20代~30代のキャリアを考えるブログ

若手のキャリア、転職についてインタビュー、意見を発信しています。

インタビュー

元コンサルタントの転職エージェントが最新コンサル転職事情を語る:株式会社アサイン代表 小瀬村氏インタビュー

20代で未経験からコンサルティング業界への転職者が増える一方、転職のハードルはいまだ高く、仮に入社できたとしても入社後に活躍できない人もいる。 未経験からのコンサル転職においては転職エージェントにファーム選び、そして入社後のフォローが重要とな…

第二新卒エージェントneoの担当者が語る「ブラック企業の見抜き方と体調を崩したときの転職活動の方法」

当サイトでも第二新卒の転職の難しさについて取り上げてきた。第二新卒のなかでもファーストキャリア等に失敗してしまった場合はなおさら第二新卒転職が難しい。今回、第二新卒特化の転職エージェントサービスを展開している「第二新卒エージェントneo」 の…

「複数のパートナーと働く経験をもて」コンサルティング業界の"炎上"プロジェクトの見分け方3

前回までは、プロジェクトの炎上理由、上司の問題点について言及した。今回はプロジェクト選択による出世の影響および、コンサルの転職事情について迫った。プロジェクト選びが今後の昇進、給与にかかわってくると思うので、現在コンサルの方も含めぜひご覧…

「プロジェクト配属前の面談は重要」コンサルティング業界の"炎上"プロジェクトの見分け方2

コンサルティング業界における「炎上」プロジェクトと「やばい」マネージャーの見分け方1前回は炎上プロジェクトとやばいマネージャーについて述べた。今回はコンサルティングファーム内における具体的なプロジェクトの選び方を内定者に向けて分かりやすいよ…

「炎上プロジェクトに配属される人は特徴がある」コンサルティング業界の"炎上"プロジェクトの見分け方1

事業会社からコンサルティング業界に転職する方が増えている。一方、新卒でも中途でも入社後コンサルとして能力を発揮できずに去ってしまう人がいる。はずれプロジェクト、はずれマネージャー(上司)の定義も含め、現役のコンサルタントに良い見分け方を伺っ…

有名企業のOBOG訪問が手軽にできる!ビズリーチ・キャンパスの事業担当者におすすめの使い方を取材してきた

OBOG訪問をこれからされる方、また過去に行った経験のある方も多いのではないだろうか。今回、OBOG訪問のサービスを運営しているビズリーチ・キャンパスの竹中様と、菊池様に取材を実施した。OBOG訪問のやり方から、内定につながるビズリーチ・キャンパスの…

コンサルからコンサルの転職で年収200万円アップ!メガバンクから転職したコンサルタントが語る:後編

メガバンクから外資コンサルへの転職は近年増えつつあります。そこで今回は外資コンサルへの転職の方法やコンサルの今後の在り方について現役コンサルタントにインタビューの後編だ。メガバンクからのネクストキャリア/転職を考えている人にご覧いただきたい…

メガバンクは数十年後消えているかもしれない。メガバンクから転職したコンサルタントが語る:前編

メガバンクは採用人数も多い一方、転職する人も多く謎につつまれている部分が多い。コンサルのネクストキャリア、転職先、そしてメガバンクの現状についてメガバンク出身者にインタビューを実施した。メガバンクからの転職を検討している方にご覧いただきた…

「総合商社に転職してくる中途組は消去法」コーポレート所属の総合商社マンへインタビュー【後編】

前編では総合商社の具体的な給料について公開させていただいた。後編では総合商社の出世、女性のキャリア、仕事内容について引き続き現役の財閥系総合商社マンに語っていただいた。 総合商社のキャリアについて興味ある方は引き続きご覧いただきたい。 前編…

若手の年次ごとの給与を大公開!年収1000万円オーバー総合商社マンへのインタビュー【前編】

新卒のみならず現在は中途市場においても人気の業界が総合商社だ。新卒では採用人数も業界として多いため毎年多くの人が商社に入社している。 しかし、商社の業務は多岐にわたり組織も大きく見えづらい部分が多い。今回は財閥系商社で勤務する現役商社マンに…

「ファクトベースの思考法が差を生む」元戦略コンサルが語る転職【Vol.3】

過去2回お届けした元戦略コンサルタントの第3回だ。前回は転職のアドバイスをいただいた。今回も転職のアドバイスやコンサルタントで生き残る人の違いについて述べてある。マッキンゼー、アクセンチュアでの現場経験を踏まえてのコンサルタントの仕事論につ…

「転職エージェントは会ってみて決める」元戦略コンサルが語る転職【Vol.2】

Vol.1に続き、今回はコンサルティング会社を3社経験した元コンサルタント、現役官僚の方のお話をお伝えする。コンサルティング会社間の転職方法、特にITコンサルから戦略コンサルへの転職方法がご覧になれる。また、コンサルで身につくこと、プロフェッショ…

「戦略コンサルとITコンサルは別職業」元戦略コンサルが語る転職【Vol.1】

コンサルティング業界ではITから戦略への転職事例を耳にすることは少ない。今回はマッキンゼーをはじめとし、外資系・日系、戦略・ITと異なるコンサルティング会社間で転職した経験のある30代の元コンサルタントに取材を実施した。転職の方法も含め大変参考…

アクセンチュアの戦略コンサルタントが語る!戦略部門と他部門の違いから見るアクセンチュア

アクセンチュアに関して、様々なインタビューを実施してきた。今回は花形と呼ばれる戦略部門の方にアクセンチュアにおける戦略部門の位置づけおよび、戦略コンサルタントの業務に関して伺った。現役の方の声というだけあり、アクセンチュアの内部に深く迫っ…

慶應義塾大学の女子学生の就活体験日記!総合商社内定までの道

2018年卒の就職活動も終了した。就活の強者と言われる慶應義塾大学に所属する2018年卒女子学生の方にヒアリングを実施した。例にもれず某財閥系大手商社をはじめ複数企業から内定を獲得した方の就活事情をご覧になってほしい。

外資コンサル社員に活躍するために必要なことを聞いてきた

若手の外資系コンサル社員にプロジェクト中の様子や活躍するために必要なことを聞いた。1人前のコンサルタントとして活躍するために何が必要なのか、苦悩した点は何だったのだろうか。コンサルとして1人前になるための過程がすべて描かれている。(注)かなり…

ストレスまみれの日常を生きる海外駐在員の苦悩。 現地マネジメントの難しさ

前回、取材させていただいた海外在住の駐在員の方から、再びお話する機会があったため再度取材させていただいた。日系の1流メーカーの駐在の状況がうかがえる。ややネガティブな内容だが取材で話していただいた内容をそのまま掲載させていただくのでご注意い…

マスコミ/放送局の激務度合いと給料について記者の人に聞いみた

投資銀行、戦略コンサルは激務業界として知られている。同時にマスコミも激務と言われている。今回は、マスコミで勤務経験がある女性に取材の裏側、激務の度合について聞いた。極限まで働く様子について伝えたい。

「女性がコンサルタントとして働き続けるのは難しい」現役女性コンサルの声

戦略コンサルティング業界も女性の採用を積極的に行っている。一方でマネージャークラスになると途端に、というかほとんど女性がいなくなり各社のパートナークラスに女性が就任しているのを日本ではほぼ見かけない。DeNA南場氏のようにパートナーまで上り詰…

アクセンチュアに転職した現役コンサルタントにインタビュー “提案活動の実態に迫る”

世界的コンサルティングファームとして日本でも有名なアクセンチュア。2回目の転職でアクセンチュアへ入社した現役のコンサルタントへインタビューを実施した。アクセンチュアの特徴をはじめ、様々普段うかがえない内容について語っていただいた。 アクセン…

証券会社リテール職、厳しいノルマ現場を知る ~大手証券会社、現役社員へインタビュー~

先日、野村証券で働いていた元証券マンの本を紹介させていただいた。現代の現役証券マンはどうなっているのか現役の大手証券会社の社員にインタビューさせていただいた。厳しい世界をご覧いただきたい。

ITコンサルになったら、うつ病になって2年間療養している話

ITコンサルとして多くの人が就職し、火事場の中で日々格闘しています。過酷な環境である場合もあり、人によっては体調を崩してしまいます。今回、ITコンサルとして2年勤務したのちにうつ病を発症し、2年間療養している方にインタビューさせていただきました…

「日系事業会社から外資コンサルへの転職は慎重に」現役外資戦略コンサルタントの声

多くの方が日系事業会社から戦略コンサルに転職を果たしています。実際に転職をして過酷な環境が待っていることは良く知られています。今回は新卒からコンサルタントとして、某有名コンサルティングファームにつとめ、採用担当もしている方に取材いたしまし…

メガバンクの出世事情と給料事情について現役行員が語る

就職活動において上位大学の学生が就職していく先が、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行のいわゆる「メガバンク」だ。では、離職率や、出世事情はどうなっているのか。大手3行の中の若手エース行員との接触に成功し、インタビューを実施した。

今どきの東大女子の就活トレンドに迫る 「実際に選考を受けた企業名を公開!」

就職活動まっただなかです。今どきの東大生の就活はどうなっているのか、すでに内定を獲得し東京大学を今春卒業した女性にインタビューを行いました。東大の就活トレンドについて必見です。

日系メーカー海外駐在員の本音「海外駐在のワナとは?」

就職先の1つとして人気がある大手日系メーカーは、海外勤務の経験が積める場所です。下手に外資系企業に入るよりよっぽど海外で働く機会に恵まれています。今回は、日系メーカーに入社し、タイに海外駐在している方にインタビューさせていただきました。

DeNAを内定辞退して入社したベンチャー企業での成長記録 「成りたかった姿になれなかった」

新卒ベンチャーに行くか、大企業に行くか迷ったら基本的には大企業をすすめている。いきなりベンチャーに行くのはあらゆるキャリア的なリスクを背負うからだ。大企業を辞めたらいつでもベンチャーには行ける。そんな中、新卒からベンチャーに進んだ方にベン…

大手広告代理店「電通」の労働実態を暴露する

電通で新入社員が自殺する事件があり、広告業界をはじめ、労働環境にメスがはいった。しかしながら、いまだ改善の兆しが見えず長時間労働が続いている会社や業界を目にする。「電通過労死事件」を経て、労働環境に変化があったのか、これからの広告代理店は…

実はキラキラしてない?現役サイバーエージェント女子の告白

サイバーエージェントはインテリジェンス出身の藤田晋氏によって設立されたインターネット企業だ。21世紀を代表する会社を創るの言葉に違わず、日本でも有数のベンチャー企業となった。

「官僚はつまらない」東大法学部生がベンチャーに入社する理由

本ブログではベンチャーに飛び込むのはやめたほうがいいと話をしている。それでも毎年、有名大学を卒業し大企業に行くことよりもベンチャーに飛び込む方がいる。そういった方の生の声を聞いてみた。インタビュー形式にしてある。