20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

キャリトレの特徴と登録方法、そして活用方法を解説した

人工知能を使用し、あなたの職歴や志向に合ったの転職案件をを提案してくれる新しい転職サービスがある。

ビズリーチが運営するキャリトレというサービスである。AIを使用したレコメンドというユニークなサービスで、登録する価値があるサービスだと考えている。今回はそんなキャリトレの登録方法と活用方法を社会人2年目の利用者に解説していただいた。

キャリアトレックの特徴

キャリトレは今まで紹介してきた転職サイトとは少し異なったサービスである。キャリトレはスキルや職務経験、希望条件や興味を登録することで人工知能があなたに合った募集案件を集め、毎日紹介してくれるというユニークなサービスだ。

案件も多岐に渡っているため、いますぐに転職したいという方だけでなく、自分に合った会社やポジションになんとなく興味があるという若手の方等も登録して損はないと言える。

また、一問一答形式で短時間で登録できるため、登録時の長ったるく面倒なプロフィールの入力が省かれて気楽に登録できることも魅力の一つである。

 

キャリアトレックの登録方法

早速登録に移ろう。早速【キャリトレをクリックしてみよう。キャリトレの登録完了までには大きく分けて1、基本情報 2、就職状況・希望条件 3、職務経歴詳細 の3つのステップがある。

登録はだいたい一問一答形式で気軽に答えられるものも多く、後から編集もできるので、隙間時間にでも初めてみてほしい。 以下画像を使って説明していく。

まず、1つ目のステップとして基本情報をいくつか登録する。転職の希望時期や、名前住所などの基本住所を一問一答形式で答えていく。後半は省略するが、5分もあれば終了すると思う。

f:id:gettashey:20180204003040p:plain

f:id:gettashey:20180204003044p:plain

f:id:gettashey:20180204003048p:plain

f:id:gettashey:20180204003125p:plain


ここまでくれば、第1ステップは終了だ。次に第2ステップの就業状況・希望条件記入に進もう。 こちらも自分の直近の職種や業種や年収、そして希望の条件について先ほどと同じように選択制で答えていくため、サクサク進むはずだ。

 

f:id:gettashey:20180204003128p:plain

f:id:gettashey:20180204003134p:plain

f:id:gettashey:20180204003238p:plain

f:id:gettashey:20180204003242p:plain

 

そしてあっという間に最後のステップである。職務履歴について少し詳しく書いていこう。ここで書き切らなくても後から編集可能であるので、とりあえず書いてみて、後から推敲を重ねるのもいいかもしれない。まず、現在の就業状況や、直近の企業を記入する。

f:id:gettashey:20180204003248p:plain

f:id:gettashey:20180204003256p:plain

次に少し詳しく直近の企業での事業内容や担当業務、実績を記入する。この部分をしっかりと書くことでAIがよりあなたに合った企業を紹介できるようになるので、正直にわかりやすく書こう。

そして最後にそれらを参考に担当業務を300字程度の文章にして入力する。ここが一番の山場であるので、気合いを入れてあなたの熱意と優秀さが伝わるように書こう。その後マネジメント経験人数を選択し、登録完了である。

f:id:gettashey:20180204003315p:plain

f:id:gettashey:20180204003322p:plain

f:id:gettashey:20180204003327p:plain

 

オススメのユーザー層は20代前半〜30代

 

キャリトレは全年代を対象としており、幅広い案件を扱っている。しかしその中でも、20代前半〜30代までの若手層におすすめしたいと思っている。理由は以下である。

 

1、自分に合った仕事をAIが紹介してくれるから。様々な仕事やポジションを経験したベテラン、中堅以上であれば自分に合った仕事がだんだんと分かってくるし、年次や経験的に転職先の業界も限られてくる。

しかし、若手は仕事の経験も浅く、自分に向いている仕事が自分でもわからないことが多い。

しかし、若さという武器があるため今の業界とは異なる業界でも活躍するチャンスがあると言える。そのため、登録内容に照らし合わせてAIが紹介してくれるキャリトレに登録することで、自分でも気づかない自分が活躍できる仕事に出会うことも可能なのである。

 

 2、隙間時間に気軽に転職を考えることができるから。「転職活動=転職希望先が大方決まっていて、転職の意志が固い人以外始めにくい」と考えている人が多い。

しかし、キャリトレは前述したように登録が簡単にでき、AIに紹介される案件をみながら良い案件があれば話を聞いて見る、という気軽な使い方が可能である。

転職に興味がありながらも、今の会社にも成長機会を感じていたり、もう少しキャリアを積んでからでもいいのではないかと悩んでいる若手にとって、片手間に転職活動を始めることができる。

そしていざ転職を決心した時に、すでにキャリトレに登録していることは、転職への一歩をすでに踏み出しているという自信につながる。

 

3、自分のペースで転職活動を進めることができること。キャリアトレックは転職レコメンドサイトで、他の転職サイトのようにエージェントとのやりとりがない。

エージェントも仕事なので、希望に沿った転職先を案内しようとしてくれるが、なるべく早く、良い条件の案件に紹介したいという目的もあるので急かされたりプレッシャーを感じる時もある。

じっくりと自分に合った仕事を見極めたい若手にとっては、そんなストレスを感じることなく自分のペースで転職活動を進めることができるキャリアトレックがオススメである。

 

情報収集にも息抜きにもなる日刊キャリアノート

キャリアトレックには「日刊キャリアノート」というメディアもある。このメディアが楽しんで読める上に転職の極意や体験談を読むことができる優れもののため、ぜひ使って見てほしい。以下、記事のタイトルをいくつか抜粋してみた。

 

「企業が欲しがる人には共通点がある。現役ヘッドハンターが語る「30代で生き残る人、生き残れない人」

「転職活動をする前に知っておきたかった転職のメリットとデメリット」

「社会人1年生は転職しちゃダメですか? 採用担当から見た新卒1年目の転職メリットとデメリット」

などヘッドハンター・採用担当目線を知ることができたり、転職前に知っておくべき情報が盛りだくさんで役立つこと間違いなしだ。

また、転職にまつわるコラムやエッセイも充実しているため、サイトを見ていると1時間くらい余裕で過ぎてしまうほどである。

「日刊キャリアノート」を読むためだけでもキャリアトレックに登録する価値があると言えるほどなので、ぜひ登録して読んで見てほしい。

 

嬉しい転職祝いでもらえるAmazonギフト券

キャリトレを通して転職が決まると、お祝いとしてキャリトレから5000円分のAmazonギフト券を受け取ることができる。

転職先の企業の情報や、キャリトレについての感想など簡単なフォームで登録するだけでAmazonギフト券を受け取ることができるので、とてもお得なサービスである。転職を頑張った自分にご褒美をあげるのでもいいし、ぜひ登録して受け取りたい。

 

プラチナスカウト

キャリトレには、プラチナスカウトというヘッドハンターからの特別なスカウト機能が存在する。

このスカウトは企業が特に採用したい人材にのみ送ることができるもので、このスカウトを受け取ることができれば、内定までグッと近付くことができるのである。以下そのプラチナスカウトについて説明していく。

f:id:gettashey:20180211163538p:plain

ヘッドハンターの目に止まると、画像のようにプラチナスカウトを受け取る。プラチナスカウトを使うと一次面接が確約され、書類審査が免除となるのだ。仕事の傍ら転職活動をしている人も多い中、書類審査が免除となるだけでも負担はかなり減るだろう。

 

プラチナスカウトを送るのにはヘッドハンターにとってもコストがかかっているので、誰でも受け取ることができるというわけではない。

ヘッドハンターの目に止まり、プラチナスカウトを受け取るためにもとにかくプロフィールや、勤務履歴を読みやすく内容を充実したものにさせよう。

そうすることでヘッドハンターの目に止まりプラチナスカウトを受け取りやすくなるだけでなく、AIのマッチングの精度が上がることも期待できる。

 

運営会社のBIZREACHについて 

BIZREACHはハイキャリア転職サイト「ビズリーチ」の他、焼肉を通して求職者と求人者を繋ぐ「ニクリーチ」、女性向け転職サイト「ビズリーチウーマン」など多数の求人サービスを運営し、多数のユーザーの理想のキャリアを実現してきた実績のある会社である。

焼肉を通してカジュアルに企業と学生を繋げるユニークなサービスのニクリーチから、高所得者向けの転職サービスのビズリーチまで運営しているため、人材・転職系ノウハウは業界一番と言っても過言ではない。

 

キャリアトレックのオススメの使い方 

キャリトレは「日刊キャリアノート」で情報収集を行い、登録した内容に合わせてAIが紹介してくれる案件で気になるものがあれば応募してみるという使い方がオススメである。

「日刊キャリアノート」で転職経験者の体験談やコツ、企業のインタビューを読み、転職の基礎知識をつける。

そしてAIが毎日あなたの登録内容に合わせて案件を紹介してくれるので、興味がある企業があれば詳しく話を聞いてみたり面接を受けに行ったりするのが良い。

キャリトレはエージェント型ではないので、エージェントに相談しながら本格的に転職活動をすすめたいと思えば、前回紹介したエージェント型サイトのビズリーチDODA に登録してみるのもおすすめである。

 

f:id:gettashey:20180211183847j:plain

 

キャリアトレックの評判

キャリトレの評判は良い。扱う案件の豊富さ、AIのレコメンドによって自分に合った求人が見つけやすいこと、直感的な操作が可能なことが中でも高く評価されている。実際にキャリアトレックを利用して希望の転職を叶えた20代前半の元ユーザーに話を聞いて見たところ、以下のように言っていた。

 

「新卒で入った会社に違和感を感じ、転職を考えました。しかし、まだ若手で経験も浅く転職を決意するのは早すぎるのではないか、しかし何も行動を起こさないままでいればこのままずるずるとタイミングを失ってしまうのではないかと迷っていました。そんな時出会ったのがキャリトレでした。

一問一答形式で直感的に答えた登録内容を元にAIが毎日求人情報をレコメンドしてくれるので、朝や帰宅後の隙間時間にチェックして気になる求人や、転職情報をチェックして意識を保つことができました。

ある日プラチナスカウトを受け取った会社の求人で理想的なものがあったので応募してみました。書類免除で面接を受けていくうちに事業内容や人に惹かれていき、トントン拍子に転職を決めることができました。個人的にはキャリトレはとても役に立ちました。」

 

一方、キャリトレはエージェント型ではないため常にコンサルタントに相談して転職活動を進めることができず不安、他の求人サイトに比べてハイキャリア向けのポストや年収の求人が充実しておらず不満、という声があることも事実である。

そんな時は、エージェント型である「リクナビNEXT」や「DODA 」、さらにハイキャリア向けの「ビズリーチ」などの他サービスにも登録してみることをオススメする。複数登録してそれぞれの強みを活かしながら転職活動を進めるのが、賢いやり方だ。

 

最後に

本記事ではキャリトレを紹介させていただいた。若手の方や、転職に興味がある方にとって手軽に転職活動を始めることができるオススメのサービスなので、ぜひ登録して見てほしい。AIのレコメンドを通して、自分でも気づかなかった理想の業界や職種を見つけることができるかもしれない。

キャリトレの登録はこちらから それでは、今日は以上だ。