20代~30代のキャリアを考えるブログ

20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手を中心としたキャリア構築について思ったことをつらつら書いていきます。

ベンチャー企業について勝手に分類してみた

かつて酔っぱらった大学院の同期からベンチャーの定義について電車で熱く語られたことがあった。「DeNAやサイバーはベンチャーじゃない!本当のベンチャーとはもっと小さいところなんだ。」と大声て叫ばれて周りからジロジロ見られた。そんな彼は院を修了後、大手保険会社に入社し営業マンをしている。

ふと考えたベンチャー企業の分類

ベンチャーとは何かと特に学生から聞かれるのだが、定義は人によってさまざまだ。乱暴な言い方をしたら自分がベンチャーだと思う会社であればその会社はベンチャーなのだ。 特に高学歴新卒や大手企業からの転職組としてベンチャーに入社する人は、

-大企業にはない裁量権

-迅速な意思決定

-若い組織で、若い間の昇進

-社会に意義のある事業の実現

-退屈なルーティーンからの解放

といった様々な思いをもって就職、転職を行っているだろう。通常は安定した給与や長期的な雇用よりもこれらのポイントをとるのである。

よって冒頭の彼のように、勝手にベンチャーの分類を人に押し付けるのではなく、自分がチャレンジできる環境で勝負していると思ったらそこはベンチャーであると考えてよい。

となると、ベンチャーの分類をしたといったのに面白くないので、ベンチャーの違いをメガベンチャーやスタートアップといった企業と分類しながら述べていこうと思うので最後までお付き合いいただければ幸いだ。

ベンチャーとメガベンチャー

まずメガベンチャーという企業が存在する。DeNAやサイバーエージェント、少し前だとGREEもよくこの類に扱われていた。メガベンチャーというのは求職者側よりも採用から見た目線が強い。

メガベンチャーの企業群に入社してくる人たちには、安定や給与ではなく、小規模のベンチャーに行くようなアントレプレナーマインドにあふれている人を採用したいと考える。

そうしたときに、ベンチャーという呼び方のほうが求職者からウケがよいのでメガベンチャーというくくりができてきたように感じる。 事実、DeNAやサイバーエージェントは規模はかなり大きくなっているものの新規事業をどんどん作りだして、新しい風を吹き込んでいる。

結果として失敗に終わったが、iemoやperoliの買収は、規模が大きくなり昔に比べるとやや保守的になってしまったDeNAに新しい風を吹かせる意味でも当時勢いのあった2社を買収したわけだ。

リクルートをメガベンチャーという人がいるが規模と歴史的にそういうのは限界があると思う。リクルートは何業態というと一言でいうのが難しく、私はリクルートの業態はリクルートだと答えている。人材も広告もネットも教育もブライダルも美容も何でもやっているのがリクルートだろう。

一方採用上ではDeNAやサイバーエージェントともリクルートは競合になっているので、リクルートをメガベンチャーと呼ぶ人を否定はしない。

一時期、リクルートからDeNAに転職をかなりしていたが今度は逆流のような形でDeNAからリクルートに転職する人が増えるのをみると面白いと感じた。 SNS時代にmixiもメガベンチャーではと言われていたがmixiは採用も堅実であったため、ベンチャーという部類にくくらせていただく。

なおグリーは現在新卒の内定者が一桁になっているため新卒ベンチャーの入社先としては大手どころではなくなっている。会社自体はまだまだキャッシュもあるため何か当てるとまた一気に息を吹き返すだろう。

DeNAも一時期に比べ採用人数を減らしたものの採用には力を入れている+中途市場では大きな採用窓口になっているためメガベンチャーとしての勢いはある。 サイバーエージェントは安定して、新卒も中途も採用している。

ベンチャーとスタートアップ

さて、私は学生のときは知らなかったが、ベンチャーは日本でしか通じない言葉らしい。スタンフォード大学に遊びにいったときに現地の授業にもぐりこみ、Venture is an interesting choice.と言ったら通用しなかった。(日本企業と取引しているところでは通じた)

当時は言葉自体も浸透していなかったが正しくはスタートアップということが正しかった。 スタートアップとベンチャーの違いも日本ではあいまいだ。もし仮に分けるなら、上場したかどうかで分けるのも違う。

個人的にはスタートアップは、急成長をするために投資を先行させ赤字が続いており株式で資金調達をし続け、大きなシェアと売り上げを達成するために活動している企業だと思っている。

スタートアップと小企業の違いは、スタートアップは急激な拡大をするために採用をどんどんしており、赤字が出ることも当然ながら理解しているどころか売上がほとんど出ぬまま20人程度の組織になる場合もある。

資金調達が容易になった昨今では、スタートアップが増加し、多くの企業がIPOを目指し、急拡大に取り組んでいる。

スタートアップが進出している領域は急成長をしないと競合にシェアをとられるため急いでトップに立つ必要があるため"スタートアップにならざるを得ない側面もある。

スタートアップの具体的な企業名を上げろと言われるのは難しいが、資金調達をしたばかりの企業は該当することが多い。

最近だと、マネックス以来の新しい証券会社であるFOLIOがスタートアップといえるだろう。プロダクト開発に時間をかけようやくβ版をリリースした。そこにいたるまでに採用も開発も採用をどんどんしていた。

優秀な人たちがたくさん集まっている。

またロボット系やIoT関連は開発に時間をかけ赤字がどんどんでているなか急成長をかけて株式調達を進めシェアと売り上げをとりに入っている。 このようなスタートアップと呼ばれる企業は市場環境によってはいつ風向きが変わってもおかしくないため急激な売り上げをあげるかもしれなければ倒産するかもしれない。

単に少人数の規模に入るのとは意味が違うのだ。 かつてスタートアップと称していたベンチャー企業があったが、借金もなく黒字も出ていることを自慢し挑戦できる環境だといっていたが、スタートアップの定義とはちょっと違うよなと思った。

(現在その会社は順調に成長していっているのでいいありかたでは当然ある)

f:id:sportsmania:20170719200857j:plain

ベンチャー企業についてもう少し言及

ではスタートアップに対してのベンチャーはというと、上場を目指しているベンチャーはまさにベンチャー企業と呼んでいい。未上場で上場を狙っている、もしくは狙ってもおかしくない企業群である、ビズリーチやラクスルやメルカリといった企業はベンチャーと呼ぶにふさわしいだろう。

メドレーやFincといった企業群も注目のベンチャーであろう。 他には上場していても成長を続けている、じげんやアカツキといった企業群もベンチャーと呼ぶべきである。マザーズに上場している設立10年未満の企業はほとんどベンチャーと呼んでよい。

ソーシャルゲーム系の企業は終わったと言っている人もいるがまだまだ伸びている。DeNAやサイバーエージェントもゲームの売り上げがなくなったら会社として困るだろう。Fintech、IoT、ヘルスケア、マーケティングオートメーションといった領域のスタートアップ、ベンチャーがこれからも市場をにぎわせてくれることを期待している。

ベンチャーとスタートアップを自分なりに定義したがややあいまいかもしれないがこのように考えているとあらましを説明した。

なんだかんだ「ジョインします」というのがベンチャーでは

スタートアップもベンチャーとニュアンスに加えたときに、わかりやすいのが「~にジョインします」と言っている人が入社している会社はほとんどの場合ベンチャーだ。

ジョインしますというのはいつごろから言われているのかということは私はわからないが、少なくとも2010年代になってからはジョインしますという言葉が一般的になっていた。ということは2000年代から使われていたのかもしれない。

当人たちの考えを聞いてみたいが、ジョインします、入社します、転職しますという言葉ではそれぞれ重みが違うだろう。ジョインは組織を大きくするため、成長させるために入社しているという覚悟が伝わってくる。

ジョインしているところはベンチャーではないかという私の仮説なのでfacebookで人の投稿で見かけたときに少し思い出してほしい。

リクルートはベンチャーなのか

さて、先ほどリクルートはメガベンチャーではないという発言をしたが、そもそもベンチャーの定義としても違うと思っている。

なぜならリクルートを志望している人はリクルートをもっと大きくしたいと思って入ってくる人はいないのではないだろうか。

リクルートで起業のための勉強がしたい、リクルートで人脈を作りたいと入社している地点でコンサルに入る人と表層的な志望の意味合いが同じなので会社を成長させたいと思う人が多くいるベンチャーとは本質的に異なると思う。

DeNAやサイバーエージェントはソーシャルゲームで一発当てて会社を大きくしたいというより新事業を想像したいという人が入っている印象だ。そういった点がリクルートとの違いではなかろうか。

リクルートの人から怒られるかもしれないが、ここ2~3年で新卒入社、若手で転職している人を見て、勉強させてもらうマインドが強くなっていたのでベンチャーからは外れるのではないかと感じた次第だ。

ベンチャーには入社すべきなのか

ベンチャーに入社すべきかどうかというのは常に議論している。当ブログではベンチャーか大企業かで迷ったら大企業に行くようにすすめている。

ベンチャーは一度いったらなかなか大企業コース引き返すことが難しいので片道切符で生きていく覚悟のある人だけに来てほしいと思っている。

保険会社に行った冒頭の彼も仕事に愚痴をこぼしながらもそこそこの待遇があるため満足して生活を送っている。おそらくベンチャーに来ていたら彼は不幸になっていたように思うので正しい選択をした。

圧倒的成長、裁量権、若手管理職といった言葉に踊らされないことは重要ではなかろうか。

ベンチャーに転職したいと思ったら優秀な方で腹をくくった方なら転職していくことは難しくない。(もちろん数社受けたらという前提である) 大企業を捨ててまで行くべきかは、思い切って即断できるような方にすすめたい。 ベンチャーに行く際は、【BIZREACH(ビズリーチ)】をまず登録しておくと間違いない。

ベンチャーと呼ばれる企業群は現在ビズリーチでダイレクトリクルーティングと呼ばれる人事が直接採用する方法をとっている。

また【BIZREACH(ビズリーチ)】を使っているとビズリーチ社からスカウトされることもある。ビズリーチ社の話は面白いので一度聞いてみても損はない。代表の南氏が講演をしている。

ベンチャー村で生きていくこと

ベンチャーは村社会な側面もある。経営者同士でのネットワークが狭くすぐに情報が入る。また会社の人数が少ない分、社員レベルでは同業との集まりをよくしている。

ベンチャーにはベンチャーなりの村社会があるので、ベンチャー村が合わないと思ったら辞めておいたほうがよい。 エンジニアでも知人のツテで仕事をもらったり転職をしたりする時代なので横のつながりはあなどれない。

今日はベンチャーについてつらつらと書かせていただいた。 【BIZREACH(ビズリーチ)】リクナビNEXTでベンチャーの求人を早速見てみよう。 今日は以上だ。