20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

なぜあなたは良い転職エージェントに出会えないのか

転職エージェントは転職をするうえで重要な役割を果たしている。しかし、ろくな転職エージェントに出会えないと嘆く人も多い。

他の記事でも言及しているが、人材業は業界としてのレベルが高くないために優秀な人が多くないのは事実だ。

一方で、候補者目線で、優秀な転職エージェントも多くいる。一定数の優秀な転職エージェントがいるにも関わらず、なぜ優秀な転職エージェントに出会えないのか書いてみた。

良い転職エージェントの定義

良い転職エージェントは、求職者のニーズを汲み取り、キャリアアップを果たす求人を適切に提示できる転職エージェントだ。求職者がどのような悩みや、野望を持って転職したいと考えているかを適切に把握する必要がある。

求職者の転職における課題を特定せずに一方的に求人紹介をする転職エージェントが多すぎると感じている人もいるだろう。

 課題を把握したうえで、ステップアップできる確実な選択肢、そしてチャレンジになるかもしれないが届くかもしれない選択肢、今は届かないが、修行したら近い将来届くかもしれない選択肢それぞれを提示できるとよい。

 転職エージェントは目の前の売上に追われがちで、長期的なキャリア形成について考えることができていないことは事実である。

もっと深く定義すると、良い転職エージェントは、求職者の長期的なキャリアの希望から逆算し、特定した課題をもとに今はどのような転職活動をすべきかを提示できる人である。

転職決定数が多い=良い転職エージェントではない

転職決定数が多い転職エージェントというキャッチフレーズを見て、相談にいったが、よい相談にならなかったこともよくあるだろう。

転職決定者数が多い転職エージェントは求職者の課題を特定するのが上手いのではなく、転職する気にさせることと、企業の面接対策が上手い人とも言い換えられる。

求職者の悩みに本当に答えてあげている、転職決定者数が多い転職エージェントも多いが、全員がそういうエージェントではないことを覚えておこう。

 ただし、人材会社の経営者目線でいくと、転職決定者数が多いエージェントは良い転職エージェントであることは間違いない。

 

転職エージェントにやる気を出させるかどうかも重要

さて、良い転職エージェントに出会えないと嘆いている人のなかには、実は有能な転職エージェントと会っているが、そのことに気づけていない人もいる。

そうした場合は、転職エージェントにとって、あなたの重要性が低くなっていることが多い。

原因としては、転職したいという気持ちが伝わらなかった、どこも受かりそうになかった、転職の軸がぶらつきすぎて転職まで時間がかりそうだと思われた、単純にあなたのことが好きになれなかったと理由は様々だ。

 転職エージェントも人間なので、どうしてもサポートしたいと思う人がいたら利益を度外視してでも転職支援をしてあげるものだ。

転職エージェントは人のキャリアを支援することが好きなので、人のキャリアに影響を与えることができたら、仕事の達成感につながる。そうした達成感につながる存在にあなたがなれるかどうかは重要だ。

 転職エージェントにやる気を出させるように、自分をアピールしていってほしい。特に最初の面談で、ただ受け身になるだけにはならないでほしい。

 転職エージェントとのコミュニケーションで気を付けるべきこと

気を付けるべき点は、腹を割って話すことだ。ただ、これは求職者にとって難しいという意見ももっともである。

どこの馬の骨かよくわからないのに、自分のプライバシーを詳細に話すのは嫌だという思いもあるだろう。

最初会ったとき、もしくは話したときに、できるだけ気持ちを伝えてバックグラウンドを話すようにしてほしい。

 転職エージェントも人事業もそうなのだが、それらに従事している人達は求職者があまり腹を割って本音で話していないというのはすぐに見抜くことができる。

そうした場合の多くは、すぐに連絡を取らなくなったり、内定を辞退したりと良い結果が待っていることは少ない。

 最初から腹を割って、気持ちをぶつけてくれる人には、こちら側もぶつかっていこうとするものだ。徐々にでよいので、コミュニケーションを重ねていくことで距離を縮めていってほしい。

優秀な転職エージェントは距離を縮めようと努力している。そうした努力に応じてあげる気持ちがあれば応えてあげるとよい。

 良い転職エージェントを探すうえでの心構え

良い転職エージェントを探すには時間がかかることを覚えておいてほしい。転職エージェントはたくさんいて、ある人にとっては相性がいい、ある人にとっては全然会話が成り立たないということはある。

どうしても自分にとってぴったりの転職エージェントを探すのは時間がかかる。よって、できるだけ多くの転職エージェントに会おう。

 大手の転職エージェントや、友達の紹介、転職サイトとあらゆるコネクション を使って自分に合いそうな転職エージェントを探すとよい。

必ずしも年齢が高いベテランがいいというわけではなく、現在の自分のフェーズにあわせた悩みをきちんと理解してもらえるエージェントであるかどうかを探すときのポイントにしてほしい。

f:id:daremotsukawanai:20180515200259j:plain

 転職したい業界が決まっているなら、業界特化のエージェントを

転職したい業界が決まっているならば業界特化型の転職エージェントがいるので探してほしい。

コンサルティング業界ならコンサル業界に特化したエージェントを使うとよい。

またコンサル特化型のエージェントでも未経験からのコンサル転職やコンサルからコンサルの転職、若手のコンサル転職といった分野が分かれているためそれぞれ強みが分かれる。

 投資銀行でも、メーカーでもITでも専門分野が分かれているので、転職したい業界が決まっているならば特化型のエージェントを探そう。

特化型のエージェントを5,6社回れば必ず自分にフィットするエージェントに出会えるはずだ。

 キャリア相談なら、年齢の近い転職エージェントを

そもそも転職すべきか、またとりあえず転職したいがどの業界に転職すべきか迷っている人もいるだろう。

その場合は、ざっくばらんな転職相談になる。

こうした際は、自分と年齢の近い転職エージェントに何人か会ってほしい。自分と年齢が近いほうが、バックグラウンドをある程度共有できるため、話がはずみやすい。

転職エージェントを使うメリットは、キャリアの選択肢を教えてもらい、自分の可能性を知ることなので、年齢の近い転職エージェントにそうした選択肢を聞こう。

 極端な例になるが、昔、都市銀行に入行した人と、5年前に都市銀行に入行した人ではキャリアパスが違う。昔はエリートが多く転職もしやすかったが、今の都市銀行入行組は先が厳しい。

 年齢の近い転職エージェントは、あなたの時代に沿った理解者であるのでお役に立つだろう。ベテランには無い良さがあることもあるので覚えておいてほしい。

 超優秀なヘッドハンターがあふれる場所(企業)

超優秀といっていいか分からないが、すさまじい経歴を持つ人達がヘッドハンターとして所属する企業がある。

コーンフェリーやスペンサースチュアート、ラッセルレイノルズ、コーンフェリーといった企業はヘッドハンター(転職エージェント)自体の経歴がエリートで、転職相談も気軽に受け入れてくれない。

 企業からピンポイントで相談を受けて、ぴったりな人をヘッドハントすることを生業とすることが多い。若手だと相手にされないので、声がかかるまで待とう。

 良い転職エージェントは転職サイトで出会え

良い転職エージェントに出会うためにはビズリーチを使えと口を酸っぱくして言っている。優秀な転職エージェントはほぼ全員100%ビズリーチを使っている。

ビズリーチでは、質の高い求職者に出会えるので優秀な転職エージェントが集まるようになっている。そのためビズリーチは必ず利用しよう。またビズリーチを利用したことがあればキャリアカーバーを利用してほしい。

 業界特化型の転職エージェントの事例も挙げておくと、コンサルティング業界ではアクシスコンサルティング、ITエンジニアであれば、Forkwell Scout、外資系であれば初心者にはJACリクルートメント、中級者以上には、ロバート・ウォルターズ、マスコミなら【マスメディアン】といったところに相談しよう。

 まずはビズリーチに登録してほしい。今日は以上だ。