読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手を中心としたキャリア構築について思ったことをつらつら書いていきます。

DODAの評判と他サイトと比較をしてみた

DODA(デューダ)はインテリジェンスが運営する日本最大規模の転職サービスの1つです。多数の求人と、様々なキャリアコンサルタントに会えるのが特徴です。DODAは転職を検討していたら、一度は使ってみてほしい転職サービスなので紹介させていただきます。

20~30代に強いDODA

DODAは登録する価値のあるサービスの1つだ。インテリジェンスは人材系業界において最も優秀な人材がいる会社だと思っている。DODAをはじめ、インテリジェンスは様々なサービスを通して世の中に影響を残してきた。そんなDODAというサービスだが、20代、30代に強い。他の大手サイトに比べ、20~30代の割合が圧倒的に高く、約80%が20代、30代の会員である。どうしても転職というと転職経験の多い、30代後半以降が多くなるが、DODAは異なる。そのためはじめての転職でもサポートしてくれるのが特徴だ。

DODAに関しては良い点を説明するにあたりまずは簡単な登録をしてほしい。機能が多岐にわたるので見ながら説明をしたほうがわかりやすい。

まずは、こちらからDODA のページにとんでほしい。すでに登録している方は飛ばしていただいてかまわない。

早速会員登録のページにうつる。下記に基礎的な情報を記入する。

f:id:sportsmania:20170417192656p:plain

次に、学歴、職歴を記入する。学歴職歴は最初のフィルターになるので必ず正しく記入しよう。後で、「ウソでした」となるとあなたの信頼を著しく損なうことになるので気を付けよう。職歴は必ずきちんと書こう。途中を省略する人がいるが、怪しい人だと思われてスカウトをおくられないことがあるので気を付けてほしい。

f:id:sportsmania:20170417192838p:plain

確認をすると登録が完了する。ここで、「求人情報を探す」とあるが、「スカウトサービスに申し込む」をクリックしてほしい。文字通り、職歴や希望条件をもとにあなたにスカウトメッセージが届く。

スカウトメッセージによってあなたの市場価値がどれくらいあるのか、市場的にどれくらいの価値があるのかがわかる。ぜひ「スカウトサービスに申し込む」をクリックしてほしい。

f:id:sportsmania:20170417193033p:plain

スカウトサービスに登録するためにはさらに情報を入力する必要がある。こちらの個人情報は開示されることがないので安心して入力してほしいと思う。

f:id:sportsmania:20170417193102p:plain

ここで登録がさらに完了する。ここで「求人情報を探す(トップ)へ」をクリックしてほしい。

f:id:sportsmania:20170417193310p:plain

トップページはこのようになっている。この状態ではまだスカウトも求人も来ていない。

f:id:sportsmania:20170417193409p:plain

下部の方に移動すると、「DODAエージェントサービス」というのがある。このサービスをぜひ使ってほしい。DODAエージェントサービスでは、専属のコンサルタントが求人をもってきてくれる。

先日インテリジェンス内部の人間に、本当に限定求人なのかと確認したところ、インテリジェンスの営業マンが自身で開拓して独占でもっている求人があるものがいくつもあった。(ここでは具体的な求人名が書けないが、業界一位の超大手企業の案件をインテリジェンスで独占しているものもあった)

そのため、このエージェントサービスに登録し足を運んでみることをおススメしたい。

f:id:sportsmania:20170417193721p:plain

登録が終わると、WEB履歴書に移ろう。

簡易な履歴書をすでにもっているのであればそれをアップロードしてほしい。もし持っていない場合は棚卸ということで自分の経験を振り返ってほしい。

f:id:sportsmania:20170418143031p:plain

登録完了後

登録が完了したらDODA側から連絡がきて、アポの調整をしてくれる。実際に直接会ってみて相談をしてほしい。DODA側のキャリアアドバイザーは玉石混合のため、いいアドバイザーでなければ「変更」をお願いしよう。いいアドバイザーが必ず、DODA側にいるので聞きまくってほしい。

情報の保有量がすごいので質問攻めにして情報を引き出して転職活動に役立てよう。DODA側は営業やカウンセラーと組織がしっかりしており転職までのサポートをベルトコンベアのように行ってくれる。ベルトコンベアという表現は人間味のないという意味ではなくスムーズにカウンセリングから紹介までを実施してくれるということだ。

もしいい案件が来なかった場合は、案件をもっていないか、キャリアアドバイザーのマッチングさせる能力のなさなので、後者であれば担当を「チェンジ」してもらってほしい。

DODAの評判

DODAの評判であるが、実際にDODAを経て転職した方にはかなり好評だった。昨年だけで知人が7名ほどDODAの登録を経て転職した人間がいるが、いずれも評判がよかった。彼らに詳しくヒアリングをしてみたところ、求人の多さではなく、求人のマッチングのところを評価していた。というのもたくさんありすぎて選べない状態から、ニーズをくみ取ったうえで具体的な求人の提案が来た地点である程度、自分が行きたい会社、やりたい仕事になっていたのだ。言語化できておらず具体的に何をしたらいいかわからない状態からどこの会社を受けて、どう対策したらいいかを教えてくれたところに彼は付加価値を非常に感じたいた。

また、面接対策から書類添削までを一貫して行ってくれた部分もDODAをここまで大きくした要因だ。営業力や集客能力だけでは勝負していないところが素晴らしいといえる。

逆にDODAは良くなかったといってる友人もいた。彼は投資銀行で働いていたのだが、事業会社でのNEXTキャリアとして相談にいったのだが、1500万円以上の案件を相談したところ、なかなかいいのがなかったといっていた。また業界に関しても一般的なことしかなく、CXOクラスの求人には対応できていなかったと言っていた。

実際、インテリジェンスの中の人に聞いてもDODAではそこはカバーしておらず社内で別サービスとして運営しているとのことなので1500万円以上のクラスであれば相談しないほうがよいかもしれない。

他サイトとの比較

一部触れたが、DODAは若手会員の登録が非常に多い。つまり若手向けの求人をたくさん擁しているため20代、30代に対してもすぐに良い求人を提供できるわけである。逆に40代以上になってくるとあまりいいカウンセリングや案件紹介ができないかもしれないということである。

また、会員獲得数が他のサイトを凌駕する勢いで増えており、1カ月に数万人単位で獲得することもあり、データベースが強固になっている。これまでのデータベースをもとに最適な求人紹介ができるようになっており、求人と求職者のマッチングの精度が間違いなく向上してきている。

加えて、営業職や、事務系職種とビジネス関係の職種がきちんと一定数網羅されている。以前、他サイトで私にまったく関係ないジムトレーナーやネイルサロンのスタッフの求人がスカウトで飛んできたことがあったが、よくよくそのサイトをみたらビジネス職種多数とあったのに飲食の店舗スタッフの求人が多く、謳っていることと実際に届くものが異なるという残念な体験があった。

DODAはその点、求人数が圧倒的にあるので、心配せずにいい求人を探すことができる。

ディスプレイのダミー, ボード, 顔, 技術, 思う, 人間, 回路, マイクロプロセッサモード, 制御

番外編~インテリジェンス出身起業家

DODAをメイン事業に据える、インテリジェンス社は多数の起業家を輩出した企業だ。下記に創業メンバーをはじめ活躍するインテリジェンスOBを書かせていただいた。人材系企業の方を中心に扱わせていただいたがそのほかにもすごい起業家の方々がいる。

4人の創業メンバーは言うまでもなく業界内で影響力をもつ存在だ。特に宇野氏はインテリジェンスを創業、実家の有線をUSENとし上場させ、赤字事業だったU-NEXTをもって再建した凄腕の起業家だ。宇野氏を前にするとどんな人でもひるんでしまうくらいオーラがすごい。

その他、サイバーエージェントの藤田氏も有名だろう。現在副社長の日高氏とともにサイバーエージェントを21世紀を代表する会社へと育てあげた。


4人創業メンバー
宇野康秀(インテリジェンス創業者、株式会社USEN取締役会長、U-NEXT代表取締役社長)
鎌田和彦(インテリジェンス元社長、アート・クラフト・サイエンス代表取締役会長)
島田享(楽天社取締役常務執行役員、楽天野球団取締役)
前田徹也(ワークスエンターテイメント 代表取締役)

日本を代表するインターネットカンパニー創業者
藤田晋(インテリジェンス新卒入社、サイバーエージェント 代表取締役社長)
日高裕介(サイバーエージェント 取締役副社長)

人材業界で活躍するインテリジェンスOB

高野秀敏(キープレーヤーズ 代表取締役)

田村高広(ワークポート 代表取締役社長CEO)

新居佳英(アトラエ 代表取締役)

柴崎高聡(ローザス 代表取締役)

DODAへの登録はこちらから

DODA にはぜひ登録をして、新しいキャリアを開いてほしい。インテリジェンスは個人的に好きな企業なのでのぞいてみるだけでも面白い。新たなキャリアの道が開けるかもしれない。今日は以上だ。