20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

アクセンチュアへの転職を検討している方向けに参考になる記事紹介

当サイトではアクセンチュアの転職に役立つ情報を多数配信してきた。その中でも転職をする際に参考にしてほしい当サイト内の記事を紹介させていただく。転職者の多い大企業なので参考にしてほしい。 これまで多くのアクセンチュアの方にご協力いただいたので…

京都のベンチャー企業の経営者10人を紹介

今回は、京都のベンチャー企業の社長について取り上げる。京都は独特な歴史的背景を持っていたり、学生が多いこともあってかベンチャー企業が多い。今回は、そのようなベンチャー精神あふれる京都に本社を置いているベンチャー企業の所在地と社長を紹介して…

転職サイトのプロフィールをきちんと埋める人と埋めない人の違い

転職サイトをユーザー側でも採用側でも利用することがあるが、転職サイトのプロフィールについて気になる点があったので書かせていただく。 転職サイトのプロフィール1つで大きくスカウト内容が変わってくるので注意してほしい。 職歴、経歴が充実している…

企業の3トップは全員起業家。Yahoo!Japan出身の起業家10人の経歴を調べてみた

今回は、Yahoo!Japan出身の起業家について取り上げる。日本の大手IT企業であるYahoo!Japanを経て起業する人は数多くいる。今回は、新卒・中途に関わらずYahoo!Japanに入社したのちに起業している人たちを紹介していく。 多分野での経験を経てIT起業家に転身…

転職の引き留めには応じるな!

転職活動をして、オファーをもらい、今いる企業に退職の意向を伝えることがあるだろう。退職の意向を伝えたときに、会社は引き留めをしてくる。今の時代、人が足りていないため、少しでも辞めてもらいたくない、少しでも長く働いてほしいということで、引き…

年収550万円を目指す転職を考えていこう

年収550万円を目指すのは、20代の間であれば現実的な額である。年収550万円に到達することで、見えてくる景色も変わってくる。今回は、年収550万円に到達するために必要なことを考えていきたい。特に、年収500万円前後で停滞している人は、必ず読んでみてほ…

職種を変えずに業界を変えて年収アップする転職のすすめ

転職で年収をあげたいという人は多いだろう。この転職活況の時代においても、転職を成功させることは、なかなか容易なことではない。転職を成功させて、かつ年収をアップできるようにするには、どうしたらよいか考えたい。ターゲットとしては、20代中盤から3…

年収1,000万円を20代のうちに実現するために行うべきこと

年収1,000万円に到達したい、できれば早いうちに、具体的には20代に達成したいと考えている人も多いことだろう。では、20代で年収1,000万円を超える方法について考えてみよう。いつもとは少し違う視点で考える。 20代で年収1,000万円を稼ぐ人が増加 転職して…

外資系企業は、すぐクビになるわけではないと理解しておこう

外資系企業に転職をすすめることが、多いのだが、外資系への転職を躊躇する人が多い。日系しか経験していない人にとっては、外資系企業は得体のしれない危ない橋をわたるようなものとしてとらえられている。アクセンチュアをはじめ外資系が根付いている昨今…

外資系で英語ができない人が増えているのは危機だ

外資系企業は採用人数が増えてきている。特にアクセンチュアは、日本法人の社員だけで1万人を超えてきた。日本人の比率が高い外資系企業では、日本語しかできず英語がほとんどできない人が増えてきている。外資系企業に勤務しているのにも関わらず、英語に対…

キャリアの順張り戦略と逆張り戦略に関する考察

新卒でベンチャーか大企業か、中途で大手からベンチャーに転職すべきかという相談をよく受ける。~すべきという議論で語ることはそもそも不可能だが、キャリア選択のうえで、順張りと逆張りをどこですべきかについて考えてみた。 迷ったら順張り戦略 かつて…

自動車業界担当の転職エージェントが語る自動車業界の未来と転職事情

人材紹介会社パーソルキャリアの現役社員へのインタビューだが、担当している自動車業界に関する話が面白かったので、特別編ということで自動車業界に特化したインタビューを掲載する。自動車業界の人、また家電メーカーやIT業界のエンジニアにも見てほしい…

ベンチャー企業に転職して、取締役、役員になる方法

ベンチャー企業転職は盛んに行われるようになってきた。その背景には、ベンチャー企業の幹部として経営に携わりたいというニーズが多い。 自分で起業するほどのアイデアはないが、大企業で出世を待つよりも早い段階から経営経験を積みたいというニーズだ。こ…

第二新卒を採用する大手優良企業

第二新卒を採用する大手優良企業 新入社員の約三割が三年以内に退社している現状のなか、第二新卒として就活をする人はとても多い。 企業においても第二新卒を受け入れているところも多々あるのだが、新卒に比べてその情報が圧倒的に少ないのが現状だ。 そこ…

転職で気を付けてほしい、ベンチャーで給料が高い会社と給料が低い会社の違い

ベンチャー企業転職の際に気になるのは、年収だろう。ベンチャー企業でも年収が高い企業とそうでない企業がはっきりしている。人数規模や業種が近いにも関わらず、企業間で大きな年収差がある事例がある。 こうした給与差が発生する原因について考察していき…

総合系ファームに転職するのはアリなのか

総合系ファームは戦略ファームの対義語的な使われ方をすることもある。 戦略系ファームは依然としてマッキンゼーやベインをはじめ人気であるが、総合系ファームも負けず劣らず転職者に人気である。 しかし最近、総合系ファームは質が落ちてきていると言われ…

「日本は高齢化社会の成功モデルを作るところ」外資系食品メーカーのマーケターへインタビュー

外資系メーカーは新卒、中途を問わず人気のある業界である。今回は、外資系食品メーカーで新卒から活躍する方に取材を実施した。特に飲食に関わる領域の製品に関してのマスマーケティングやECの考え方について深く迫った。 どのような背景で入社を決めたのか…

激務の仕事から逃れる方法

近年、激務を敬遠するのがあたりまえの風潮になってきた。激務が好きでコンサルティングファームで働いているドMはそうそういないことだろう。激務の仕事に従事している人が現在の仕事から逃れる方法について考えてみた。 激務の定義 コンサルは激務なのか …

大手人材紹介会社DODA(パーソルキャリア)の現役社員に聞いた成功する転職の方法

大手人材会社は、リクルートエージェントを運営するリクルートキャリア、DODAを運営するパーソルキャリア(旧インテリジェンス)、JACリクルートメントが存在する。今回は、業界第2位であるパーソルキャリアの現役社員に大手転職エージェントの裏事情を聞いて…

転職に失敗したら、すぐに意思決定をしよう

はじめての転職活動を経験した人にありがちなのが転職失敗だ。だれしも、転職の失敗をしたくないだろうが、転職活動、特に1回目で失敗をする人は非常に多い。そこで転職活動に失敗して、次の転職をすべきかどうか考えている人にメッセージを送りたい。意思決…

マーケティングの仕事に転職したい人に読んでほしい「転職の教科書」

「マーケティングの仕事がしたいです」と相談に来る人が多い。 こうした人たちはマーケティングの仕事をしたことがなく、外回りの営業をしていたり、経理をしていたり、とマーケティングの仕事を理解しないまま応募に来ることが多い。昨今、転職市場でホット…

NTTデータ出身で活躍する11人のキャリアをまとめた

今回は、NTTデータ出身で活躍する起業家など11人をまとめてみた。 IT業界の最大手であるNTTデータには、優秀な人材も多く、転職してからも様々に活躍されている。IT業界への就職を考えている方や、現在IT業界で働いている方などは、ぜひ参考にしていただき…

地方勤務ながらグローバルに働く機会がまわってくるYKKの社員が伝える地方勤務の良さ

有名大学は東京に集まっていること、また有名企業の本社が東京にあるため多くの人は東京で就職する。だが、トヨタ、ファナック、キーエンスといった、拠点が東京でない有名企業は存在する。今回は、北陸地方に拠点を持つグローバルメーカーであるYKKの現役社…

増えつつある金融業界から人材業界への転職

金融業界は、都市銀行を中心に離職者数が確実にあがっている。パワハラやブラック企業の実態が世の中に広まったことから、自分がはたらいている金融や生保はおかしい会社だと気づき転職の行動に移す人がふえてきた。転職先として人材業界が増えているのでお…

第二のリクルートとなるか?Google出身の起業家、10人の経歴を調べてみた。

今回は、Google出身の起業家について取り上げる。Googleを経て起業する人は増えていて、彼らは様々な分野で活躍している。今回は、新卒・中途に関わらずGoogleに入社したのちに起業している人たちを紹介していく。 博報堂、Googleを経て、会計ソフトのfreee…

「マーケティングではテレビCMの影響力はまだ大きい」電通マンと外資系メーカーのマーケターによるマーケティング対談(後編)

中編では、広告代理店と事業会社の間の関係について対談していただいた。第3弾となる後編では、電通や外資メーカー転職や新たなマーケティングの手段に対する考え方や、マーケティングに興味を持つ方へのメッセージを語っていただく。3回にわたってお届けす…

「広告代理店に丸投げする事業会社も」電通マンと外資系メーカーのマーケターによるマーケティング対談(中編)

前編では、広告代理店と事業会社のマーケティングの違いについて対談していただいた。電通の社内組織やクライアント側のマーケティングの動きについて語った。中編では、広告代理店と事業会社の間の関係について対談していただく。 前編はこちらから プロフ…

「広告代理店と事業会社のマーケティングの違いを意識せよ」電通マンと外資系メーカーのマーケターによるマーケティング対談(前編)

マーケティングに携わりたいという人は、新卒でも中途でも非常に多い。今回は、マーケティングを担当するにあたって、関わる立場でどう違ってくるのかについての対談をご覧いただこう。電通社員からはyuuu氏、外資系企業のマーケター側からはsym氏に、それぞ…

長期的な自分のキャリアアップにつなげるための本10選

学業であったり、仕事であったりで忙しいと、どうしても世の中の流れを考える機会は減っていってしまうのではないだろうか。 学生であれば自分の専門分野の専門書しか読まなくなるし、社会人であってもなんとなく周囲が読んでいるからという理由だけで日経新…

出戻り転職をするのはアリか

日系大手企業では、あまりなじみがないかもしれないが、コンサルティングファームや、ベンチャー企業では一度辞めた退職者が出戻りしてくるパターンがある。なぜ人は出戻りするのか、そして出戻り転職するのはキャリア形成上、大丈夫なのか考えてみた。 「出…