20代~30代のキャリアを考えるブログ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手を中心としたキャリア構築について思ったことをつらつら書いていきます。

英語バカである帰国子女がはびこる日本企業に不安を覚えてきた

「英語バカ」という言葉が出てきてもう何年になるだろうか。英語だけしかできないにも関わらず、能力に見合わない企業に入るも、英語を使う機会をフルに生かして、社内で出世している人々が存在している。 

英語バカが存在する理由

問題なのは英語ができない人間が多すぎることだ。日系メーカーは海外進出を積極的に行っているため英語ができないといけないはずなのに社員の多くは英語ができずTOEIC600点があれば海外派遣の対象になるというひどいありさまだ。こういった会社では、英語ができる帰国子女は神扱いだ。英語だけでなくほかの能力が伴っていればよいのだが、英語がしかできず、通訳的な役割しかできないのに社内で出世している人もいるくらいだ。

英語バカがいなくならない限り、日本の産業は発展しないだろうと考える。英語ができることだけで生きていけると、帰国子女たちが思っていることももったいない。英語のみならず海外文化まで理解している卵たちが他の能力を伸ばさずに、英語という貯金を使ってビジネス生活を送っていることは損失とわかるだろう。

今の日本は非帰国子女にとっても帰国子女にとってもたかが英語のせいでよくない環境になっている。 

英語ができないことを恥ずかしがるべき

ネイティブクラスでないとできない仕事も、金融業や通訳業には確かに存在する。だが、多くの場合は、上級ビジネスレベルで世界と対等に渡り合えるレベルになる。そのため、帰国子女でなくても英語能力はとにかく上げておいて損はない。英語ができるだけの人に良い給料をもっていかれてはたまったもんじゃない。英語でどや顔をしている人たちが増えないようにするためには、大手企業にいる方たちは英語力を磨いてほしい。 

流暢に話す必要はないが、素早くレスができるレベルにまで一刻も早くひきあげたい。

海外勤務が出世コースになっていない現状

海外の発展途上国や、英語圏の国に行くことが出世コースになっていない現状がある。アメリカ支社長ですら、出世コースでない会社もある。日系企業のアメリカ支社に20年程度いた方は、英語力はもちろんメンタリティが桁違いに優れており、このような方が日本でどうして出世できないのだ?と感じてしまう。

のほほんと国内の人事部を経て、部長になって順調に出世して役員、社長になるコースがあるのであれば、このような会社が日本にある以上は日本の会社は強くならない。海外に送り出して、そこから日本国内に直で役員付けに昇進させるルートが必要だと考える。

海外に送り出している総合商社でさえ、一回目の駐在は、研修的な意味合いが強く、マイナーな国であれば語学学校だけで若手の貴重な1年を浪費してしまう。もっと現場にほうりこんで英語は無理やり勉強させる追い込む環境にいったほうがいい。

英語ができるから外資系企業に行く!はやばい

英語ができるから外資系企業に行くという人を見かける。しかし、外資系企業は英語ができるのが当たりまえで英語ができることがアドバンテージにならない。

そのためそのほかの武器がない人はあっという間に外資系企業のお荷物になる。英語のアドバンテージが生きるのは日本企業で海外進出をしているところだ。

日本企業は英語ができる人がいるのが商社くらいなので普通の会社にいけばあなたは出来る人扱いされる。そのため英語ネイティブの人は外資系より日系で活躍できそうなところがないか探した方がいい。

本物のグローバル企業を見定めるべき

いつもと違い、大きい単位で論じてきたが海外で活躍したいのならば、どこの会社がいいかは見定めたほうがいいだろう。

東南アジアや欧米でシェアの高い製品を持っている企業に行くことをすすめる。なんちゃって駐在よりもインドで、大気汚染対策ビジネス、車販売、生理用品の販売を行って、現地企業としのぎを削っている会社のほうが成長できることは間違いない。

もしくは、外資系企業に行き、グローバル感の競争がある中で過ごした後に、再度日系企業にチャレンジしよう。外資系企業では英語力と戦うマインドが身につく。

駐在して満足しているような人間にはならないようにしよう。メガバンクの現地駐在員は見ていると情けなく感じてしまう。

f:id:sportsmania:20170510164642j:plain

当たりまえだが、英語は学んでほしい

話がいろいろ飛んでしまったが、英語をとにかく学べという話だ。英語を学ぶにはライザップイングリッシュのようなパーソナルイングリッシュスクールをおすすめする。短期間で学べるのでいい仕組みだ。下記の英語学習の学校はマンツーマンで英語の勉強する習慣を身に着ける学校だ。一度行ってみたらわかるがとにかくさぼらず勉強ができるようになる。

教材が多数ある日本において教材よりもどうやったら勉強が続くかが大事なのはわかるだろう。

1. ライザップイングリッシュ

かの、有名なライザップの英語版痩せている人がいるのはご存知だろうが英語ができるようになっている人も多数いるのだ。英語を継続する仕組みをトレーナーとともに構築してほしい。

2.2ヶ月間圧倒的な成果を出すビジネス英語コーチング【TOKKUN ENGLISH】

マッキンゼー出身の講師が直接英語コーチングしてくれる。費用も最も安い。すでにTOEIC700点ある場合は絶対にここがいい。一流ビジネスマンから英語を習える機会はない。生徒も有名企業の学生がほとんどのため講師が求める期待値も高い。

3.【無料カウンセリング】トライズなら1年で英語で自由に会話できるレベルに

トライズは英語のパイオニアなので安心できる。ここに任せておけば大丈夫な感じがある。英語学習に費用を投じられ、かつ時間もとれるならばトライズでいい。とにかく確実に英語ができるようになる。

英語ができるようになったら給料が上がる転職もできる

英語の点数が良くなると転職幅も広がり給料もあがる。もしくはいきなり外資系企業に飛び込んで鍛えていい。外資系の転職や、英語力を生かした転職であれば下記のサイトから相談しよう。英語ができなくても外国人とわたりあえる強靭なメンタルがあれば、外資系企業くらいは入れる。

JACリクルートメント 

転職サイトの【BIZREACH(ビズリーチ)】

BIZREACH