどのエージェントを併用してほしい。

どんな企業が年間休日110日なのか

企業規模は中小企業

年間休日110日の企業は、従業員数299人以下の中小企業がほとんどだ。

厚生労働省の平成 30 年就労条件総合調査によると、企業平均年間休日総数を企業規模別にみると、

・「1,000 人以上」が 114.9 日

・「300~999 人」が 112.5 日

・「100~299 人」が 110.3 日

・「30~99 人」が 106.4 日

となっている。

産業別にみると、サービス業や不動産、医療など

産業別にみると、企業平均年間休日総数が110日程度の業種は、複合サービス事業が110.4日、サービス業が109.0日、不動産業が109.6日、医療・福祉業が109.4日だ。

なお、企業平均年間休日総数が最も長いのが118.8 日の「情報通信業」及び「学術研究,専門・技術サービス業」、一方で「宿泊業,飲食サービス業」が 97.1 日で最も短くなっている。

編集後記

これまで述べてきたように、年間休日110日は十分な休日数とは言えない。休日をしっかり確保できる企業への転職を望むならば、年間休日数をはじめとする待遇や職務内容、内情を把握している転職エージェントを活用することを勧める。

まずはビズリーチに登録しておこう。ビズリーチは優良企業の求人を確認したり、企業や転職エージェントからのスカウトを受けたりできる。

ビズリーチを通じて接点を持った転職エージェントの中から、自分が望むスタイルでの支援を得られる転職エージェントを選び、継続して転職の支援をしてもらうのがよい。

ほかにも、日本で最も多くの案件を取り扱っているリクルートエージェントもおすすめだ。エージェントの質が高いので、よりよい転職活動を進めることができる。

外資系企業を中心に見たいのであればJACリクルートメントに登録しておくと、ハイキャリア向けの求人情報を得られる。

コンサルティングファームを見たいという人であれば、アクシスコンサルティングで対策を進めよう。

いずれもビズリーチと併用して使うと良いだろう。今日は以上だ。

2019年11月の転職トレンド

企業は10月に下期の採用を終えて体制が整い、今の時期は求人情報としては凪の状況であるという向きもある。11月の採用決定者数は、数字としては低調になっているのが事実だ。

転職希望者も、上半期末や下半期初の繁忙期を終えて一息つき、転職活動をなかなか始めない。実際に、転職メディアの閲覧数は、11月は決して多くない。

だからこそ、実は、11月に転職活動を休む、年末年始休みまで転職活動を始めなくていい、というのは誤りだ。管理職や、チャレンジングなポジションの転職を望む人がいれば、少なくとも情報収集は、確実に11月から開始したほうがいい。

日本の企業の多くは3月決算だが、上期の業績の着地結果が固まるのは今、11月の始めである。企業側では、業績の着地結果を踏まえて事業計画を修正し、下期の業績達成に向けて動き出していく。

業績を達成するため、欠員を急いで補充するケースもあるが、逆に、チャレンジが必要なプロジェクトで、クリティカルに必要な人を採用するので、重要な求人ポストの募集が意外と始まる時期なのが11月だ。

中途入社は4月がピークだが、重要なポジションは採用決定まで時間がかかる。重要なポジションを4月に確実に充足させるため、先行して、とりわけ非公開ポジションの募集を始める会社も多い。 重要なポジションは数も少ないので早い者勝ちだ。あっという間にクローズするので、多くの転職希望者が気付かない間に、募集が終わっていくのである。

→ビズリーチなどの転職サイトにまずは登録し、経験豊富なプロのエージェントに、非公開ポジションの情報を、直接ヒアリングすることをおすすめする。

11月のトレンドは、以上だ。

筆者のお勧め転職サービス

1位 ビズリーチ キャリアアップを考えるのであれば、まずは必ず登録すべき転職サイトだ。大手企業の特別求人やベンチャー企業の幹部求人などが多く掲載されており、求人の質が段違いに良い。また、多くのヘッドハンターやキャリアコンサルタントが登録しており、スカウトメッセージが届くこともある。自分の市場価値を知ることに繋がるので、直近での転職を検討していない方も登録すると良い。

2位 JACリクルートメント ハイキャリアに特化した転職エージェントであり、年収アップに繋がる転職支援に定評がある。年収が500万円以上の方や、その給与帯を目指したい方は登録すべきだろう。特に、年収1000万円前後の転職では日本有数の実績を有している。まずは、レジュメを登録し、キャリアコンサルタントとの面談に参加してほしい。
また、JACリクルートメントに相談した人へのインタビューは→こちら

3位 リクルートエージェント 日本一の実績を有する転職エージェントである。案件数が多いので、市場の情報を網羅的に収集することができる。また、キャリアコンサルタントへの教育が行き届いているため、どのキャリアコンサルタントが担当になっても、安定して質の高い支援を受けることができる。特に、若手でこれから実績を積んでキャリアアップしたい方は、必ずキャリアコンサルタントとの面談に参加すべきだ。

4位 アクシスコンサルティング お勧め度は4位としたが、コンサルティングファームに転職したい方には、一番お勧めしている転職エージェントだ。コンサルティングファームへの転職では日本有数の実績を有しており、主要なファームのほとんどと取引している。特に、事業会社に在籍するコンサル未経験者の支援には定評がある。どのファームでどのような選考が行われ、どうすれば合格できるかを熟知しているので、コンサルティングファームへの転職を視野に入れている方は面談に参加すると良いだろう。

5位 パソナキャリア 日本有数のHR企業であるパソナの転職支援サービスだ。丁寧な候補者支援に強みを有しており、候補者の性格や気持ちを理解しながら、ホスピタリティの高い転職支援を行ってくれることだろう。案件数はリクルートエージェントよりやや少ないが、仕事が丁寧で、自分に合った求人を丁寧に紹介してもらうことができる。他のエージェントの面談に参加し、違和感を感じた方には特にお勧めできるエージェントだ。