20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

29歳と30歳の転職の壁について

 29歳と30歳で転職のハードルが異なるのかという質問を受ける。転職のハードルについては変わらないはずなのだが30歳になったら転職活動の難易度が変わってくるのは事実である。何が変わるのかについて考えてみた。20代後半から30代前半の転職希望者はご覧いただきたい。

29歳と30歳の違い

29歳と30歳で何が異なるのだろうか、社会人経験でいうとたかだか1年の違いなので大した違いにならない。

しかし、30歳という壁はあなたのメンタルバリアにも採用する側のメンタルバリアにもなり得るのだ。 たかだか1歳でも区切りのよい年齢であると年齢相応のsomethingがあると勘違いしてしまう。

30歳だと経験豊富だろう、29歳だとまだ若いだろうといった根拠のないものによって支配される。受ける側も年齢相応ということを意識してなかなか事が進まなかったりするのだ。

f:id:sportsmania:20170826151601j:plain

30歳になって不利になること

30歳になって不利になることは、未経験の職種へ転職が難しくなることだ。金融業界であればほとんど不可能になる。コンサルティング業界でも近年は未経験者の採用ハードルが年齢的な意味で高まっている。

若くて威勢のいい高学歴層がどんどんくるので30歳を超えると不利になるのは事実だ。 一方で、博士課程を卒業した方の採用は積極的に行っておりその場合は30歳を超えていても採用される確率が高い。

学部から有名大学で研究を続けていたのであればポテンシャルを見込んで採用するコンサルティングファームも少なくない。 博士課程までいきコンサルティング業にキャリアチェンジすること自体は望ましいことだとは思っていないが。最近は博士課程卒業後の未来があまり明るくないのが悲しいことだ。

30歳になって有利になること

30歳になって有利になることもある。管理職ポジションで採用する場合は、年齢によるコンフリクトを避けるためにやや年齢がたかめの人をとりたがる場合もある。ファンドなども年次の高い経営者を相手にする場合に最低30歳という基準を設けているところもある。

中小企業の再生を行う場合に、経験よりも年齢ということを重んじる現場がなくもないわけだ。この場合は歳をとっていることが有利になるので自分の年齢と経験にぴったりな案件がないかどうかを転職エージェントに聞いてみよう。

30歳になったら考えておきたい転職活動のいろは

30歳になったら転職活動で気を付けてほしいのがマネジメント経験の有無だ。30歳でマネジメント経験がある人もいれば全くない人もいるだろう。人それぞれなのでここで何か口出すわけにはいかないのだが、マネジメント経験がない場合は、今後どういったキャリアを積みたいのかを意識しておこう。

マネジメントポジションにつきたいのか、それとも引き続きマネジメントはせず自分の専門的なスキルを磨いていきたいのかでキャリアの歩み方は大きく変わってくるので注意してほしい。 専門職で生きていく人にWEBエンジニアがいるがそれでも後進の指導を任されることはあり、必ずしも育成から自由になることはできないと思っておいてほしい。

転職活動の整理を行う

転職活動の方法も20代と30代で変えてほしい。30代になるとスカウトが自分にくる状況を作り出してほしい。自分から転職エージェントに相談するよりも転職サイトに登録しスカウトを待つ方がのぞましい。

もちろん有名な転職エージェントであれば自分から応募してほしい。 ビズリーチに登録しておいて、常にいいオファーがないかを確認し続けよう。転職サイトに何も登録していないということだけがないようにしてほしい。

レジュメのアップデート

レジュメのアップデートをしよう。定期的に行っておくことでキャリアに対して鋭敏な感覚を持っている人だと認識されることができる。キャリアへ敏感な人には転職エージェントも積極的に情報を提供するのだ。

転職サイトの登録

転職サイトは30代になってからはビズリーチがはずせない。転職自体がはじめての経験となるのであればリクナビNEXTも同時に登録しておいて損はない。

その他リクルートエージェントにも相談にいってよいが、まずはビズリーチを忘れないでほしい。

覚悟がある方にすすめたいのだが大きなキャリアチェンジ、つまり営業からエンジニアになるようなキャリアパスを考えているのであればWebCampProをぜひつかってみてほしい。

実際にエンジニアになる事例があり、給与もあがっている。

今日は以上だ。