20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

30代におすすめしたい転職サイト

今回は30代の転職サイトについておすすめするものを書くと同時に30代の転職の在り方について書いた。むしろ後者に大部分を割いたので30代のキャリアを考えている人はぜひご覧になっていただきたい。

30代で転職サイトを使う是非

かつて20代前半のころは30代にもなって転職サイトを使うのは成果がでずオフラインで声がかからない人ではないかと考えていた。

しかし、現在は転職サイトの発展に伴って、転職サイトを使って転職活動をする人がトップ層の割合でも高い。

結果的に友人のツテは取引先のつながりで転職しても転職サイトの活用は必須になってきている。 そこで、30代におすすめしたい転職サイトとあわせて転職活動の実情について触れたい。

できれば転職サイトを使わずに転職をしてほしい

30代になると転職サイトを使わずに転職してほしい。(後述するが転職活動の際に転職サイトは必ず登録してほしい) 30代の中でも前半と後半でわかれるかもしれないが、30代になると声がかかるくらいの存在になってほしいと考えている。

転職サイトを使わずに来てもらう形、もしくは友人の推薦で入社することになると、入社までのプロセスも短くできるのと条件面でも交渉がしやすくなるためおすすめしている。

転職に限らずそうだが、自分から行くより相手からくるのを待った方がうまくいく場合があるだろう。

20代の転職との違い

20代との明確な転職の違いは市場価値にあると思ってほしい。20代は可能性がいくつもあり、どこにでも転職できる可能性がある一方で高い年収を望め、かつ市場で評価されているのは学歴が際立って高いことやマッキンゼーやゴールドマンサックス等の入社が難しい企業に入った人だけだ。

しかし、30代になるとその領域で専門性を積んでいるため希少性がたかくなる。希少性が高くなるとは、特定の分野に一定年数以上の従事経験がある人がすくなくなることだ。

例えばであるが、IBDでM&Aの経験と転職して戦略コンサルタントとしての経験をかけあわせるとニーズがある。(今回の例はコモディティ化しているのは事実であるが) 後は、石油の採掘現場に理解しつつ、流通まで理解している人は商社では重宝されるだろう。

こういった形で同じ仕事を続けていればいつの間にか専門性が身についているのだ。 ただし、将来AIに代替されるような仕事や、飲食の現場店員のように従事者があまりにも多い場合はずっと働いていても市場価値が上がるわけではないので気を付けてほしい。監査法人で働く公認会計士でさえ将来が危ないと言われている。

30代は専門性×マネジメント力で勝負

さて、30代で売り込むべきは専門性とマネジメント力だ。マネジメントは一定年齢層になるとできると思われるが、実はマネジメントスキルはいつの時代になってもうまくできる人が一定数でてこないことが不思議だ。

マネジメントといってもパートや派遣社員の多くを束ね効率よくオペレーションを回せるようになるマネジメントと、10人以上の正社員部下(主に20代)をもち手を動かしてもらうやり方と、外資系に多いが、自分もプレイヤーでありつつ2~5人程度の少ない部下を管理するマネジメントと色々マネジメントの手法があるので気を付けてほしい。

マネジメントとリーダーシップをたまに混同する人がいる。ほんの一例だがリーダーシップは結果(売上等)がすべてを癒すことがあるがマネジメントは絶対にそうはならないことに気を付けていこう。

また、日系企業だと課長級になるまで部下をもたないかもしれないが新入社員の育成や、アウトソース先管理、発注先の管理といったあらゆることでマネジメントする機会があるので意識してスキルを身に着けてほしい。 こうしたマネジメントスキルに何かしらの知識があれば30代の転職は一定クラスまでなら余裕になるし、声がかかるまでになる。

f:id:sportsmania:20170919111549j:plain

転職エージェントは20代のうちから必ずつけておけ

20代の方も本記事を読んでいるだろうが、絶対に20代のうちから転職エージェントと仲良くしてほしい。

信頼できる転職エージェントを2~3人は必ずもってほしい。外資系志望者もしくは、現在外資系企業につとめている人にいっているのが、日本人の大手転職エージェント1人、ビジネス経験が現場であり独立し数人規模もしくは1人でやっている転職エージェント1人、外国人の転職エージェント1人つけるようにいっている。

理由としては、リクルートエージェントDODA にいる転職エージェントのトッププレイヤーは間違いなく優秀であることと、大手は確実に案件をもっていることがあげられる。

次に、ビジネス経験があり独立した小規模エージェントだが、これは採用する企業の担当者による部分が多い。日本は人材業界のレベルが高くないために優秀な人が人材業界のおらず企業の採用担当としてもエージェントにあまり期待していない。

それでも業界でビジネス経験を積んだ人が人材エージェントに転じた場合はビジネスのことがわかっているので信頼できるというロジックが働く(これは必ずしもそうではないのであくまで企業の担当者レベルの話ということで) 小規模エージェントは【BIZREACH(ビズリーチ)】を利用している確率がかなり高いのでかならず登録しよう。

後は外国人エージェントだが、外資系企業で働いていると勝手に変な日本語を話すヘッドハンターから連絡がくるだろう。日系企業で働いている場合はLinkedInを活用してほしい。

ちなみに外国人エージェントと仲良くしておくメリットは企業の採用担当が外国人で英語しかできないため英語ができない確率が高い日本人エージェントを嫌う場合があるからだ。日本にいる外国人エージェントだけで採用が充足するので日本人エージェントと付き合わない企業もあることを覚えておこう。特に海外就職をする場合は絶対だ。

LinekdInは外国人には人気なので登録しておくことをすすめる。 このように20代から転職エージェントポートフォリオを組んでしっかり準備しよう。

もし30代になっていて信頼できる転職エージェントがいないかったら急いで探そう。 【BIZREACH(ビズリーチ)】リクナビNEXTへの早急の登録をすすめる。

30代から登場するエグゼクティブ転職エージェント

30代からというきまりがあるわけではないが、30代になってはじめて接する機会が増えるのがエグゼクティブサーチと呼ばれる種類のヘッドハンターだ。

以前も書いたがエゴンゼンダー、ラッセルレイノルズ、コーンフェリー(ヘイグループ)等が代表的で、完全成功報酬ではなく、企業から手付金という形で最初にお金をもらうため成否にかかわらず企業からお金をもらうヘッドハンターだ。

また幹部ポジションを探すことが多く、競合企業に知られないように限られたヘッドハンターにだけ採用の情報を伝え、ヘッドハンターもピンポイントで採用するのだ。 このような企業から声がかかったらあなたの業界での地位はかなり高いということだ。

どうやって声がかかるかは独自のネットワークを各ヘッドハンティング会社がもっており、MBAの時の同級生(ヘッドハンター自身が欧米でMBAを取得している)や大学時代のつながりでリストが作成されている。

また、業界で有名になれば自ずと声はかかる。このようなヘッドハンターはビズリーチのような転職サイトにはいない数少ない例外なので覚えておいていいだろう。

転職サイトの活用方法

30代になったら転職サイトを経ずに転職してほしいと書いた。だが、転職サイトには登録してほしい。そのために転職サイトの活用方法として市場に流れている求人状況を確認してほしい。

どこの採用マーケットが拡大傾向で、自分の部下になりうるジュニアポジションの人はどのような人が求められているのかも転職サイトを通して知ってほしい。細かい給与以外をのぞけば転職サイトから一通り情報を仕入れることができる。

某マ〇チの会社が高い給与を払って優秀な人材を募集していることも複数の転職サイト経由で知ることができて個人的におもしろかった。

また昔との違いはダイレクトリクルーティングと呼ばれる企業のリクルーターから直接連絡が来る点だ。

30代以上のポジションになると個別条件の交渉が比較的フレキシブルなのでエージェントを介さずに人事と交渉してほしい。 はじめての転職の場合はエージェントを介すことをすすめているが。

転職サイトに登録するときの注意点

転職サイトに登録するときはレジュメを充実させてスカウトをまとう。転職サイト上でみずから応募することもできるがあまりいい候補者がこないのが相場になっているのであまり見ていない。 よって、マネジメント経験と専門性をしっかりと書こう。

転職エージェントとの交渉について

転職エージェントが頭を悩ませるのが30代既婚者男性の嫁ストップだ。意外に奥さんの指示に最後はしたがって動かない人が多い。特にベンチャーに行く場合は奥さんに言われて辞めるくらいなら絶対に大手企業に残ったほうが幸せだ。

奥さんは給与面を特に心配しているので給与をさげてでもやりたいことがあることを事前に家族に伝えておこう。

ベンチャーはアップサイドがあるからという人がいるが見上場で取締役級、ストックオプションありで入社する場合をのぞき、大手企業に残ったほうが給与面では絶対によい。 ベンチャー企業のアップサイドはたかが知れている。

それでも世の中のためになるかわからない債券を売るよりも、ヘルスケアベンチャーで世の中のためになることをして残りの人生を生きていきたいと覚悟し家族に理解してもらえたら転職すべきだろう。

そしてそうした事実と優先順位付けを転職エージェントに伝えよう。 30代年収500万でどうしても年収をあげたい、残業を増やしてもいいという場合は転職エージェントに率直につたえよう。

年収の低い人の傾向として自分から要求を言わないことが多くいいなりで企業からも転職エージェントからも「扱いやすい」人間になっているので意識して自分から交渉しよう。 おとなしくしてていいことは全くない。職人の世界ではないのだ。

早速登録を

転職サイトに登録しよう。業界にもよるが、まずはビズリーチは絶対にはずせない。30代後半の人の転職決定者数は非常に多い。年収も500万円から3000万円くらいまで様々な年収の人が決定する。

転職エージェントを信頼しない人は毎回ビズリーチで適当に転職エージェントをみつけて転職を決めて年収2,000万円程度をゲットするつわものも知っている。ごく一部であるがが。

日系企業にいて転職未経験ならリクナビNEXTもぜひ登録してほしい。転職サイトのスタンダードなので転職慣れするのにちょうどよい。

なお、30代になっても転職サイトに登録すると会社にばれるのではという人がいるが転職サイトに登録するのが当たり前の時代になっていることに加え、最近は希望する企業からは非表示にする機能もあるので安心してほしい。レジュメに書いた企業は自動的にブロックできる。

だからこそしっかりレジュメを書いてほしい。 また、リクルートがやっているハイクラス限定の転職サイト「CAREERCARVER」も高年収の決定が多い。ビズリーチとの併用をすすめている。

1つ選べと言われたらビズリーチをすすめている。 さて、30代の転職は様々な要素が絡み合い難しいと思うがうまく転職が成功することを祈っている。 今日は以上だ。