20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

転職活動で受ける企業が多すぎて闇に落ちるーキャリアコンサルタントのすすめ

転職活動をしていると受ける企業が多すぎて困ってしまう問題が起きてしまう。その結果、意思決定がなかなかできず転職活動が長引く場合がある。

転職活動における優秀層が陥るワナ

有名大学を出て、帰国子女で、有名日系企業に勤めている友人がいる。彼は20代で経験もあり、能力値も高く、プレゼンテーションもうまいためあらゆる企業から転職のオファーがくる。外資系のコンサル、投資銀行、事業会社の経営企画とこれまでの経験とポテンシャルから数多くの選択肢が見えてくる。

しかし、いくら優秀であっても判断軸がなければ困ってしまうのが実情だ。判断軸をもつことで何をすべきかが見えてくる。判断軸があれば、コンサル、投資銀行、事業会社、ベンチャーと様々受ける必要性がそもそもない。

ちらっと見ても判断がつかず内定だけゲットして時間を無駄にしてしまう。もはや新卒ではないので内定をたくさんとること自体には全く意味がないのだ。

キャリアコンサルタントの普及はどうなるか

キャリアコンサルタントという職業が日本でも普及しはじめた。キャリアコンサルタントは日本では国家資格となった。転職エージェント、ヘッドハンターと呼ばれる人たちは、所属する会社の誰かが講習を受け、必要な金額を支払い免許を取得しなければいけない(車の免許のように更新がある)。


転職エージェントの大手の場合、人材紹介責任者(講習を受ける人)クラスは30代以上のため若手は人材ビジネスの概要を理解せずに人材紹介を行っている。よって、求人を掲載するときに法律違反している会社を見かけることもある。きちんと講習を受け、開業を自分で行っていないというのがすぐにわかる。

話がそれたが、転職エージェントとキャリアコンサルタントは全く別物の職業なわけだ。

キャリアコンサルタントはキャリアの棚卸をし、どの方向に導くべきかを教えてくれる存在だ。日本の場合(キャリアコンサルタントに関しては海外事情に詳しくないのだが)、キャリアコンサルティングを転職エージェントがかねているため、

「あなたはこういう方向でキャリア積みましょう。じゃあこの求人どうですか?」とキャリアの整理をすると同時に求人が与えられるためすぐに転職をさせようとするイメージが転職エージェントにつきまとってしまう。

まずは、キャリアの整理、方向性を確認するためのキャリアコンサルタントをワンクッション挟むのが望ましくはある。

転職エージェントには無料で相談できるが、キャリアコンサルタントには有料で1時間1万円という形で相談することもある。よって、キャリアの軸は転職エージェントに相談する前に決めておくほうが望ましい。

キャリアコンサルタント専業で優秀な方が少ない影響もあり、転職エージェントに相談にいくのは自然な流れではあるのだが。

f:id:sportsmania:20170616143555j:plain

キャリア整理を定期的に行う

キャリアの棚卸をして、どの方向に向かうかを確認する方法はいくつかあるが、個人的にはLinkedInをおすすめしている。

LinkedInは職歴を簡単に書くサイトなので職歴を書いておくと、なんとなくやってきたことと、これから目指すことが可視化される。

経歴にあわせてスカウトメールもくるのでLinkedInは使い勝手がよい。難点は英語で書かないといけないので英語では書くのが苦手な人は日本語で書くサイトに登録してほしい。

【BIZREACH(ビズリーチ)】に登録したら、経歴を書く欄があるのでそこに経歴を書いていこう。定期的に経歴を書いておく作業は絶対にしてほしい。

なぜなら苦しかったことは後からほとんど忘れてしまうので頑張っている最中か、仕事が終わった直後がもっともよい振り返りができるからだ。可能であればフィードバックをほかの人からもらって一緒に職務経歴書をつくっていけるとよい。

今回は転職目的ではなくあくまで振り返り、整理をするという目的で職務経歴書を書くのでフォーマットはあまり気にしなくていい。

LinkedInやビズリーチに登録するメリット

LinkedInビズリーチに登録するメリットはスカウトメールが届くことだ。やたら経営企画の案件が来るようになったら経営よりの経歴になっている、もし営業のポジションばかりくるようであれば、営業よりの経歴になっているので営業で道を究めようとしていないときは方向性を変えたほうがよい。
自動的にメールを送ってくる業者もいるのでそれらの企業はあまり信用しないほうがいい。

しっかりと経歴を見て送ってきているスカウトメールをみて自分の価値を判断しよう。転職する気がなければ返信しなくてもよいので。

英語がアドバンテージになる転職世界

LinkedInで話になったのが、英語ができるかどうかが差になってしまうということだ。英語で履歴書を書くことはたいして難しいことではないのだが、英語というだけで苦手意識を持ちすぎて履歴書を書き始める行為がおっくうになってしまい転職活動がすすまないなんてことが現実にある。


英語は確実にできるようになってほしいので、最低限は学んでほしい。
先日も紹介したが、スタディサプリ ENGLISHは最近使ってよかった英語サービスなので登録してほしい。

転職活動で迷いすぎないために

情報を集めることに集中しすぎず情報を整理することも大切にしよう。意思決定の軸を色々な人に相談して決めるとよい。判断軸はポジショントークにならないように友人や、メンターとしている人に聞くとよい。

最もよいのは、同じ会社から転職した人に転職後と前職の比較をしてもらえると転職に際してのリアリティがもてるのでおすすめしている。

転職で迷ったときのために

転職で迷ったら、同じくらいのポジション、同じくらいの企業規模、同じような職種であったら給料の高いほうを選んだほうがよい。
給料が高いと、この人はできる人なのだと思われるハードルが低い。ただし、気を付けてほしいのは、給料があがったからといって生活水準をあげないでほしい。

万が一給与が下がる転職を今後した場合に苦労するのは自分だ。お金は大事なので慎重に。今日は以上だ。