20代~30代のキャリアを考えるブログ

20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手を中心としたキャリア構築について思ったことをつらつら書いていきます。

年収アップを考えている年収800万円未満の人へ

年収を上げたいと常々思っている人も少なくないだろう。給料日を全く気にせず生活する人もいる一方、給料日を気にしている生活をし、収入と支出のバランスに苦しめられている人もいるだろう。

あと月5万、10万円収入が高かったらと考え転職をする人も少なくない。多くの場合年収があがってもその分使うため生活が楽にならないのが常なのがおもしろいが。

今回の記事の対象

今回は、年収が300万円~700万,800万円の人を対象に記事を書かせていただいた。ねんしゅう800万円以上になると専門性や、スキル、マネジメント経験などが問われるため非役職付けの人が年収アップを図るにはどうなるかで物事を論じたい。

なお、800万円以上は未経験の業種にはいかず今の専門スキルを磨いていこうとアドバイスをしている。 年収1000万円ある人はこちらをご覧いただきたい。

年収アップに資格を取るというのは間違いではない

年収をあげるには資格を取ろうと考えるがそれを批判する人がいる。しかし、資格は年収アップには割と有利である。USCPAや簿記一級、情報系の資格といったものは取っておいて全く損はない。

またTOEIC900点やTOEFL iBT 90点を超えると英語が最低限できると評価されるだろう。もちろん医師、弁護士、公認会計士を働きながらとることはほぼ不可能なのだが比較的難易度の高い資格をとることは無駄にはならない。

特に高学歴でないとコンプレックスを持っている人や、今の仕事でくすぶっている人は資格をとって自信をつけてよい。ただ漫然と日常を過ごすよりは資格試験という目標たてて日々の自分を律して試験を乗り越えていくことは悪くはない。

転職エージェントはレジュメを数百枚見る中で資格欄を意外とチェックしている。面白そうな資格や難易度の高い資格があればあなたのことをほかの候補者よりも良い扱いをしてくれる可能性が高い。

そのため何もやることがわからず困っていたら資格を取ってもいいと思う。ただし時間は3か月から半年程度で成果を出せるものをお勧めする。資格はあくまで資格で人生をうまくいかせるためのきっかけにすぎない。

弁護士は弁護士試験(司法試験)に合格したから優秀なのではなく、優秀だから合格できているのだ。

転職したら年収アップするのは間違い

転職したら年収があがると勘違いしている人もいるが多くの転職は年収があがらない。特に年収500万円未満の転職では年収があがらないことも珍しくない。

なぜか。年収500万円未満の転職でありがちなのが現職から逃げたい、とにかく今の仕事を辞めたいという理由に起因しているため次の仕事は何でもいいととらえてる人も少なくない。

よって、転職を初めてする人にありがちなのが、転職さえきまれば簡単に年収もついてくると勘違いしているが、現実は厳しい。なぜ年収があがるのか根拠をしっかりと考えよう。

ちなみに第二新卒ではほとんど年収上がらない。下がる場合が多い。

年収アップが転職理由だとは言わないほうがいい

年収アップしたいというのが転職理由だというのは一般的には辞めたほうがいい。稼ぐことを好まれる投資銀行のセールスやトレーダー、インセンティブが給与のほとんどを占める保険のセールスなどはお金のことに言及しても問題ないが、一般的に、年収アップが転職理由だといわないほうがいい。

本音と建て前を使い分けるのは難しいポイントではあるが、入社前の成果が出るかわからない人が給与だけ貪欲に求めているのもおかしなものだろう。 年収が低いから転職したいというのもネガティブな理由になるので年収については極力触れないほうがいい。

ただし、年収レンジが500万円~1,000万円となっている場合はどのような額になりそうかは聞いておいたほうがいい。あとで給与についてもめてしまってはもったいないので大体の温度感だけは把握しておこう。

特にポジションによって給与が決まっているのかそれともポジションが同じでも年収のばらつきがあるのかどうかはしっかり把握しておいたほうがいい項目である。

年収については家族を持っている方にとっては大きなイシューであるので、転職エージェントとも相談をして年収アップの戦略をしっかり見極めよう。

年収アップの根拠を明確に

年収をあげたいと思い転職する人もいる(動機が年収アップだけだと伝えたらまず厳しいだろうが)。そうしたときに年収アップの理由をきちんと伝えるようにしよう。

スキルは十分なのに現職で評価を得れていない、もしくは業績の問題から給料が能力に見合ったほどもらっていないのかもしれない。そういったときはもっと欲しいとつたえても問題ないだろう。

年収アップをする際に差額の100万円は何が上乗せされるのかを考えよう。ほとんどの場合、現職の給与に対しては何がバリューだからといわれることはないが。

昇給の場合はなんとなくがつうじないので昇給のロジックを考えておこう。昇給を会社任せにしてはいけない。

年収アップの交渉は転職エージェントに任せよう

年収アップの交渉はやりたくない人が通常の日本人的な感覚だろう。転職エージェントにはわがままをどれだけ言っても損をするわけではないので、伝えておこう。転職エージェントと年収をあげる戦略をきちんとねっておいたほうがいい。

f:id:sportsmania:20170610194532j:plain

転職エージェントによって年収がアップするかは決まる

今まで伝えてきたこともあるが転職エージェントによって年収アップの幅が大きく変わってくる。年収アップができる転職エージェントをしっかり探してほしいと思う。

転職エージェントにとっても年収アップすることはインセンティブになる。なぜならば転職エージェントは手数料ビジネスで成り立っているため年収が高くなれば高くなるほど入る手数料もあがるので、あなたの利害と転職エージェントの利害は一致するわけだ。

女性だからといって年収アップを遠慮する必要はない

女性は年収アップに対して遠慮がちだ。男性はどうも過大評価をしがちな傾向があるが女性は逆に遠慮がちなので年収アップを口にだすことを悪いことだと思わないでほしい。

女性の年収アップを快く思っていない人は、年収以外の場面でも女性に対して渋くなるので最初からそのような人とは近づかなくていい。正当に評価してもらえるところを探そう。

年収アップの転職エージェントの見つけ方

様々企業に転職決定を出している人が必ずしもいいわけではないことに注意しよう。転職エージェントのビジネスにおいてもそれぞれで得意不得意がある。

候補者との接触段階で得意な人もいれば、転職相談をしてから企業の面接を受けさせる方向に導くのが得意な人、はたまた受けた人を内定させる力がある人、内定後の交渉事に強みを発揮する人と様々だ。

よって、年収を上げたい人は年収アップの事例を聞きまくって、なぜその人はあがったのかを聞こう。うまくいった事例で年収550万円から1,000万円になった人を知っている。転職エージェントのことは嫌いだったが確実にアップさせてくれたという観点において感謝しているといっていた。

年収を上げるという点においていい転職エージェントは、【BIZREACH(ビズリーチ)】を使うべきだ。【BIZREACH(ビズリーチ)】では企業からも直接メールがくるが年収を一気にあげたいときは人事と直接交渉するよりもエージェントを駆使したほうがいい。大手のリクルートエージェントは年収アップ事例が豊富なので実際に事例を聞いてみるとよい。

ここだけの裏技

あまりお勧めしないがここだけの裏技を教えておく。それは転職エージェントを使わずに応募することだ。【BIZREACH(ビズリーチ)】リクルートエージェントを使って転職マーケットの情報が集まったと判断したら自己応募で企業に応募しよう。

その際に、転職エージェントを経由しないため採用が成功したら企業は転職エージェントフィーが浮く。その分を年収に反映してくれと交渉はできる。裏技だが成功した人もいるので一応伝えておいた。

なお自己責任でやってほしい。普通の人は、【BIZREACH(ビズリーチ)】から応募しよう。今日は以上だ。