20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

高年収を希望する人向けの転職サイト「キャリアカーバー」の登録から活用方法まで解説してみた

転職サービスが多すぎて選択に困っている転職希望者も多いと思う。本ブログではすでにいくつかのサービスを紹介してきたが、ぜひ自分の能力や今までの経歴に自信がある人に利用してほしいサービスとその機能について簡単に説明する。

絶対の実績と安心を誇るリクルート社が手掛けるハイクラス向け転職サービス

数ある転職サイトの中で、一般向けのものや、派遣向けのもの、外資系企業専用などが混在している。その中でも今回は上位層だけに特化したサービスを紹介する。

そのサービスは「キャリアカーバー」だ。あまり聞きなれないサービスかもしれないが、運営元がリクルートグループのため、今までの実績や膨大なネットワークを利用して効率的に上位層の転職をサポートしてくれる。

会員登録は無料で、実際に転職が決まるまでは基本的には無料なため、まずは登録して自分の市場価値を確かめてほしい。 

そもそもキャリアカーバーとは?

 キャリアカーバー(CAREER CAVER)は転職者と企業の仲介を助ける転職エージェントサービスだ。この書き方だと他のサービスとの違いが判らないかもしれない。しかし、キャリアカーバーは他のサービスに比べて圧倒的に転職希望者の労力を要さない。

仕事を続けながら、その傍ら転職を考えている人も多いだろう。多くの転職サービスはサイトに登録すると各転職希望者にエージェントがつけられ、電話での面談や面接など、意外と煩雑なことが多い。その点、キャリアカーバーでは基本的に転職希望者は各企業のヘッドハンターとのメールでの連絡が多くなる。

もちろん自分が希望すれば面接対策などをキャリアカーバー運営局に頼むこともできるが、キャリアカーバーはこの手のサービスを行っておらず、リクルートグループが手掛ける他のサービスに回されることになる。

純粋に転職希望者と企業の仲介だけに特化したサービスである。基本的には自分の手が空いた時にメールで連絡をとればいいだけなので、忙しい業務の合間を縫って効率的に転職活動ができる。

 

キャリアカーバーの登録方法

 サイトの登録方法は簡単だ。二段階の登録があるが、特段長く記載する必要はない。まずはメールアドレスとパスワードだけの登録がある。この登録が終わるとメールが届く。Facebookアカウントを持っていれば更に工程を短縮することもできる。

f:id:taiwankigou:20180207161027p:plain

 次に個人情報を入れる画面となる。普通の転職サービスと同様に、氏名や生年月日、性別、職種、職位などを登録するだけでいい。これだけでは他社との差別化にはならないが、キャリアカーバーは極めて匿名性が高い。

 理由としては自分が許可しない限り、氏名や生年月日などの個人が特定できる情報は企業側が見れない仕様になっているからだ。これによって例えば自分が秘密裏に転職を考え、誰にも口外せずに転職活動を行っている場合に役に立つ。特になるべく限られた数の企業にのみ自分の情報を渡したいと考えているときには、自分の志望する企業以外のスカウトに対しては情報を開示しなくて済む。

f:id:taiwankigou:20180207160933p:plain

 ここでは職種や職位も登録することができる。より広く業界を見たい、よりいいオファーをもらいたい場合にはしっかりチェックを入れておこう。

 職種の選択肢としてはメーカーや商社といった代表的な区切り方から、更にどの事業に携わっていたかを選択することができる。自分にとって興味のないスカウトが届かないようにできるだけ自分の経歴や興味関心に近い選択肢を選択するのが吉である。

f:id:taiwankigou:20180207161102p:plain

f:id:taiwankigou:20180207161117p:plain

 

 今までは匿名性の点を重視してきた。しかしながらm逆に自分のことをより深く知ってほしいときにはFacebookと連携してFacebook上のプロフィール情報を企業にアピールすることもできる。人柄を知ってもらうためには重要なオプションといえるだろう。

 

 次に学歴や語学レベルを選択する。電話番号や卒業年まで非公開にできるため、企業側から登録者を特定できないような工夫がここでもなされている。資格などの点数を記載することもできるが、登録後から編集できるため、そこまで神経質に正確なスコアを記入する必要はない。

f:id:taiwankigou:20180207161157p:plain

 そして最後に自分の勤める企業や部署、在籍期間を記入できる。やはりここも非公開に設定できる。後から修正することもできるので、職務内容はそこまで詳しく記入する必要はない。箇条書きでもいいので、自分の経験を伝えられれば十分といえる。

f:id:taiwankigou:20180207161215p:plain

 以上で登録は完了である。後は基本的にはヘッドハンティングが来るのを待つだけだが、それ以外にもこのサイトで自分から求人を探すことも可能である。実際、画像の下の方にも表れているように、ここまで登録すれば自分から求人を探すこともできるようになる。

f:id:taiwankigou:20180207161234p:plain

 登録が終われば一旦、以下のページに飛ばされる。企業からのメッセージが届くこともあるが、以下の画像にも表れているようにレジュメの内容が少ないため、届くスカウトが自分の希望する条件でない、そもそもスカウトの数が少ない、ということが起こりやすい。

 また、「あなたに合う求人」ということでいくつかの候補が出ているが、年収のレンジや職種などもバラバラである。そのため、初期登録以外の情報も追加しておくことが好ましい。

f:id:taiwankigou:20180207161331p:plain

 登録者が選択できる機能は大まかに分けて以下の5つである。一つ目は先に登録したレジュメの編集や、より細かく求人スカウトの条件を指定する機能である。

f:id:taiwankigou:20180207161348p:plain

 

 具体的には以下のような機能である。先ほどまでは語学レベルや資格を大まかにネイティブレベルやビジネスレベルとしか分類できず、さらに資格名やTOEICなどのスコアを記入することはできなかった。しかし、登録後はより詳細に自分のスキルを設定できる。

 また、初期登録時には自分の経歴を書くことしかできなかったのに対し、今回は自分の希望する職種や勤務地、給与などの要求を記載することができる。初期登録を行うことでサイト任せに自動でスカウトではなく、利用者には自分で念入りに要求を書き、より良い条件のスカウトをもらってほしい。

f:id:taiwankigou:20180207161432p:plain

 スカウトを待つだけでなく、自分からも求人を探したい人は「求人情報の検索・応募依頼」機能を使用して欲しい。

この機能を使用すると以下のような画面が表示される。記入できる項目は先ほどのレジュメの項目と同一のものとなっている。今回は最近人気の出ているエンジニア系の職種で年収600万円以上を検索してみた。

 すると、すぐさま求人が見つかり、実際の業種、職種、仕事内容まで見ることができた。今回は条件を曖昧に設定したため、3万を超える求人がヒットしたが、もっと自分の希望条件を絞ることで効率的に求人を探すことができる。

f:id:taiwankigou:20180207161501p:plain

 

 今まではある程度自分の希望する職業、職種、ポジションが明確な人向けであった。しかし、漠然と転職を考えており、現在の会社よりもなんとなく高い地位の会社に行きたい、他社の人事と面談をしてみたい、という考えを持っている人も多いはずだ。そんな人には「ヘッドハンターの検索・相談」機能を利用してほしい。

下の画像のように、職種など細かいところまでの指定はないが、三菱モルガングループや、カーライルグループといった難関企業のヘッドハンターにこちらから連絡を働きかけられる。腕試し程度に転職を考えている人には利用してもらいたいサービスだ。

f:id:taiwankigou:20180207161524p:plain

 

最後に、転職記事についても紹介しておく。キャリアカーバーは会社のヘッドハンターと転職希望者をつなげるプラットフォームの役割だけでなく、転職に役立つコラムも掲載している。

具体的には転職の際に使えるメールマナーや上司とのコミュニケーションの取り方、オーダーメイドスーツの価格目安など、転職だけでなく一般向けの記事も取り揃っている。

 

f:id:taiwankigou:20180207161542p:plain

 なんとなく暇つぶしに生産性のない記事を読むくらいなら、ビジネスに関わる記事を掲載しているキャリアカーバーの記事を読むべきだと思う。

ビズリーチとの違い

ビズリーチとの違いについて問われることがあるが、基本的に狙っている層は同じだ。キャリアカーバーはリクルート独自のネットワークがあるため、日系の大手企業等でなかなか見かけない企業が掲載されているので基本的には併用をおすすめしたい。

転職意思がなくとも登録すべきキャリアカーバー

 今は例え転職を考えていなくとも、これを機会にキャリアカーバーに登録しておいてほしい。なぜかというと、キャリアカーバーは他の転職サイトと比べて手間がかからない上に、自分の職種や職歴から自分の市場価値がわかるからだ。

明らかに年収1,000万円以上のスカウトがきていないとわかると、おそらく自分に必要なスキルがわかる。また、現在受け取っている年収よりもサイトで表示される年収が明らかに高い場合は、会社に交渉するか本格的に転職を考えるのも手となる。

最後に

 いかがだったろうか。世の中に無数にある転職サービスの中でも手軽に、面談などなく、さらに厳選された会社からのみメッセージが届くのがキャリアカーバーである。売り手市場である今だからこそ登録を勧めたいサービスである。

 他にもビズリーチがハイクラス向けの転職サイトとしてあるのでご覧いただきたい。