20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

将来期待される上位28社のスタートアップ社長の経歴とは

日本には成長し続ける、未上場企業が多く存在する。今回は、日本ベンチャーキャピタル協会、ベンチャーキャピタル各社の108社が選んだ、将来成長が期待される企業価値30億円以上のスタートアップ企業の1-28位の社長を取り上げましたのでご覧いただきたい。

(選出ソース:企業価値、22社が100億円以上 NEXTユニコーン調査 :日本経済新聞

東大卒、ディープラーニングを使用した企業の設立者

氏名: 西川徹
出身大学:
東京大学情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻

現在の肩書:
プリファード・ネットワークス 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
深層学習の産業応用
設立年:
2014年3月1日
従業員数:
100
職歴:


コメント:
東京大学大学院情報理工学系研究科コンピュータ科学専攻修了。第30回ACM国際大学対抗プログラミングコンテストで世界大会19位。大学院在学中の2006年に、株式会社Preferred Infrastructureを設立し、2014年に株式会社PreferredNetworksを設立。
参照元

世界のメルカリへ

氏名: 山田進太郎
出身大学:
早稲田大学教育学部

現在の肩書:
メルカリ 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
フリマアプリ運営
設立年:
2013年2月1日
従業員数:
230
職歴:
ウノウ株式会社

コメント:
早稲田大学教育学部卒業後、2001年にはウノウ株式会社を設立。2010年にウノウ株式をジンガに譲渡し、2012年に退職。その後、2013年にメルカリを設立。
参照元

Sansanの経営者は総合商社出身

氏名: 寺田 親弘
出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
Sansan 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
クラウド型名刺管理
設立年:
2007年6月11日
従業員数:
300
職歴:
三井物産株式会社

コメント:
1999年大学卒業後、三井物産に入社。情報産業部門に配属。その後、米国シリコンバレーに転勤となり、Mitsui Comtek社に勤務。2007年に三井物産を退職し、Sansan株式会社を創業。
参照元

住友銀行、慶應の教授を経て社長へ

氏名: 吉田 博一
出身大学:
慶應義塾大学法学部

現在の肩書:
エリーパワー 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
リチウムイオン電池
設立年:
2006年9月28日
従業員数:
334
職歴:
住友銀行
慶應義塾大学大学院教授
コメント:
1961年に慶応義塾大学法学部卒業後、住友銀行に入社。同行副頭取、住銀リース社長・会長を慶應義塾大学大学院教授を経て、2006年にエリーパワーを設立。
参照元

博報堂、Googleを経てクラウド会計事業開始

氏名: 佐々木 大輔
出身大学:
一橋大学商学部

現在の肩書:
フリー 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
中小企業クラウド会計
設立年:
2012年7月
従業員数:
400
職歴:
博報堂
CLSA キャピタルパートナーズ
コメント:
一橋大学商学部卒。データサイエンス専攻。卒業後は博報堂にて、マーケティングプランナーとなる。その後、未公開株式投資ファームCLSA キャピタルパートナーズでの投資アナリストを経て、株式会社ALBERTの執行役員に就任。2008年にGoogle に入社。2012年freee株式会社を創業。
参照元

タフツ大学、モルガンを経て有名転職サイトを起業

氏名: 南 壮一郎
出身大学:
米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部

現在の肩書:
ビズリーチ 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
転職サイト運営
設立年:
2007年3月
従業員数:
900
職歴:
モルガン・スタンレー証券
PCCWグループ
コメント:
1999年に米・タフツ大学数量経済学部・国際関係学部の両学部を卒業。モルガン・スタンレー証券株式会社に入社し投資銀行部においてM&Aアドバイザリー業務に従事。その後、香港・PCCWグループで日本・アジア・米国企業への投資を担当し、日本支社の立ち上げに参画。2004年に、東北楽天ゴールデンイーグルスの創業メンバーとなる。2007年に株式会社ビズリーチを創業。
参照元

20歳で中古車販売業を起業した社長

氏名: 山﨑 敦義
出身大学:


現在の肩書:
TBM 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
石灰石で新素材開発
設立年:
2011年8月30日
従業員数:
82
職歴:


コメント:
中学卒業後、大工になる。20歳に中古車販売業を起業。30代になり、グローバルで勝負が出来て100年後も継承される人類の幸せに貢献できる1兆円事業を興したいと思い、その答えはストーンペーパーであった。2011年に株式会社TBMを立ち上げる。
参照元

高校在学中からトレーなとして活躍する起業家

氏名: 溝口 勇児
出身大学:


現在の肩書:
FiNC 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
健康サービス
設立年:
2012年4月11日
従業員数:
240
職歴:


コメント:
高校在学中からトレーナーとして活動し、延べ数百人を超えるトップアスリート及び著名人のカラダ作りに携わる。また、業界最年少コンサルタントとして、数多の新規事業の立ち上げに携わり、数々の業績不振企業の再建も担う。2012年4月にFiNCを設立。
参照元

慶應、A.T.カーニーから有名なネット印刷会社を設立

氏名: 松本 恭攝
出身大学:
慶應義塾大学商学部

現在の肩書:
ラクスル 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
ネット印刷、物流
設立年:
2009年9月1日
従業員数:
120
職歴:
A.T.カーニー株式会社

コメント:
2008年に慶應義塾大学商学部卒業しA.T.カーニー株式会社入社。2009年にラクスル株式会社設立。
参照元

核酸医薬品を開発した社長

氏名: 林 宏剛
出身大学:


現在の肩書:
ボナック 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
核酸医薬品開発
設立年:
2010年2月1日
従業員数:
26
職歴:


コメント:

参照元

東大、ゴールドマン・サックスから仮想通貨取引所を起業

氏名: 加納裕三
出身大学:
東京大学大学院工学系研究科

現在の肩書:
ビットフライヤー 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
仮想通貨取引所の運営
設立年:
2014年1月9日
従業員数:
81
職歴:
ゴールドマン・サックス証券

コメント:
2001 年に東京大学大学院工学系研究科修了後、ゴールドマン・サックス証券に入社。エンジニアとトレーダーの経験を経て、2014年に株式会社 bitFlyerを設立。
参照元

Glenn Skinner Award学部最優秀賞受賞した社長

氏名: 阪根 信一
出身大学:
米国デラウェア大学 化学・生物化学課 博士課程

現在の肩書:
セブン・ドリーマーズ・ラボラトリーズ 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
全自動衣類折り畳み機
設立年:
2014年7月18日
従業員数:
110
職歴:
株式会社I.S.T
スーパーレジン工業株式会社
コメント:
アメリカ・デラウエア大学化学・生物化学科博士課程修了。Glenn Skinner Award学部最優秀賞受賞。その後、株式会社I.S.T取締役、CEOを経 て、2008年にスーパーレジン工業株式会社社長に就任。2011年にseven dreamers laboratories, inc. President & CEOに就任。
参照元

MBA, MSE取得からIoT通信サービス会社を起業

氏名: 玉川憲
出身大学:
東京大学大学院工学研究科修士課程
米国カーネギー・メロン大学
現在の肩書:
ソラコム 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
IoT通信サービス
設立年:
2014年11月1日
従業員数:
40
職歴:
IBM東京基礎研究所
アマゾン・データ サービス・ジャパン
コメント:
東京大学大学院工学研究科修士課程修了。米国カーネギー・メロン大学MBAとMSEを取得。IBM東京基礎研究所でWatch Padの研究開発、IBM Rationalでコンサルティング、技術営業、エバンジェリストなどを経て、2010年、アマゾン・データサービス・ジャパンに入社。2014年にソラコム設立。
参照元

LINEのCEOを経て、女性向け動画配信会社を設立

氏名: 森川 亮
出身大学:
筑波大学
青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程
現在の肩書:
C Channel 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
女性向け動画配信
設立年:
2015年4月1日
従業員数:
100
職歴:
日本テレビ放送網株式会社
ソニー株式会社
コメント:
1989年筑波大学卒業。その後、日本テレビ放送網株式会社へ入社。1999年に青山学院大学大学院国際政治経済学研究科修士課程を修了しMBA取得。その後、ソニー株式会社に入社。2003年にハンゲームジャパン株式会社に入社、取締役、取締役副社長に就任。2007年10月、NHN Japan株式会社(ハンゲームジャパンより商号変更)代表取締役社長に就任。同年11月、ネイバージャパン株式会社設立に伴い、代表取締役社長を兼務。2013年4月、NHN Japan株式会社の商号変更により、LINE株式会社代表取締役社長に就任。2015年に、C Channel株式会社代表取締役に就任。
参照元

セールスプロモーション事業会社も起業したEV会社の社長

氏名: 小間裕康
出身大学:
甲南大学
京都大学大学院
現在の肩書:
GLM 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
電気自動車の開発
設立年:
2010年4月1日
従業員数:
26
職歴:
株式会社コマエンタープライズ

コメント:
1999年に株式会社コマエンタープライズを創業。2000年に甲南大学卒業。その後、2010年GLM株式会社設立。2011年に京都大学大学院修了。
参照元

f:id:Shomo:20171205180650j:plain

マクロミルの創業者でもある社長

氏名: 杉本 哲哉
出身大学:
早稲田大学社会科学部

現在の肩書:
グライダーアソシエイツ 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
キュレーションサイト
設立年:
2012年2月6日
従業員数:
43
職歴:
リクルート
株式会社マクロミル
コメント:
早稲田大学社会科学部卒業後、リクルート入社。営業部、財務、新規事業開発室などを経て独立。株式会社マクロミルを設立。その後、2012 年には株式会社グライダーアソシエイツを設立。
参照元

NY勤務を経て、スマホ投資運用会社を設立

氏名: 中村 仁
出身大学:
関西大学

現在の肩書:
お金のデザイン 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
スマホで投資運用
設立年:
2013年8月1日
従業員数:
35
職歴:
野村証券

コメント:
関西大学卒業後、野村証券入社。支店で営業を経て、野村資本市場研究所ニューヨーク事務所にて金融業界の調査を行う。帰国後、マーケティング部、営業企画部、ウェルスマネジメントのお仕事を経験。2017年に3月に新社長としてお金のデザインに就任。
参照元

新卒でベンチャーに入社した、データ管理会社の社長

氏名: 安部 泰洋
出身大学:
日本大学

現在の肩書:
フロムスクラッチ 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
データ管理サービス
設立年:
2010年4月6日
従業員数:
100
職歴:
ベンチャー企業
株式会社リンクアンドモチベーショ
コメント:
2006年4月に新卒でベンチャー企業へ入社。 入社半年で新規事業責任者に就任し、社長賞、全社MVP賞を受賞。 2008年2月、経営コンサルティング会社である、 株式会社リンクアンドモチベーションへ入社。 2010年4月、株式会社フロムスクラッチ設立し、代表取締役社長に就任。
参照元

研究開発系ベンチャー企業10社を創業した医学部卒社長

氏名: 齊藤 元章
出身大学:
新潟大学医学部
東京大学大学院医学系研究科
現在の肩書:
ペジーコンピューティング 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
省エネスパコンの開発
設立年:
2010年1月27日
従業員数:
20
職歴:

コメント:
新潟大学医学部、東京大学大学院医学系研究科卒業。大学院入学と同時に学外に医療系法人を設立。1997年に米国シリコンバレーに医療系システムおよび次世代診断装置開発法人を創業。2003年に日本人初のComputer World Honorsを医療部門で受賞。研究開発系ベンチャー企業10社を創業経験を経て、2010年に株式会社PEZY Computing設立。
参照元

証券会社を経て、生体認証エンジンを開発

氏名: 久田 康弘
出身大学:
慶應義塾大学

現在の肩書:
Liquid 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
生体認証エンジン開発
設立年:
2013年12月
従業員数:
50
職歴:
大和証券SMBC株式会社

コメント:
慶應義塾大学卒業後、大和証券SMBC株式会社入社。そこでIPOコンサルや企業再生の経験を経て、システムの世界に戻り、複数のベンチャー企業の開発などを実施。2013年に株式会社Liquidを設立。
参照元

楽天デリバリーの立ち上げ、フードデリバリー会社を起業

氏名: 岸田 祐介
出身大学:


現在の肩書:
スターフェスティバル 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
フードデリバリー
設立年:
2009年7月7日
従業員数:
320
職歴:
アパレル卸売企業
楽天
コメント:
アパレル卸売企業の営業の経験を経て、2002年楽天に転職。「楽天デリバリー」の立ち上げや楽天イーグルスの創設に携わる。2009年7月にスターフェスティバルを設立。
参照元

慶應在学中、有名なレシピ動画サービス会社を起業

氏名: 堀江裕介
出身大学:
慶應義塾大学環境情報学部

現在の肩書:
デリー 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
レシピ動画サービス
設立年:
2014年4月
従業員数:
34
職歴:


コメント:
2014年4月、慶應義塾大学環境情報学部在学中にdelyを創業する。同年7月から、フードデリバリー事業をスタートするも、2015年1月にサービス停止。女性向けキュレーションメディア『kurashiru』(クラシル)の運営へと事業転換を図り、2016年2月を境にレシピ動画に特化したメディアへとクラシルをリニューアル。
参照元

MBA, MOT取得、商社出身の社長

氏名: 吉野 巌
出身大学:
慶応義塾大学法学部法律学科

現在の肩書:
マイクロ波化学 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
化学化合物の効率量産
設立年:
2007年8月15日
従業員数:
41
職歴:
三井物産
Reed Global LLC
コメント:
1990年慶応義塾大学法学部法律学科卒業後、三井物産に入社。入社10年目の2002年にUCバークレー経営学修士(MBA)、技術経営(MOT)日立フェロー。退職後、米国にてReed Global LLCやBionol Corpベンチャーやコンサルティングに従事。 2007年8月、マイクロ波化学㈱設立、代表取締役就任。
参照元

何社も企業経験のある、有名なリノベーション会社の社長

氏名: 山下 智弘
出身大学:
近畿大学理工学部

現在の肩書:
リノべる 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
リノベーション
設立年:
2010年4月1日
従業員数:
202
職歴:
リコージャパン株式会社
中山商事株式会社
コメント:
1997年に近畿大学理工学部卒業後、リコージャパン株式会社に入社。1998年に中山商事株式会社 入社。その後、2000年に有限会社東西新風堂に入社。2002年にはデザイン事務所fieldを設立。2004年に株式会社esを設立し代表取締役に就任。2010年にリノベる株式会社設立し代表取締役に就任。
参照元

大学時代からベンチャービジネスを起こした起業家

氏名: 秋好 陽介
出身大学:


現在の肩書:
ランサーズ 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
クラウドソーシング
設立年:
2008年4月1日
従業員数:
160
職歴:
ニフティ株式会社

コメント:
大学時代、インターネット関連のベンチャービジネスを起こす。2005年にニフティ株式会社に入社。2008年4月に株式会社リート(現・ランサーズ株式会社)を創業。同年12月、「Lancers(ランサーズ)」の提供を開始する。ランサーズ株式会社の代表取締役社長に就任。
参照元

GS出身、通信設備シェアリング会社の社長

氏名: 田中 敦史
出身大学:


現在の肩書:
JTOWER 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
通信設備シェアリング
設立年:
2012年
従業員数:
32
職歴:
ゴールドマン・サックス証券

コメント:
ゴールドマン・サックス証券に入社。1999年にイー・アクセス株式会社の創業に参画。2005年にはイー・モバイル株式会社の立ち上げに伴い約4,000億円の事業資金を調達。CFO、経営企画本部長に就任。退職後、株式会社JTOWERを設立。
参照元

香港でインターネット証券の起業した社長

氏名: 林 和人
出身大学:
関西大商学部

現在の肩書:
ワンタップバイ 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
証券業
設立年:
2013年10月31日
従業員数:
50
職歴:
岡三証券本社国際部
香港現地外資証券会社
コメント:
1987年に大学卒業後岡三証券本社国際部入社。1994年に香港現地外資証券会社に転籍。その後、1998年に香港にて取引所参加者のインターネット証券会社を起業。それに続け2002年には、日本初の外国株専業インターネット証券を創業。2012年に退職し、帰国後株式会社One Tap BUY創業。
参照元

マッキンゼー、財務省、東大、ハーバード ロー卒の起業家

氏名: 柴山 和久
出身大学:
東京大学法学部
ハーバード・ロースクール
現在の肩書:
ウェルスナビ 代表取締役社長 最高経営責任者
事業内容:
資産運用サービス
設立年:
2015年4月28日
従業員数:
42
職歴:
財務省
マッキンゼー・アンド・カンパニー
コメント:
東京大学法学部、ハーバード・ロースクール、INSEAD卒業。ニューヨーク州弁護士。日英の財務省に入省。その後、マッキンゼーに入社し東京で1年、ソウルで3カ月、その後はニューヨーク地中心で働く。2015年4月にウェルスナビを創業。
参照元

編集後記:

いかがだっただろうか。これらの代表取締役社長について調べて見ると必ずしも学歴や経歴が一流というわけではない。しかし、各自強い思いをもって企業を創業、継続していることがわかる。

また、1-28位に入る企業からAIやネット関連事業が成長していることが明確である。これらの分野の伸び代が今後も期待できそうだ。大手企業がスタートアップ企業を取り込む動きは続きそうだ。

中途でベンチャー企業に転職したい人には、ビズリーチ等の転職サービスをおすすめしている。上記の企業群の多くが利用している。

クライス&カンパニーは多くのベンチャーに幹部候補として送り込んでいるのでおすすめだ。また、ベンチャーに幹部でいくために一度コンサルを挟みたいという方は、アクシスコンサルティングを利用してほしい。

今日は以上だ。