20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

「三菱地所や三井不動産を辞めて起業」ディベロッパー/不動産出身の経営者11人をまとめた

不動産業界は転職率が約38%と比較的高く、営業力を磨いて他社に転職していく人も多い。その中では大手から大手に渡り歩く人も多いが、自ら会社を立ち上げる者もいる。起業する場合は不動産会社が多いが、同じ不動産業界といっても、不動産投資やコンサルティングなど様々である。今回は、ディベロッパー/不動産企業出身の経営者について取り上げる。あまり起業家は多くはないが、起業を考えている方はキャリアの参考にしていただければ幸いだ。

住友不動産出身、オンライン不動産を立ち上げ

氏名: 小川泰平
出身大学:
青山学院大学法学部
現在の肩書:
株式会社ietty 代表取締役社長
職歴:
住友不動産
コメント:
2006年、青山学院大学卒業。その後、住友不動産株式会社に就職。事業用地の取得や開発、営業、広告企画等に携わる。同社を退職後、2012年株式会社iettyを立ち上げた。 伊藤忠やセンチュリー21との資本提携も行っている。
参照元
参照元

三菱地所・ソフトバンクを経て、マネジメント会社を設立

氏名: 三木雄信
出身大学:
東京大学
現在の肩書:
トライオン株式会社 社長
職歴:
三菱地所
ソフトバンク
コメント:
1995年、東京大学経済学部を卒業後、超大手デベロッパーである三菱地所株式会社入社。その後、ソフトバンク株式会社に転職し、孫社長の右腕となるが、2006年ジャパン・フラッグシップ・プロジェクト株式会社、トライオン株式会社を設立し代表取締役へ就任。トライオンは英語教育業界において高い地位を築いている。
参照元
参照元

キーエンス出身の最強起業家

氏名: 諸藤周平
出身大学:
九州大学経済学部
現在の肩書:
REAPRA PTE.LTD. CEO
職歴:
キーエンス
ゴールドクレスト
コメント:
九州大学を卒業後、株式会社キーエンスに入社。1年半の営業職を経て、株式会社ゴールドクレストに転職。2002年、合資会社エス・エム・エスを設立し、その翌年株式会社エス・エム・エス設立。代表取締役社長を退任後2014年、REAPRA PTE.LTD.を設立。 REAPRAはアジアを中心に多くの企業を立ち上げ様々な領域で事業を展開している。

諸藤社長は日本を代表する起業家となった。
参照元
参照元

大和ハウスを経て、飲食チェーンを創業

氏名: 宗次徳二
出身高校:
愛知県立小牧高校
現在の肩書:
株式会社壱番屋 創業者特別顧問
職歴:
八洲開発
大和ハウス工業
コメント:
1967年高校卒業後、八洲開発に入社。1970年、大和ハウス工業株式会社に入社し、1974年喫茶バッカス開業。翌年の1975年、珈琲専門店浮野亭を開業し、1978年、カレーハウスCoCo壱番屋を創業。
参照元
参照元

積水ハウスでの経験を活かし、住宅コンサルティング会社を設立

氏名: 丸山景右
出身大学:
不明
現在の肩書:
株式会社リック 代表取締役
職歴:
積水ハウス
コメント:
積水ハウスに入社後、営業として活躍。営業所長、事業部次長を経て、40歳の時に株式会社リックを設立。
参照元
参照元

不動産投資コンサルティング会社を創業

氏名: 山地学
出身大学:
東京理科大学
現在の肩書:
株式会社TAPP 代表取締役
職歴:
大手不動産会社
不動産ベンチャー企業
コメント:
2006年、大手不動産会社に就職後、投資用不動産の販売に携わる。2010年、不動産ベンチャー企業に創業メンバーとして参画し、役員として仕入れ・販売・賃貸管理・空き家の再生事業に携わる。2016年、株式会社TAPP設立。
参照元
参照元

f:id:ec021:20171213010916j:plain

収益不動産業界での勤務を経て、31歳にて独立

氏名: 末岡由紀
出身大学:
札幌大学
現在の肩書:
パーフェクトパートナー株式会社 代表取締役
職歴:
収益不動産業界
コメント:
札幌大学を卒業後、収益不動産業界で8年勤務し、2008年パーフェクトパートナー株式会社を設立。
参照元
参照元

オープンハウス出身、収益不動産会社の創業者

氏名: 石井雄也
出身大学:
不明
現在の肩書:
株式会社Presi 代表取締役
職歴:
オープンハウス
コメント:
大学卒業後、不動産業界大手に勤務。その後、株式会社オープンハウスにて営業としての経験を積み、2014年に株式会社Presiを設立。
参照元

住友不動産を経た、収益不動産会社代表取締役

氏名: 石井光
出身大学:
不明
現在の肩書:
Presi-X 代表取締役
職歴:
住友不動産販売
コメント:
大学卒業後、2015年住友不動産販売株式会社に入社し、仲介物件の営業に従事。2016年7月、株式会社Presiに入社後、同年11月Presi-X代表取締役に就任。
参照元

不動産投資会社を設立

氏名: 金田大介
出身大学:
不明
現在の肩書:
不動産投資事業会社 代表取締役
職歴:
不動産投資事業会社
コメント:
20代で不動産業界に入り、不動産投資事業会社において不動産投資ビジネスの基礎を学んだ。2015年、オスカーキャピタル株式会社を設立。
参照元
参照元

三井不動産から独立、不動産コンサルティング会社の代表取締役

氏名: 大谷義武
出身大学:
東京大学
現在の肩書:
武蔵コーポレーション株式会社 代表取締役
職歴:
三井不動産
コメント:
東京大学卒業後、三井不動産にてオフィスビルや商業施設の開発・運営を手掛ける。同社退職後の2005年、株式会社武蔵コーポレーションを創業し、代表取締役を務めている。
参照元

編集後記:

不動産といってもブラック企業と呼ばれるひたすらマンションを売る営業マンから、三井不動産をはじめとする大手デベロッパー出身者まで様々いる。

いずれも共通しているのがバイタリティにあふれているということで、成功するために何でもするという姿勢が強く感じられるのがデベや不動産系の人たちであると考えられる。

不動産業界は閉鎖的でキャリアについてあまり知らない人が多い印象である。ぜひチャレンジを考えている方はいどんでほしい。また、不動産系から転職したい場合は、ビズリーチを活用するとよい。

また、不動産系のベンチャーも利用しているのでご覧になってほしい。 また、コンサル業界志望ならアクシスコンサルティングをおすすめしている。 

今日は以上だ。